手先のしびれが続いて不安!なかなか治まらないしびれの原因は?

手先のしびれが続いて不安!薬でダメなしびれの原因と解消法
Pocket

手先のしびれがずっと続いてなかなか取れない。

処方された薬はちゃんと飲んでいるし、注射も受けてみたけどやっぱりダメ。

こんな状況が続くと不安になってしまいますよね。ですがご安心を。薬でダメな手先のしびれでも原因は必ずあるはずです。

手先のしびれは何が原因なのか?についてお伝えします。

1 手先のしびれについて最初に知って欲しい3つのこと

最初に、手先のしびれという症状について知って欲しいことを3つポイントとしてお伝えしたいと思います。

1-1 対策がある手先のしびれと対策がない手先のしびれがある

手先のしびれには、治まるものと治まらないものがあります。

ではまず、対策がある手先のしびれにはどういうものがあるのかを挙げてみます。

  • 手根管症候群による手先のしびれ
  • 頚椎症による手先のしびれ
  • 頚椎椎間板ヘルニアによる手先のしびれ
  • 脊柱管狭窄症による手先のしびれ
  • 胸郭出口症候群による手先のしびれ

こういった症状が原因手先のしびれは、原因を特定しやすいので対策がある可能性が高いです。

ではもう一方の、対策のない手先のしびれを挙げてみます。

  • 脳梗塞や脳出血後遺症による手先のしびれ
  • 脊髄腫瘍による手先のしびれ(治まらない可能性が高い)
  • 神経損傷による手先のしびれ

こういった症状が原因の手先のしびれは、中枢神経や神経そのものの損傷が原因なので治まる可能性は低いです。

また、糖尿病による末梢神経障害といって、糖尿病が原因で手先や足先がしびれることがあります。このしびれに関しても神経自体が損傷されている場合は治まる可能性は低いです。

1-2 手先のしびれの原因は大きく分けると2つ

手先のしびれの原因は何か?ということが気になるかと思います。

この原因ですが、大きく分けると2つです。それは、

  • 神経が原因の場合
  • 筋肉が原因の場合

の2つです。

神経が原因の場合というのは、脳や脊髄といった中枢神経、そしてそれ以外の末梢神経が原因で手先のしびれが起きている状態です。

一方、筋肉が原因の場合というのはイメージしにくいかもしれませんね。

これはどういうことかというと、筋肉は疲労が溜まるとだんだん硬くなってきます。そしてその状態が続くとしびれや痛みの原因になるのです。

しびれ=神経と思いがちですよね。

ですが、大事なことは神経だけが手先や足先のしびれの原因ではないということです。

1-3 筋肉が原因で起きる手先のしびれの例

筋肉が原因でも手先のしびれは起きるということをお伝えしました。

では、筋肉が原因の手先のしびれにはどういったものがあるのか?いくつか例を挙げてみます。

  • 手根管症候群
  • 頚椎症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 胸郭出口症候群
  • 肩凝り
  • 背中の張り
  • 斜角筋症候群

これらの症状は神経が原因の場合もありますが、筋肉が原因の場合も多々あります。

そして、筋肉が原因でこれらの症状が起きている場合は手先のしびれの原因にもなるのです。

2 筋肉が原因の手先のしびれはどうすれば良いのか?

手先のしびれの原因には、神経の場合と筋肉の場合があるということをお伝えしました。

そして、筋肉が原因の手先のしびれに対しては筋肉への施術が必要ということもご理解いただけたかと思います。

ここからは、筋肉が原因で起きている手先のしびれの施術について解説していきたいと思います。

2-1 手先のしびれの原因が筋肉とトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法筋肉が原因で手先のしびれが出ている場合は、薬や注射よりも筋肉を直接施術する必要があります。

そのための方法はいろいろありますが、当院で行っているトリガーポイント鍼療法もそのうちの1つです。

鍼というと一般的にはツボを思い出す方が多いかと思います。

ですが、このトリガーポイント鍼療法はツボではなく筋肉を直接施術する方法です。

硬くなり手先のしびれの原因になっている筋肉に対して施術をするのがトリガーポイント鍼療法です。

2-2 手先のしびれで原因になりやすい筋肉

それでは続いて、手先のしびれの原因になりやすい筋肉を写真で紹介します。

手先のしびれの原因になりやすい筋肉

首や肩、背骨の際、肩甲骨周囲の筋肉が手先のしびれの原因になりやすい

手先のしびれの原因になりやすい筋肉

首の前、鎖骨の下、肩周りの筋肉も手先のしびれの原因になりやすい

2枚の写真それぞれに印をつけています。

この印の部分にある筋肉が、手先のしびれの原因になりやすい筋肉です。

ですから、トリガーポイント鍼療法で施術をする場合も、この部分にある筋肉に対して施術を行っていきます。

3 手先のしびれがある場合に気をつけたいこと

ここまで、手先のしびれの原因、そして手先のしびれに対する施術についてお伝えしてきました。

では最後に、手先のしびれがある場合にご自身で気を付けて欲しいことについて説明したいと思います。

ただ、筋肉が原因で手先にしびれが出ている場合についてですので予めご了承くださいね。

3-1 筋肉が原因で手先のしびれがある場合にやってはいけないこと

先ほども少し説明しましたが、筋肉は硬くなると手先のしびれの原因になります。

こういう筋肉が硬くなってしまっている時に気を付けて欲しいことがあります。これをやると症状が悪化する可能性があるということです。

それは、筋トレやその他には鍛えれば良いという考えに基づいた運動です。

つまり、筋肉が原因で手先にしびれが出ているのなら、筋肉を鍛えれば良いのではと思ってしまうということです。

これをすると手先のしびれがいつまでも続く可能性が高くなります。

鍛えるということと治すということは別だと思って頂けると良いかと思います。

※筋トレが悪いわけではなく、手先のしびれがある状態でのトレーニングは良くないということですのでご了承ください。

3-2 自己判断は禁物

手先のしびれがあり、気にならない程度だと「そのうち良くなる」と思いがちです。

また、少々ひどくなってしまった場合でも、病院に行くのが面倒とか行きたくないなどの理由で放っておいてしまう方もおられます。

そして、検索をして自分でいろいろ取り組んでしまう(先ほどの筋トレなど)。

気持はよく分かります。

ですが、やはり勝手な自己判断は危ないですよね。いろいろ理由はあるかと思いますが、先ずは病院を受診しましょう。

それが回復への近道ですから。

3-3 筋肉の状態を良くするために

筋肉が原因で手先にしびれがある場合、筋肉の状態を良くしてあげることは大事です。

ですから、いつもより少し長めに睡眠をとるとか、適度にマッサージやストレッチをしてみるということは良いですね。

また、普段休みの日も外出が多いという方ならとくにですが、少し体を休めるということを心掛けてみてください。

まとめ

  • 手先のしびれの原因には、神経の場合と筋肉の場合がある
  • 筋肉が原因で手先にしびれが出ている場合は、筋肉を施術するトリガーポイント鍼療法という施術もある
  • 筋肉が原因で手先のしびれがある場合は、筋肉を休めてあげることが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加