足のしびれと腰痛で不安な方に知って欲しい原因や対策9ポイント

不安
Pocket

足のしびれと腰痛が同時にあると不安ですよね。

特に足のしびれに関しては、神経が原因かな?何かひどい病気なのかな?と思ってしまうかもしれません。

ただ、足のしびれや腰痛の原因は神経だけではありませんし、神経が原因とされている場合でも実は他に原因があることも多いです。

意外と知られていない足のしびれと腰痛の原因や具体的な施術、セルフケアの方法などについてお伝えしますのでご参考下さい。

1 足がしびれて腰痛もある時の原因は?

腰痛

足にしびれがあり同時に腰痛もある。こんな場合の原因として多いのは筋肉です。

しびれだから神経じゃないの?と思う方も多いかもしれません。神経の場合もありますが、ほとんどの場合は筋肉が縮んで固まってしまったことにあります。

2 筋肉が原因の足のしびれや腰痛ってどういうこと?

疑問

足のしびれや腰痛の原因が筋肉といわれてもよく分からないと思いますので、このことについて分かりやすく解説したいと思います。

2-1 筋肉は縮んで固まるとしびれや痛みの原因になる

筋肉は疲れがたまるとだんだん縮んで固まってしまいます。

例えば、デスクワークで1日中座ったままが多いという方でも、腰が疲れることがあると思います。

こういう状態が続くと筋肉は縮んで固まり柔軟性を失います。イメージとしては古くなった輪ゴムが伸びなくなってしまう状態。

古くなった輪ゴムを伸ばそうとするとプツンと切れますよね。筋肉の場合は切れたりしませんが、痛みやしびれが出るということなのです。

2-2 筋肉が原因の症状はトリガーポイントが原因

縮んで固まって締まった筋肉には、トリガーポイントと呼ばれる痛みやしびれの元ができてしまいます。

足のしびれや腰痛の場合は、腰やお尻の筋肉にトリガーポイントができた結果として症状が出ていることが多いです。

こういった筋肉にできたトリガーポイントが原因の症状を筋膜性疼痛症候群と言います。

3 神経が原因とされていても実は筋肉に原因がある症状

腰の痛み

病院で検査を受けたら神経が原因と言われたし、実際に自分でもレントゲンやMRIの画像を見た。

そんな症状でも、実は神経ではなく筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群という場合があるので解説したいと思います。

3-1 神経が原因とされる3つの病名

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰部脊柱管狭窄症
  3. 梨状筋症候群

これら3つは神経が原因とされていて、症状には腰の痛みや足のしびれなどの坐骨神経痛があります。

ですが、実はこれらも多くの場合神経ではなく筋肉が原因なのです。

※本当に神経が原因の場合も数は少ないですがあります。

3-2 MRIの結果は間違いなのか?

先ほど挙げた病名で、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症と病院で診断された方はMRIの画像を見た方も多いのではないでしょうか。

画像を見ると誰でも神経圧迫の状態は分かりますよね。では、筋肉が原因ならMRIの検査結果は間違いなのかというとそうではありません。

ではどういうことかと言うと、神経圧迫の状態になっていてもそれが症状の原因ではないということです。

神経圧迫=しびれや痛みではないということですね。

例えるなら、白髪が生えてきたので頭痛がするというと変ですよね。白髪という事実はあってもそれが頭痛の原因ではない。

これと同じことです。

実際、神経圧迫の状態になっていても何の症状もない方もたくさんいるというのが事実です。

3-3 神経圧迫が原因なら神経症状が出る

神経圧迫の状態になっていても、なぜ神経ではなく筋肉が原因と言えるのかというと症状で判断できるからです。

神経圧迫が本当の原因なら神経症状がでます。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、または梨状筋症候群の神経症状は主に2つです。

  • 麻痺
  • 膀胱直腸障害

麻痺はしびれではなく、文字通りの麻痺です。そして膀胱直腸障害というのは簡単に言うと、トイレに入っても排泄ができない症状のことを言います。

足のしびれと腰痛があり、検査では神経圧迫の状態になっている。でもこういった症状がなければ筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群と言うことになるのです。

3-4 補足

神経以外でしびれの原因になる病気に糖尿病や膠原病があります。糖尿病や膠原病による足のしびれがある場合は内科の先生の指示に従って下さい。

4 神経圧迫になっていてもこんな場合は筋肉が原因

荷物を持つ

病院のMRI検査で神経圧迫になっていたとか、梨状筋に神経が圧迫されていると言われた場合でも筋肉が原因の場合には特徴があります。

4-1 筋肉が原因の足のしびれや腰痛と考えられる例

  • イスから立ち上がるときに腰が痛む
  • 長時間座ったままでいると腰が痛くなり足もしびれる
  • 荷物を持つと腰にひびく
  • 朝起きた時の腰痛と足のしびれがひどい
  • 歩いているとだんだん足がしびれて腰も重くなってくる

