腰椎椎間板ヘルニアの方に知って欲しいしてはいけないこと9選

バツ
Pocket

腰椎椎間板ヘルニアで痛みがある時、してはいけないことがあります。

自分でも何かできることをと思って取り組んでいる。ですが、症状に対して良いと思ってしていることでも、実はそれが良くないこともあります。

こうなると、何をして良いのか?何をしてはいけないのか?分かりませんよね。

そこで、腰椎椎間板ヘルニアで症状がある時、してはいけないことは何なのか?そしてその理由などについて解説しています。

1 痛みやしびれがある時に筋力トレーニングをしてはいけない

トレーニングマシン

腰椎椎間板ヘルニアで痛みやしびれの症状がある時に、筋力トレーニングはしないでください。

その理由について解説しますね。

1-1 筋トレをしてはいけない理由

痛みやしびれがある時に筋トレをしてはいけない理由は、腰椎椎間板ヘルニアの原因が多くの場合筋肉にあるからです。

神経圧迫が原因とされることが多いですが、実はそうではなく固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ていることの方が多数。

ですから、症状がある時に筋肉を動かすのは、痛みやしびれの原因になっている筋肉を動かすということ。

筋トレ後に痛みやしびれが強くなることも考えられます。ですから控えてくださいね。

※筋トレ自体は悪いことではありません。症状がある時は控えてくださいということです。

1-2 鍛える=治るではない

筋トレ自体は悪いことではないのですが、鍛えれば腰椎椎間板ヘルニアが治るということではありません。

痛みやしびれは筋肉が固まったことで出ます。ですが、固まった筋肉を鍛えれば痛みやしびれが治るということではないのです。

固まった筋肉に必要なのは、鍛えることではなく休めることなのです。

2 痛みやしびれがある時に運動をしてはいけない

エアロバイク

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれがある時は、運動もしないでください。

鍛えるまでしなくても、軽い運動くらいならいいのでは?こう思う方は多いです。ですが、エアロバイクのような軽い運動でも、やはり筋肉を使うことに変わりはありません。

痛みやしびれは筋肉が原因。ですから、その筋肉を使う運動は控えてくださいね。

3 痛みの出る動作はしてはいけない

お辞儀

腰椎椎間板ヘルニアで痛みやしびれがある時に、その症状が出たり増したりする動作はしないでください。

動作に伴って痛みが出るということは、固まった筋肉を動かした結果として痛みが出ている証拠。

前かがみ、腰を反らすなど痛みが出る動作は可能な限り控えてください。

4 この体操はおすすめできない

腰を反らす

うつ伏せになって、その状態から上半身を起こす体操。この体操はおすすめできません。

この体操は、腰やお尻の筋肉を縮める動作です。つまり、固まって痛みの原因になっている腰やお尻の筋肉をさらに縮めるということ。

普段から腰を反らすと痛いという方は特にですが、実際にこの体操をやってみて痛みが出るならしないでくださいね。

5 痛みが出るならウォーキングをしてはいけない

ウォーキング

歩くとだんだんふくらはぎなどに痛みが出てくる。そんな状況なら、ウォーキングはしないでください。

ウォーキングで痛みが出るのは、痛みの原因になっている筋肉を使うからです。歩けば楽になるという方もいます。ですが、それは動くことで一時的に筋肉が少し緩んだだけのこと。

ですから、歩いて痛みが出るようなら無理にウォーキングをする必要はありません。歩けば治るということではないのです。

プールなら良いかな?と思う方も多いですが、プールでのウォーキングもしないでください。

6 姿勢にこだわり過ぎてはいけない

イスに座る

腰椎椎間板ヘルニアで腰や足が痛い。そんな時は、正しい姿勢にこだわり過ぎないでください。

背筋をピンと伸ばして座っているというのは、見た目には確かにきれいです。ですが、その姿勢で痛みが出るならこだわる必要はありません。

固まった筋肉が原因で痛みが出ている時は、できるだけ楽な姿勢がいいです。肩の力を抜いて、少しダラッとしているくらいがちょうどいい。

仕事中は難しいかもしれませんが、家にいる時はできるだけリラックスした楽な姿勢で構いません。

7 過剰なストレッチはしてはいけない

腰のストレッチ

腰や足に痛みやしびれがある時は、ストレッチのやり過ぎには気をつけて下さい。

固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ていることは事実です。だからと言って、力一杯ストレッチしたり、長時間ストレッチするのは良くありません。

軽く短時間でするなら良いですが、お風呂上がりに30分念入りにといのはやり過ぎ。

痛みやしびれがあるのは、ケガをしているのと同じです。ですから、やり過ぎないように注意して下さいね。

8 良いことでもやり過ぎてはいけない

バツ

腰椎椎間板ヘルニアの症状が、何かをすることで少し楽になる。そんな場合でも、それをやり過ぎないように気をつけて下さい。

過剰になると、その時は良くても後から痛みが出てきたりすることも十分考えられます。

例えば、お風呂に入った後は腰や足の痛みが楽だとします。もしそうであったとしても、温めすぎたりしないで下さい。

温めて楽になるならそれはいいことです。だからといって、熱すぎるお風呂や、長時間お風呂に入るということは止めましょうね。

9 楽になってきた時こそ要注意

注意点

腰椎椎間板ヘルニアでによる足の痛みやしびれが楽になってきた。そんな時こそ要注意です。

楽になってきた場合でも、一度にたくさんのことをしてしまうと逆戻りする可能性があります。

部屋の掃除、草むしり、仕事など。痛くてできなかったことがあるかもしれません。でも、それらを一気に片付けようとしないで下さいね。

せっかく楽になってきている状態。さらに良くなるためには、少しずつ体を慣らすようにして動くということが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれがある時に、筋トレや運動、痛みの出る動作をしてはいけない
  • 痛みを我慢しながらウォーキングをするのは良くないし、たとえプールの中でも痛みがある時は歩いてはいけない
  • 症状が楽になるようなことでも、やり過ぎると後から痛みが出ることも考えられるので注意する

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加