椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

腰
Pocket

椎間板ヘルニアに対してのトリガーポイント鍼療法。

どういうことをするのかな?と気になる方も多いかもしれません。また、トリガーポイントって聞いたことはあるけれど、そもそも何?ということも気になるかと思います。

当院では椎間板ヘルニアに対して、鍼の施術によるトリガーポイント鍼療法を行っています。

椎間板ヘルニアに対してどういうことをするのか?また、トリガーポイントとは何か?について、詳しく解説しています。

1 椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由?

黒板

椎間板ヘルニアに対してトリガーポイント鍼療法をするのは、椎間板ヘルニアの原因が筋肉にあることがほとんどだからです。

もう少し詳しく解説しますね。

1-1 痛みの原因は筋肉にできたトリガーポイントにある

椎間板ヘルニアに対してトリガーポイント鍼療法をするのは、椎間板ヘルニアの痛みの原因が、筋肉にできたトリガーポイントにあることが多いからというのが理由。

筋肉は固まってしまうと、痛みの元になる部分が形成されます。その部分をトリガーポイントと言います。

椎間板ヘルニアの痛みは筋肉に原因がある。そしてその原因であるトリガーポイントを施術するため、トリガーポイント鍼療法を行うということですね。

1-2 神経圧迫は原因じゃないの?

椎間板ヘルニアの原因は神経圧迫では?と思う方は多いでしょう。ですが、すべてにおいてそうではありません。

神経圧迫が原因で症状が出ている方もいますがかなり少数。

神経圧迫が原因の症状は、麻痺や膀胱直腸障害といった椎間板ヘルニアの中でも重度の症状なのです。

痛みやしびれはあっても、そういった重い症状がなければ、原因は神経圧迫ではなく筋肉ということですね。

2 トリガーポイントとは何か?

トリガーポイントって何?

トリガーポイントとは、簡単に言うと痛みの元になっている部分のこと。

筋肉が疲労するとだんだん凝り固まってきます。それがさらにひどくなると、トリガーポイントが形成され痛みが出るようになります。

より詳しくはこちらで解説しています。

トリガーポイントとは?痛みや痺れの原因トリガーポイントを徹底解説

3 椎間板ヘルニアでトリガーポイントはどこにできる?

椎間板ヘルニアの痛みは、筋肉にできたトリガーポイントが原因。では、どこにそのトリガーポイントはできるのか?

