腕がしびれてつらい!薬や注射で治まらない腕のしびれの原因は?

腕がしびれてつらい!薬や注射で治まらない腕のしびれ解消法
Pocket

頚椎椎間板ヘルニアになると、腕のしびれが出ることがあります。

上を向くと腕がしびれる、デスクワークをしていると腕がしびれるといった状態ですね。

この腕のしびれですが、原因は神経ではないことがほとんどです。神経圧迫でしびれが出ていると思われがちですが違うんですね。

では、一体何が原因でどうすれば良いのか?これらについてまとめました。

1 腕のしびれの原因は何?

頚椎椎間板ヘルニアで腕がしびれる場合、原因は筋肉にあることがほとんどです。

筋肉は硬くなると痛みやしびれの原因になります。ですから、頚椎椎間板ヘルニアによる腕のしびれの場合、首や肩、背中などの筋肉が硬くなってしまったことで腕がしびれるという状態になっていることが多いです。

神経圧迫が原因じゃないの?と思う方も多いと思います。

確かに神経圧迫が原因の場合もありますが数としては多くありません。それに、神経圧迫が原因だと麻痺が出たり膀胱直腸障害といって排泄の問題が出てきます。

腕のしびれはあるけれど、麻痺や膀胱直腸障害がないという場合は筋肉が原因と考えるのが良いですね。

2 腕のしびれの原因になるのはこういう部分

頚椎椎間板ヘルニアで腕がしびれる場合、原因になりやすい部分を写真で紹介します。

写真をご覧ください。

腕のしびれの原因になりやすい筋肉

首や肩、背中、肩甲骨周り

腕のしびれの原因になりやすい筋肉

首の前、鎖骨の下

2枚の写真それぞれにバツ印と赤い楕円形の印を付けています。

バツ印の部分が原因になりやすい筋肉がある部分です。そして、赤い楕円形の部分は腕のしびれが出やすい部分です。

こういった部分の筋肉が硬くなってしまうことで、腕のしびれになっているということですね。

3 腕のしびれに薬や注射が効かないことがある理由

腕のしびれに対して薬や注射が効かない理由は、そもそも原因が神経ではなく筋肉だからです。

腕のしびれがある場合、神経が圧迫されているとか、神経が骨に触れている、首の骨の間隔が狭くなっているなどが原因として挙げられることが多いです。

ですが、これらが原因で腕のしびれが出ていることは少ないです。

多くの場合は筋肉が固まってしまった結果、腕のしびれになっているということ。筋肉が固まったことが原因なのに、神経に対しての薬や注射をしても腕のしびれが治まらないのは当然と言えば当然なのです。

4 筋肉が原因で腕のしびれがある場合の施術

筋肉が原因で腕のしびれがある場合、トリガーポイント鍼療法という筋肉に対しての施術があります。

具体的な施術部分を写真で紹介します。

写真をご覧ください。

腕のしびれに対するトリガーポイント鍼療法

首や肩、背中、肩甲骨周囲

腕のしびれに対するトリガーポイント鍼療法

首の前、鎖骨の下、腕の付け根周囲

2枚の写真それぞれにバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が腕のしびれの原因になりやすい部分なので、トリガーポイント鍼療法ではこういった部分に対して施術を行います。

5 腕のしびれがある時にやってはいけないこと

腕のしびれがある時にやってはいけないことは、運動や筋トレ、強引なストレッチなどです。

そもそも筋肉が固まったことが原因ですから、その状態に対して運動、筋トレをすると症状が長引きます。

ストレッチならいいのでは?と思うかもしれません。ですが、そもそも固まって腕にしびれを出している状態の筋肉を強引にグイグイとストレッチするとやはり症状が長引いてしまいます。

腕のしびれがある時は、筋肉に対して過剰な刺激は良くないということですね。

まとめ

  • 腕のしびれの原因は神経ではなく筋肉が固まってしまったことにある場合がほとんど
  • 腕のしびれに対して薬や注射が効かないのは原因が神経ではなく筋肉が固まったことにあるから
  • 筋肉が固まって症状が出ている場合にはトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加