ヘルニアで座ると痛い場合の原因と長く座れるようになるために必要なこと

イス
Pocket

腰のヘルニアで座るとだんだんと痛みが出てくる。

座っていると、腰だけでなく、お尻がイスに当たる部分やふくらはぎも痛くなるので座っていられない。

仕事中も途中で何度か立たないといけないし、食事中も座っていられないので落ち着かない。

こうなると困りますよね。

こんな風に、ヘルニアで座ると痛みが出る状態の原因ははっきりしています。そして、どうすれば長く座っていられるかについても方法はあります。

ヘルニアで座ると痛い原因や、その場合にどうすればいいのかについて解説しています。

長く座っていられない方は続きをどうぞ。

1 ヘルニアで座ると痛い原因は?

黒板

腰のヘルニアで座ると痛みが出てくる原因は、腰やお尻の筋肉にあります。神経圧迫ではありません。

詳しく解説しますね。

1-1 筋肉は固まると痛みの原因になる

筋肉に疲労がたまると、だんだんと固まってしまいます。その状態が続くと痛みやしびれの原因に。

そういった、筋肉が原因で痛みやしびれが出ることを筋膜性疼痛症候群と言います。

腰のヘルニアの場合は、腰やお尻の筋肉が主に固まりやすいです。

1-2 固まった筋肉を使うから痛みが出る

固まってしまった筋肉を使うと、痛みやしびれが出たり強くなります。

これも筋膜性疼痛症候群の特徴で、ケガをしている部分を動かすから痛いと言えば分かりやすいでしょうか。

座ると痛む場合なら、腰やお尻の筋肉が姿勢を維持するために働いています。そのため痛みが出てくるということですね。

2 座ると痛みが出る原因はここ

腰のヘルニアで、座ると痛みが出てくる。そんな場合の原因を具体的に解説します。

写真をご覧ください。

筋肉が原因の痛み

腰とお尻にバツ印をつけています。

このバツ印の部分の筋肉が固まってしまうと、座っている時に腰やお尻、そして足に痛みやしびれが出るようになります。

もう1枚写真をご覧ください。

股関節

股関節周囲にバツ印をつけています。

この辺りの筋肉が固まってしまうと、座っている時に脛やふくらはぎの外側などに痛みやしびれが出やすくなります。

3 どんな座り方をすればいい?

腰のヘルニアで座ると痛みが出る場合、どんな座り方をすれば楽なのかと思いますよね。

ただ、痛みが出なくなるような正しい座り方はありません。正確に言うと個人差があるので、絶対に楽になるという座り方はないということ。

じゃあどうすればいいのか?

ご自身が最も楽に感じる状態で座るのがいいです。

深く座ることが楽ならそれでいいですし、浅めが楽ならそれでいいです。イスの上で正座が楽という方もいると思います。

まずは楽な座り方で構いません。

4 姿勢良く座ればいいとは限らない

楽な座り方でいいと言われても、もっと悪くなってしまうのでは?と不安になるかもしれません。

では、逆に考えてみましょう。

座ると痛みが出る時に、背筋を伸ばした見た目にも良いとされる姿勢で座る。

それが楽ならそれでいいです。しかし、そんな風に座っていて痛みが出るなら我慢する必要はどこにもありません。

痛みを我慢し続けるほうが、痛みが長引いてしまう可能性があるのです。

5 座っても大丈夫になるために必要なこと

腰痛

腰のヘルニアで座ると痛い。そういう方が、長く座っていても大丈夫になるためには、固まった筋肉が緩むことが必要です。

腰のヘルニアは、ほとんどの場合で筋肉に原因があります。そのため、固まった状態が元の状態に戻れば座っていられるようになるということですね。

筋肉を緩めることが必要なら、自分で何をしたらいいのか?と思うならまずはストレッチが簡単。

やり過ぎは良くありませんが、心地よく感じる程度に適度に行ってみてください。

腰椎ヘルニアにおすすめのストレッチ7選

6 腰のヘルニアで座っていられないならこの方法

腰痛

腰のヘルニアで、座っていると痛みが出るので困っている。

そういう場合、長く座っても大丈夫になるためには、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術する方法なので、腰のヘルニアで固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出る状態の施術が可能です。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

7 痛くて座っていられないあなたへ

腰のヘルニアで座っていられないと、仕事や日常生活で困ることは多いですよね。

仕事中も途中で何度か立たないといけないし、食事もゆっくり座って食べることができない。

こんな症状の原因は、ヘルニアだからといって神経だとは限りません。

腰のヘルニアによる痛み=神経圧迫が原因ではありませんし、手術が必要ということでもありません。筋肉が原因なら、筋肉を施術するという方法もあるということ。

筋肉が原因というのは、筋肉が壊れてしまったわけではありません。単に固まってしまっただけなのです。

ヘルニアで座ると痛みが出る原因には、筋肉の場合が多いということを知ってもらえればと思います。

腰のヘルニアでお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰のヘルニアで座ると痛いという場合の原因は、神経圧迫ではなく筋肉が固まってしまったことにある
  • 筋肉が原因の痛みやしびれを筋膜性疼痛症候群と言い、固まった筋肉を使うことで痛みやしびれが出るというのが特徴
  • 腰、お尻、股関節周りの筋肉が固まってしまうと、座ると痛みが出るという状態になってしまう

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加