首を動かすと手がしびれるのはなぜ?しびれの原因や症状の対策まとめ

頚椎椎間板ヘルニアとは?
Pocket

上を向いたり、首を右や左に回したり倒したりすると手がしびれる。

こういった首を動かした時に手がしびれるのはなぜでしょうか?

今回は、首を動かすと手がしびれるという症状の原因やどうすれば首を動かしても大丈夫になるのかということについて解説したいと思います。

1 首を動かした時に手がしびれる原因は?

首を動かした時にて他しびれる原因

首を動かした時に手がしびれる症状の原因について解説します。

上を向く、左右に首を回す、うつむく、左右に首を倒すなどいろいろな首の動きがあります。こういった首を動かした時に手がしびれるという場合、神経が原因と思いがちですが実は違います。

では何が原因かというと、首や肩を動かすときに働く筋肉です。

イメージしにくいかもしれませんが、筋肉というのは固まってしまうと痛みやしびれの原因になります。

首や肩周りの筋肉が固まっていて、その状態で首をいろいろな方向に動かすから手にしびれが出るという状態なのです。

何でも神経が原因ではないということを知ってもらえればと思います。

2 首を動かした時に手がしびれる原因になりやすい筋肉はここ

首を動かした時に手がしびれる場合、筋肉が固まってしまったことが原因ということをお伝えしました。

では、どの筋肉が固まってしまうと手のしびれの原因になりやすいのかを写真で紹介します。

写真をご覧下さい。

手のしびれの原因

首、肩、肩甲骨周りの筋肉

手のしびれの原因

首の前、鎖骨の下などの筋肉

2枚の写真それぞれにバツ印と赤い楕円形の印を付けています。

バツ印の部分が手のしびれの原因になりやすい筋肉です。そして、赤い部分がしびれが出やすい部分(写真は上腕までですが指先までしびれが出ることが多くあります)。

他にも考えられる筋肉はありますが、主にこういった部分の筋肉が固まってしまうと首を動かした時に手のしびれが出るようになりやすいです。

3 手のしびれの原因は神経ではないのか?

手のしびれの原因

手のしびれの原因が筋肉にあると言われても、やっぱりピンとこないという方も多いと思います。

そこで、もししびれの原因が神経ならどうなるかということをお伝えしたいと思います。

3-1 神経が原因ならしびれよりもひどい症状になりやすい

手のしびれの原因が神経なら、ビリビリ・ピリピリなどのしびれではなくそもそも麻痺になることがあります。

例えば、首のヘルニアで神経が圧迫されたことが原因の場合(筋肉が原因のヘルニアも多くあります)、腕が麻痺して動かなくなることが考えられます。

ですがそうではなく、感覚もあるし動かすことも出来る。でも首を動かすと手がしびれるという場合は筋肉が固まったことによるしびれなのです。

3-2 常に手がしびれている

例えば、お風呂上がりは首を動かしても手のしびれがあまりないとか弱いという方はいると思います。

これはなぜかと言うと理由は単純で、固まって手のしびれの原因になっていた筋肉が温まることで少し緩んだからです。

神経が本当に原因ならこんな風にはなりません。

3-3 しびれの場所が変わる

筋肉が原因で手のしびれが出る場合、先ほど写真で紹介したように複数の筋肉が原因の場合が多いです。

そのため、手のしびれといってもいろいろな場所がしびれたり場所が変わることがあります。

神経が原因だとこんな風にはなりません。

この点からも首を動かした時に手がしびれるというのは筋肉が原因と言えるのです。

4 首を動かした時に手がしびれる症状の対策

トリガーポイント鍼療法

首を動かした時に手がしびれるのは、筋肉が固まったことが原因ということをお伝えしてきました。

では、そういった筋肉が原因の手のしびれはどうすれば良いのか対策を紹介します。

4-1 トリガーポイント療法

筋肉が原因の手のしびれ対策として、当院で行っている筋肉に鍼をするトリガーポイント療法という施術があります。

鍼治療というとツボのイメージがあるかもしれません。

ですが、このトリガーポイント療法は筋肉に鍼をする方法です。特に固まってしまい動かした時に手のしびれの元になっている筋肉を直接施術することが可能です。

4-2 セルフケアとしてのマッサージやストレッチ

首を動かした時に手がしびれる場合、首や肩周りの筋肉が固まったことが原因なのでそれらをマッサージやストレッチでほぐすことは良いですね。

ただし、強く揉んだり伸ばしすぎることや、長時間揉んだりストレッチすることは後から手のしびれが強くなることも考えられます。

ですから、気持ち良く感じる程度で、短時間で行うようにして下さい。

4-3 湿布を貼る

首を動かした時の手のしびれの原因が筋肉にある場合、湿布を貼るという方法もあります。

手のしびれに湿布というと意外かもしれませんが、原因が固まった筋肉にあるのなら対策にはなります。

かぶれやすい方には向かない方法ですが、かぶれない方であれば寝る前に貼って朝起きた時に取るということでも良いでしょう。

少し広い範囲で貼るのがコツです。

5 首を動かした時に手がしびれるあなたへ

手のしびれというとどうしても神経が原因と思ってしまう方が多いです。

実際、病院の先生に検査の結果神経が圧迫されていますとか、骨に神経が触れていますということを言われると神経が原因と思ってしまいますよね。

ですが、すべての場合において神経が原因とは限りません。

なので、神経が原因といわれて神経に対しての薬や注射をしても手のしびれが治まらないからといってがっかりしないで欲しいのです。

また、手術しなければいけないのかと不安になっている方も多いかもしれませんが、筋肉が原因の可能性もあるということを知って欲しいのです。

筋肉が固まっただけの状態に対して手術はもったいないですよね。

首を動かした時に手がしびれる原因には筋肉が固まったことがほとんどだということを覚えていただければ幸いです。

まとめ

  • 首を動かした時に手がしびれる場合の原因は神経ではなく筋肉が固まったことによる場合が多い
  • 本当に神経が原因の場合はしびれではなくもっとひどい症状になることが考えられる
  • 筋肉が固まったことで手のしびれが出る場合は筋肉を緩めることを目的とした治療や施術が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加