腰椎椎間板ヘルニアの再手術で悩んでいるなら読んで欲しい7つのこと

悩む
Pocket

腰椎椎間板ヘルニアの再手術をするかどうか?

1度の手術でも怖くて不安だったのに、再手術と言われても簡単に決められない。

腰椎椎間板ヘルニアの再手術となると悩みますよね。2度目があるのなら、もしかすると3度目もあるのかな?とさらに不安になるかもしれません。

そんな再手術について悩んでいる方に知って欲しい、腰椎椎間板ヘルニアの原因や再手術などについてまとめました。

再手術を検討している方はお読みいただければと思います。

1 神経圧迫だけが痛みの原因ではない

黒板

腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因は、神経圧迫だけではありません。

詳しく解説しますね。

1-1 炎症による痛み

腰椎椎間板ヘルニアの痛みには、炎症が原因で起こる痛みもあります。

炎症というのは、簡単に言うと熱に伴う痛みのことで、安静時にズキズキとうずくような痛みがします。

病院でロキソニンやボルタレンといった、消炎鎮痛剤が処方されるのはそのためです。

1-2 筋膜性疼痛症候群の痛み

腰椎椎間板ヘルニアで、腰やお尻、足の痛みは、固まった筋肉が原因でも起こることが多いです。

筋肉が固まると、神経痛のような強い痛みやビリビリ・ジンジンといったしびれの原因にもなります。

こういった筋肉が原因の痛みを筋膜性疼痛症候群と言います。

歩くと痛くなってくるとか、寝返りで痛むなど、動作に伴う痛みはこの筋肉による痛みです。

2 ヘルニアの多くは筋膜性疼痛症候群

腰

腰椎椎間板ヘルニアの痛みは、実は筋膜性疼痛症候群による場合がほとんどです。

  • 歩くと痛い
  • 前かがみで痛い
  • 体を反らすと痛い
  • 立ったままで痛くなる
  • 座ったままで痛くなる

腰椎椎間板ヘルニアの方は、こういう痛みで悩まされたと思います。実はこれらの痛みは筋肉が原因。

動きに伴って痛いとか、特定の姿勢が続くと痛むというは筋肉が原因の痛みの特徴。神経圧迫による痛みではないのです。

3 神経圧迫の画像を見たけれど?

腰椎

腰椎椎間板ヘルニアの方は、病院でこういう画像を見たと思います。

画像で神経が圧迫されたようになっていたら、それは間違いないです。しかし、そのことが必ず痛みの原因になるわけではありません。

ヘルニアの状態になっていても、痛みやしびれといった症状がまったくない方が多くいるということも事実。

ですから、あなたの場合もMRIでは神経圧迫になっていても、必ず神経が痛みの原因とは限らないということが言えるのです。

4 手術で原因を取り除いたのになぜ痛い?

手術

腰椎椎間板ヘルニアの手術は、簡単に言うと神経圧迫の状態をなくすために行います。

ここで気になるのが、痛みの原因を取り除いたのに、また痛くなるのは不思議ではないですか?

また飛び出して、神経圧迫になったから痛いと言ってしまえば簡単。それならば、再手術、再々手術と何度も何度も手術をくり返すのでしょうか?

おかしいですよね。

5 原因と結果が逆

矢印

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の間にある椎間板の中にある随核と呼ばれる部分が飛び出して、神経を圧迫していることが痛みの原因とされます。

では、なぜ飛び出すのでしょうか?

簡単に言うと、背骨の間隔が狭くなってしまうため、椎間板がつぶされてしまった結果として随核が飛び出します。

ただ、背骨が勝手に動いて間隔が狭くなった分けではありませんよね。そうではなく、周りの筋肉に引っ張られて背骨の間隔が狭くなったということ。

つまり、分かりやすく言うとこうなります。

  • 随核が飛び出して神経を圧迫しているから痛いのではない
  • 筋肉が背骨の間隔を狭くするくらい固まってしまった結果として神経圧迫になった

飛び出して神経圧迫になったから痛いのではなく、飛び出すくらい周りの筋肉が固まったため筋肉が原因で痛みが出ているということ。

これが、腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因なのです。

6 手術後に痛みが出てくるのは筋肉が固まったから

腰

腰椎椎間板ヘルニアの手術後、しばらくしてからまた痛みが出てくるのは筋肉がまた固まり始めたからです。

手術後に動くことで少しずつ筋肉が疲労する。そして、その疲労がたまっていくとまた筋膜性疼痛症候群による痛みが出る。

手術後にしばらくは痛みがなかったのに、だんだん痛みが出てきたというのはこういう流れです。

7 筋肉が原因でも再手術?

腰椎椎間板ヘルニアの痛みは、筋肉に原因があることがほとんどです。

筋肉が原因の痛みなら、手術以外にも方法はあります。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

本当に手術が必要なのは、膀胱直腸障害や麻痺といった症状が出てしまった場合。こういう症状が、神経圧迫による症状です。

ですが、それ以外のほとんどは筋膜性疼痛症候群による痛み。どの筋肉が原因で、どういう風に痛みを出しやすいかを解説します。

写真をご覧ください。

筋肉が原因の痛み

バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、お尻や足の赤い印の部分に痛みが出やすくなります。

もう1枚写真をご覧ください。

股関節周りの筋肉

股関節周りのバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、ふくらはぎや脛などに痛みが出るようになります。

筋肉が原因で、このように痛みが出ることは珍しいことではありません。

最後に

腰椎椎間板ヘルニアの原因や、手術について解説してきました。

誤解しないで欲しいのは、手術、再手術を否定しているわけではないということ。本当に手術が必要な時もありますし、再手術を選択することも間違いではありません。

ただ、誰でもできればしたくないだろうし、神経圧迫だけが原因ではないということも知って欲しいのです。

再手術を受けることがいつでも可能なら、最後の最後まで取っておくということも1つの選択肢ではないかと思っています。

腰椎椎間板ヘルニアの再手術でお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアの痛みは、神経圧迫だけではなく炎症や筋膜性疼痛症候群も原因になる
  • 腰椎椎間板ヘルニアの痛みの多くは筋膜性疼痛症候群によるもので、MRIの画像で神経圧迫になっていても関係ないことが多い
  • 手術を受けたのにまた同じような痛みが出てくるのは、筋肉がまた固まってきてしまった結果

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加