他にも考えられる例はたくさんありますが、こういった場合は病院のMRI検査で神経圧迫の状態になっていても筋肉が原因の足のしびれや腰痛と言えます。

4-2 動作や特定の姿勢に伴う症状かどうかがポイント

先ほど挙げたような例がなぜ筋肉が原因と言える理由は、動作や特定の姿勢に伴って足のしびれや腰痛が出ているということです。

つまり、縮んで固まってしまった筋肉を使うから足のしびれや腰痛がでるということ。

例えば、イスから立ち上がるときに腰が痛むというのは、腰やお尻の筋肉などが固まっている状態です。

そしてその筋肉を使うから痛みが腰に出るということ。だから、神経圧迫が原因ではないと言えるんですね。

5 足のしびれと腰痛の原因になりやすい筋肉はここ

足のしびれと腰痛の原因になりやすい筋肉はどの辺りかを写真を使って説明します。

腰痛に伴う足のしびれ1

腰とお尻の筋肉が原因で腰痛や足のしびれが出る

足のしびれと腰痛の原因2

股関節周囲や脛の筋肉が原因で足のしびれが出る

2枚の写真にバツ印と赤い楕円形の印を付けています。

バツ印の部分にある筋肉が縮んで固まってしまうと、赤い楕円形の印の部分に痛みやしびれが出るようになります。

1枚目の写真は、腰やお尻の筋肉が固まると腰痛や足のしびれの原因になる場合。

2枚目の写真は、股関節安値の筋肉が固まると脛や足先にしびれが出る場合。

腰やお尻が足のしびれの原因になり、股関節周囲が脛や足の甲のしびれの原因になります。このように離れた部分に症状を出すのが筋肉が原因の場合の特徴でもあります。

6 筋肉が原因で足のしびれと腰痛がある時にやってはいけないこと

やってはいけない

腰やお尻、股関節周囲、脛といった筋肉が原因で足のしびれや腰痛がある時にやってはいけないことがありますので解説します。

6-1 こんな動作は症状を悪化させる

腰やお尻の筋肉が固まってしびれや痛みの原因になっている場合、腰を反らす動作はできる限り避けて下さい。

なぜなら、腰を反らすという動作は、縮んで固まった筋肉をさらに縮める動作だからです。

腰を反らすことで足にしびれが出たり、腰に痛みが出る方は症状が悪化することもあります。

腰を反らす動作1

腰を反らす動作は固まった筋肉をさらに縮めてしまう

腰を反らす動作2

寝た状態で腰を反らす動作も痛みが増すことがある

腰を反らす動作や腰痛体操は、筋肉にとって負担になることがあります。このような理由から当院ではこういった動作や腰痛体操はおすすめしておりません。

足のしびれや腰痛が治まってから取り組むようにして下さい。

6-2 しびれや痛みを我慢しながらのウォーキング

足のしびれと腰痛がある場合、それらを我慢しながらのウォーキングはしないで下さい。

足のしびれがあると歩けなくなったらどうしようと思ったり、腰痛があるのは運動不足だからだと思う方は多いです。

そこで手軽にできるウォーキングでも始めようかと思う気持ちは分かります。ですが不要です。

しびれや痛みがあるというのは、怪我をしているのと状況としては同じこと。そういう時はしっかり休むことを優先しましょう。

7 足のしびれと腰痛がある時にできる簡単ストレッチ

足のしびれと腰痛の原因が筋肉にある場合、簡単に出来るストレッチがあります。

写真をご覧下さい。

左足のしびれと腰痛がある場合の方法です。

腰と臀部のストレッチ1

左足首を右膝の上の乗せる

腰と臀部のストレッチ2

そのまま前にかがむ

方法はとてもシンプルです。

左の足首を右膝に乗せ、そのまま前にかがむというだけ。これで腰とお尻の筋肉を同時に伸ばすことができます。

右足にしびれがある場合は逆にすれば良いだけです。

腰痛がひどい方は無理に行わないで下さいね。また、反動をつけて伸ばすようなやり方はしないで下さい。

8 筋肉が原因の足のしびれと腰痛にはトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

足のしびれと腰痛の原因には筋肉の場合があり、それは筋膜性疼痛症候群だということをお伝えしてきました。

では、筋膜性疼痛症候群に対してはどうすれば良いのかというと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

縮んで固まった筋肉を緩めるように施術をする鍼治療の方法です。

薬を飲んだり、注射をしてもらってもしびれや痛みが治まらないし内科の病気も何もない。こんな場合は筋肉が原因のしびれや痛みと考えられます。

筋肉が原因かもと思う方はトリガーポイント鍼療法という施術があることを知ってもらえればと思います。

9 最後に

足のしびれと腰痛がある場合、しびれに対してはメチコバールで痛みに対してはロキソニンが処方されることが多いようです。

そして、リハビリを続けならがそれでも治まらなければブロック注射などが治療として行われる。

でも良くならない。

こんな場合は筋肉が固まっていることが原因です。筋肉が固まっているかどうかはレントゲンでもMRIでも分かりません。

触れば簡単ですが、そもそもお医者さんはそういう視点を持っていないことがほとんどです。お医者さんを批判しているわけではないのです。

病院の治療で良くならなくても、筋肉が原因の場合が多いということを知って欲しいのです。

症状が続くと不安になると思いますが、筋肉が原因なら対処法はいろいろありますからあきらめないで欲しいと思います。

まとめ

  • 足のしびれと腰痛の原因は神経と思われることが多いが実は筋肉に原因があることが多い
  • 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった神経が原因と思われる病気も実は筋肉に原因があることがほとんど
  • 筋肉が原因のしびれや痛み動作や特定の姿勢に伴い症状が増すのが特徴で、こういった症状を筋膜性疼痛症候群と言う

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加