詳しく解説していきたいと思います。

3-1 腰のトリガーポイント

腰の筋肉にできたトリガーポイントが原因で、椎間板ヘルニアの症状が出ることがあります。

写真をご覧ください。

腰のトリガーポイント

腰でトリガーポイントができやすい部分

腰にバツ印を3カ所付けています。そして、腰、お尻、足に赤い楕円形の印も付けています。

バツ印の部分が、腰でトリガーポイントができやすい部分です。具体的には、背骨のすぐ際やもう少し外寄りの腰の筋肉。

腰のトリガーポイントができると、痛みが出やすいのは赤い楕円形の部分。

  • お尻
  • 太もも、ふくらはぎ

この3カ所の痛みの原因になりやすいということですね。

3-2 お尻のトリガーポイント

お尻の筋肉もトリガーポイントができやすく、椎間板ヘルニアの痛みの原因になりやすいです。

写真をご覧ください。

お尻のトリガーポイント

お尻でトリガーポイントができやすい部分

お尻にバツ印を3カ所付けています。そして、お尻と足に赤い楕円形の印。

バツ印の部分が、お尻でトリガーポイントができやすい部分です。ポケットの高さ辺りや、股関節近く、側面などですね。

お尻のトリガーポイントができると、痛みがでやすいのは赤い楕円形の部分。

  • お尻
  • 太もも、ふくらはぎ

主にこの2カ所の痛みの原因になりやすいということですね。

3-3 股関節周りのトリガーポイント

股関節周りの筋肉もトリガーポイントができやすく、椎間板ヘルニアの痛みの原因になりやすいです。

写真をご覧ください。

股関節周りのトリガーポイント

股関節周りのトリガーポイント

股関節周りにバツ印を2カ所付けています。そして、脛に赤い楕円形の印。

バツ印の部分が、股関節周りでトリガーポイントができやすい部分です。。

股関節周りのトリガーポイントができると、痛みがでやすいのは赤い楕円形の部分。

  • 脛、足の甲
  • ふくらはぎの外側

主にこの2カ所の痛みの原因になりやすいということですね。

4 神経圧迫が原因の症状とトリガーポイントが原因の症状

選択

椎間板ヘルニアの症状には、神経圧迫が原因の症状と筋肉にできたトリガーポイントが原因の症状があります。

2つの違いを簡単に解説しますね。

4-1 神経圧迫が原因の症状

神経圧迫が原因の椎間板ヘルニアでは、非常に重い症状が出るようになります。

  • 麻痺
  • 膀胱直腸障害

こういった症状は、神経圧迫が原因で見られる症状です。かなり重い症状なので、手術が必要なことが多いです。

4-2 トリガーポイントが原因の症状

トリガーポイントが原因の椎間板ヘルニアでは、主に次のような症状が出ます。

  • 痛み
  • しびれ
  • 筋力がやや低下
  • 感覚が少し鈍い

筋力低下は、少し足に力が入りにくい状態。まったく入らないということではありません。感覚が鈍くなるのも同様です。

5 トリガーポイントが原因ならこんな時に痛みが出る

腰痛

椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因が、神経圧迫ではなくトリガーポイントにある。その場合には、症状が出る時の特徴があります。

このことについて解説します。

5-1 動作に伴い痛みやしびれが出る

椎間板ヘルニアの痛みの原因がトリガーポイントにある。その場合は、動作に伴って痛みが出たり増したりします。

例をあげます。

  • イスから立ち上がる時に腰が痛む
  • 背中を反らすと足に痛みがはしる
  • 中腰や前かがみになるとお尻や太ももが痛む
  • 歩いているとだんだん足が痛くなる
  • 車や自転車から降りる時などに痛む

こういった状態なら、椎間板ヘルニアになっていても筋肉が原因の痛みです。

5-2 特定の姿勢などで痛む

椎間板ヘルニアの痛みの原因がトリガーポイントにある場合、特定の姿勢でも痛みが出ます。

例をあげます。

  • 長時間座っているとふくらはぎが痛くなる
  • 長時間立ったままでいると足が痛くなる
  • 朝起きた時が強烈に痛い

先ほどと同様、こういった状態なら椎間ヘルニアになっていても筋肉が原因の痛みです。

6 椎間板ヘルニアでトリガーポイント鍼療法をする部分

トリガーポイント鍼療法

椎間板ヘルニアに対してトリガーポイント鍼療法を行うのは主に3カ所です。

  • お尻
  • 股関節周り

そしてさらに、必要な場合は脛やふくらはぎの外側辺りに対しても施術を行います。

腰椎椎間板ヘルニアに対するトリガーポイント鍼療法はこちらもどうぞ

7 最後に

椎間板ヘルニアの原因は神経圧迫以外にもある。

このことについて、上手く伝わったでしょうか?本当に神経圧迫が原因なら、手術ですべて上手く行くはず。

ですが実際には、手術は上手く行ったのに痛みが取れないということもあります。

腰のヘルニアで手術後も痛みが変わらないのはなぜ?理由と対策8項目

痛み=神経ではありません。他にも痛みが出る要素はあります。その1つが筋肉であり、そしてトリガーポイント。

椎間板ヘルニアでお悩みの方にとって、トリガーポイント鍼療法がお役に立てることがあればと願っています。

まとめ

  • 椎間板ヘルニアに対してトリガーポイント鍼療法をするのは、筋肉が原因で痛みが出ていることが多いから
  • 神経圧迫になっていても、腰、お尻、股関節周りの筋肉が原因で痛みが出ることが多々ある
  • 動作に伴って痛みが出たり、特定の姿勢で痛みが出るならトリガーポイントが原因の痛み

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加