足のしびれの原因やしびれの対策がよく分かる7つのポイント

足のしびれの原因やしびれの対策がよく分かる7つのポイント
Pocket

足のしびれがあると大丈夫かな?と不安になってしまうかと思います。

太もも、ふくらはぎ、脛、足の甲や足の裏。こういった部分のしびれは放っておくとドンドン強くなる場合があります。

ただ、しびれと言っても原因はさまざま。

では、足のしびれの原因は何なのか?そして対策はどうすれば良いのか?ポイントをまとめましたのでご参考下さい。

1 足のしびれの原因は何?

足のしびれの原因は大きく分けると2つに分けることが出来ます。それぞれについて解説していきます。

1-1 神経が原因の足のしびれ

足のしびれの原因1つ目は神経が原因の場合です。

どういう神経が原因かというと、脳や脊髄といった中枢神経やその他の末梢神経が原因の場合です。

具体的な病名をいくつか挙げてみます。

  • 脳梗塞
  • 脊髄腫瘍
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 糖尿病

他にも考えられますが、こういったことが原因で足にしびれが出ることがあります。

1-2 筋肉が原因の足のしびれ

先ほどは神経が原因の場合を述べました。もう1つは意外に思われるかもしれませんが筋肉が原因の場合です。

筋肉が硬くなってしまうとしびれの原因になるのです。

では、筋肉が原因で起きる足のしびれをいくつか挙げてみます。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群
  • 腰痛

こういった症状に伴うしびれは筋肉が原因の場合です。

神経が原因じゃないの?と思った方もいるかもしれませんので少し解説しておきます。

上記の上から4つの症状は神経が原因とされています。確かに神経が原因の場合もありますが、実は硬くなってしまった筋肉が原因でしびれが出ていることの方が多い症状なのです。

2 足のしびれはどういう所に出やすいのか?

足のしびれはどういう部分に出やすいのでしょうか?

具体的に写真で紹介します。

足のしびれが出やすい部分

前側では太ももの外側、膝の内側、脛、足の甲などにしびれは出やすい

足のしびれが出やすい部分

後側では太ももの裏、膝の裏、ふくらはぎ、ふくらはぎの外側、足の裏などにしびれは出やすい

写真にバツ印をそれぞれ付けています。

この印の部分にしびれは出やすいです。

感覚としてはビリビリ、ジンジン、ピリピリとしたしびれです。

3 足のしびれが続いたらどうすれば良い?

先ほど写真で紹介したような部分がしびれる。

そして何日もビリビリ、ジンジンといった感じで足がしびれる。

こういう場合はまず病院を受診しましょう。そして、担当の先生の指示に従って検査を受けたり診察を受けることがまず大事です。

足のしびれがあり、病院で検査というとちょっと怖く感じるかもしれません。

ですが、ネットで検索して自己判断するよりも当然正しい判断をしてもらえますのでまずは病院受診をしましょう。

4 足のしびれはどんな対策をするの?

足のしびれがある場合、対策としてはどういったものがあるのでしょうか?

いくつか例を挙げてみたいと思います。ただし、脳や脊髄が原因で足のしびれが出ている場合はおそらく今の医療ではは難しいです。

ですから、ここでは脳や脊髄以外が原因の足のしびれについてお伝えします。

4-1 投薬

足のしびれがある場合、病院ではお薬を処方されることが多いようです。

糖尿病による場合や末梢神経が原因の場合は特に多いようです。

4-2 リハビリ

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛といった場合の足のしびれにはリハビリを行うことが多いようです。

4-3 手術

薬や注射、リハビリなど色々な手を尽くしてもダメな場合は手術をする場合もあるようです。

5 足のしびれに鍼灸はどうなの?

トリガーポイント鍼療法足のしびれがある場合、鍼灸はどうなのか?と思う方も多いのではないでしょうか。

当院では、筋肉が原因で起きる足のしびれに対してトリガーポイント鍼療法を行っています。

先ほど、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などは筋肉が原因で足にしびれが出るということはすでにお伝えしました。

こういった硬くなってしまった筋肉が原因で足のしびれが出ている場合は施術をすることが出来ます。

ツボではなく筋肉に対して直接施術をするこの方法は、硬くなってしまい痛みやしびれの原因になっている筋肉が原因で足にしびれが出ている場合なら施術をすることが可能ということになります。

6 足のしびれがある時に自分でできること

足のしびれがある場合に何か自分でできることをしたいと考える方もいるでしょうから、セルフケアについてお伝えします。

ただし、筋肉が原因で足のしびれが出ている場合に関してのケアですので予めご了承ください。

6-1 温める

筋肉が固まってしまった結果足にしびれが出ている場合なら、温めることは有効です。

特に、入浴後は足のしびれが多少は軽くなるという場合はお勧めです。

6-2 腰やお尻の筋肉を柔軟にする

筋肉が原因で足のしびれが出ている場合、そのしびれの元は多くの場合腰やお尻の筋肉です。

ですから、腰やお尻の筋肉の柔軟性を高めることが良いですね。

ストレッチをしたりマッサージをしても構いません。マッサージは自分の手で行うと疲れてしまいますのでテニスボールを使って行うのが簡単で楽なのでお勧めです。

6-3 コルセット

もし、コルセットをすることで足のしびれが楽になるようならしても構いません。

ですが、コルセットをしても全く足のしびれの状態が変わらないならむしろしないほうが良いですね。

7 その他足のしびれがある時に注意したいこと

足のしびれの原因は、筋肉の場合があるということは何度かお伝えしてきました。

筋肉が原因ということは、簡単に言うと筋肉がかなり疲労してしまっているということです。

筋肉が疲労してしまっているのに、鍛えれば良いのではないかとか、運動不足なのでウォーキングでも始めようかと考えてしまう方が後を絶ちません。

運動が悪いわけではないのです。どういう時期に運動をするかが大事なのです。

筋肉が原因で足のしびれが出ているということは、筋肉を必要以上に使い過ぎないほうが良いという状態なのです。

ですから、足のしびれがある時は必要以上に動かず、安静にしていられる時は出来るだけ体を休めるようにするのが良いですね。

まとめ

  • 足のしびれの原因には神経の場合と筋肉の場合がある
  • 筋肉が原因で足のしびれが出ている場合は鍼灸という選択肢もある
  • 筋肉が原因で足のしびれが出ているということは、筋肉が疲労しすぎているということなので出来る限り安静が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加