腰椎椎間板ヘルニアの激痛は手術しかない?考えられる別の選択肢

腰に手を当てる女性
Pocket

腰椎椎間板ヘルニアの激痛で歩くこともままならない。

ちょっとした段差で足を上げることすら困難だし、横になっていてもとにかく痛い。

こんな状態だと手術しかないのかな?そう思う方は多いのではないでしょうか。しかし、たとえかなりの激痛でも、手術以外に考えられる方法はあります。

腰椎椎間板ヘルニアの激痛でどんな場合は手術が必要で、どんな場合は他の方法があるのか?

激痛でお困りの方は続きをどうぞ。

1 激痛で手術が必要なのはこんな時

手術

腰椎椎間板ヘルニアの激痛で手術が必要なのは、痛み以外にどういう症状があるか?で決まることが多いです。

詳しく解説します。

1-1 膀胱直腸障害や麻痺があるなら手術

激痛に伴い膀胱直腸障害や麻痺といった、腰椎椎間板ヘルニアの中でもかなり重い症状が出ている。

そんな場合は、手術になることが多いでしょう。

そうでなければ、後遺障害が出て日常生活に大きな支障をきたすかもしれないからです。

激痛と重度の症状で医師が手術と判断したのなら、手術を受けるべきでしょう。

1-2 激痛だけなら他の選択肢

激痛は確かにつらいと思います。ですが、痛みやしびれの症状だけなら、すぐに手術ということにもならないでしょう。

病院でもまずは他の処置をしてみて、そしてその後の経過で判断ということになる可能性が高いです。

2 激痛の場合に手術以外の方法は?

腰椎椎間板ヘルニアの激痛に対して、手術以外の方法には何があるのか?

病院で行われることやその他の方法について解説します。

2-1 ブロック注射

注射

腰椎椎間板ヘルニアの激痛に対して、病院ではブロック注射が行われることが多いです。

ただ、ブロック注射をしても治まらないことが多く、その場合は医師の判断によりますが手術になる可能性があります。

腰のヘルニアでブロック注射が効かない理由とそんな場合の対処法

2-2 トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

腰椎椎間板ヘルニアの激痛に対しては、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術もあります。

ブロック注射が効かないのに鍼?激痛なのに鍼で大丈夫?そう思う方も多いでしょう。

ですが、激痛の原因は神経圧迫とは限らないのです。ガチガチに固まった筋肉が原因で強く痛みが出ていることも多くあるのです。

そんな場合には、激痛の原因そのものを施術するトリガーポイント鍼療法という施術もあるということ。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

3 手術をするか迷う方に知って欲しい激痛の原因

黒板

腰椎椎間板ヘルニアの激痛には、考えられる原因が2つあります。

詳しく解説しますね。

3-1 神経圧迫

激痛の原因1つ目は、神経圧迫です。

実際にMRIの画像を見た方も多いと思います。人によっては、ヘルニアが2カ所、3カ所という方もいるでしょう。

ただ、神経圧迫が本当に激痛の原因になっている方は少ないです。たとえ複数箇所ヘルニアになっていても。

神経圧迫が原因の場合は、膀胱直腸障害や麻痺になることが多いです。ですから、激痛だけれどもそういった重度の症状がなければ、神経圧迫が原因の可能性にも疑問符がつきます。

つまり、手術以外の方法でも良い場合があるということですね。

3-2 筋膜性疼痛症候群

腰椎椎間板ヘルニアの激痛で、考えられるもう1つの原因は筋肉です。

実は筋肉が原因で腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれ、そして激痛といった症状が出ている方は非常に多いです。

こういった筋肉が原因の症状を、筋膜性疼痛症候群と言います。

歩くと痛い、低い段差ですら足を上げると激痛。そういった、動きに伴う痛みは神経ではなく筋肉が原因のことが大半です。

筋肉が原因の場合なら、そもそも手術で神経圧迫を取り除く必要はありません。それよりも、筋肉の状態を良くすることが必要。

だからこそ、筋膜性疼痛症候群には先ほど紹介したトリガーポイント鍼療法ということになります。

4 手術を受けてから激痛になった場合は?

腰

腰椎椎間板ヘルニアで激痛になり、思い切って手術を受けた。でも、その後しばらくしてすぐ痛みが出てきて、時間の経過に伴いまた激痛。

こういう時はどうすれば良いのでしょうか?再手術でしょうか?それとも他の選択肢があるのでしょうか?

この場合も、激痛以外の症状で膀胱直腸障害や麻痺があれば、再手術の可能性が高いです。

しかし、そういった重い症状がなければ、やはり筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群と考えられます。

手術後に激痛になった方はこちらもご参考ください。

腰のヘルニアで手術後も痛みが変わらないのはなぜ?理由と対策8項目

5 激痛で苦しい思いをしている方へ

腰椎椎間板ヘルニアで激痛だと、体の痛みだけではなく精神的にも疲労困憊してしまうと思います。

その上さらに、手術をするかどうかの選択。

本当に手術が必要な時はあります。ですが、たとえ激痛でも、手術以外の方法があるということもまた事実。

手術が悪いわけではありませんが、完璧な手段ということでもないのです。

ですから、もし可能な状態なら、手術は最後まで取っておくということも検討してみて下さい。

そして、他の方法も試してみてください。

腰椎椎間板ヘルニアの激痛でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアの激痛で、膀胱直腸障害や麻痺があるなら手術が必要な可能性が高い
  • 激痛でも膀胱直腸障害や麻痺といった重い症状がなければ、筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群の場合が考えられる
  • 手術後しばらくしてから激痛になった場合でも、原因が何かによって対処法が異なる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加