梨状筋症候群で足が痛くて歩けない!考えられる原因や対策9つのポイント

足の痛み
Pocket

梨状筋症候群で足が痛むため歩けない。

歩き始めは大丈夫でも、徐々にお尻や太ももの裏、ふくらはぎなどがしめつけられるように痛くなってくる。そのため、少しの距離でも歩き続けることができない。

こういう状況困りますよね。梨状筋症候群になると、こんな風にお尻から足にかけて痛みが出ます。では、どうすれば歩けるようになるのでしょうか?

梨状筋症候群による痛みは、神経が原因とされることが多いです。ですが、実際には違うことがほとんど。本当の原因は神経ではなく他にあります。

その原因は何か?そして、原因に対してどういうことをすれば歩けるようになるのか?などについて解説しています。

梨状筋症候群で歩けない方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群で歩けない原因

黒板

梨状筋症候群になり、足の痛みがあるため歩けない。その原因は、梨状筋やその他の筋肉が固まってしまい痛みを出しているからです。

梨状筋症候群は、梨状筋が坐骨神経を圧迫するため痛みが出るとされます。ですが実際にはそうではなく、複数の筋肉が固まってしまい痛みの原因になっているのです。

歩くことで、痛みの原因になっている筋肉を動かす。だから痛みが出て歩けなくなり、休むと痛みが治まってくるということですね。

2 梨状筋症候群に坐骨神経は関係ないの?

考える

梨状筋症候群は、坐骨神経が圧迫された結果じゃないの?こう思う方は多いのではないでしょうか。ですが、神経が圧迫されて痛みが出ている方はほとんどいません。

神経が圧迫された場合だと、痛みやしびれではなくもっと重い症状が出ます。麻痺したり、膀胱直腸障害という排泄が困難になる症状など。

ですから、歩くと痛くなり、休むと痛みも弱くなるなら筋肉が原因。こういった、筋肉が原因の痛みは筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。

3 筋肉以外に考えられる痛みの原因

ふくらはぎの激痛

梨状筋症候群で歩けない場合、原因の多くは筋肉にあるということをお伝えしました。ですが、実はもう1つ原因があります。それは何かと言うと炎症です。

炎症に伴って強い痛みが出ることが多くあります。炎症の痛みは、打撲した時の痛みに近いと思ってください。

夜寝ていてうずく痛みで目が覚めるとか、たくさん動いた後はズキズキとうずく。そんな状態なら炎症が原因の可能性が高いです。

4 梨状筋症候群の痛みはここが原因になりやすい

梨状筋症候群で足が痛む場合、筋肉が原因のことが多いということはお伝えしました。では、どこの筋肉が原因になりやすいかについて解説を続けます。

写真をご覧ください。主な原因になりやすいのは4カ所です。

足の痛みの原因になりやすい部分1

腰、お尻、足の筋肉が痛みの原因になりやすい

足の痛みの原因になりやすい部分2

股関節周りの筋肉も痛みの原因になりやすい(右足の場合は右股関節周り)

2枚の写真それぞれに、バツ印を複数箇所付けています。梨状筋症候群といわれた場合でも、腰、お尻、股関節周り、足といった4カ所の筋肉が足の痛みの原因になりやすいです。

梨状筋症候群とされた場合でも、梨状筋以外に悪くなる筋肉はたくさんあるということですね。

5 梨状筋症候群の痛みで歩けない時にやってはいけないこと

バツ

梨状筋症候群で足に痛みがあるため歩けない。そんな時にやってはいけないことがあります。それは、必要以上に動くこと。

梨状筋症候群の痛みは、固まった筋肉が原因で出ていることがほとんど。そのため、動いて筋肉を使えば使うほど、いつまでも痛みますし悪化につながることも考えられます。

ですから、痛みを我慢してのウォーキングや筋トレ、スポーツなどは控えるようにしてくださいね。

6 梨状筋症候群で歩けない時のセルフケア

腰のストレッチ

梨状筋症候群で足が痛くて歩けない。そんな時に、比較的簡単に取り組めるセルフケアの方法を紹介します。

6-1 腰やお尻のストレッチ

梨状筋症候群による足の痛みは、腰やお尻の筋肉が固まってしまうことが原因。ですから、その固まった筋肉をストレッチすることは有効ですね。

腰、お尻の筋肉を優しく、丁寧に伸ばすようにしてみてください。決して力一杯伸ばしたり、長時間ストレッチし過ぎないように気をつけて取り組んでくださいね。

梨状筋症候群にはどんなストレッチがいい?簡単にできる方法3選

6-2 腰やお尻のマッサージ

梨状筋症候群による足の痛みは、梨状筋だけではなく腰や股関節周りの筋肉も原因になります。ですから、それらをマッサージするという方法も良いですね。

ストレッチをした後に、軽くマッサージという順番が良いでしょう。指で行うと指が疲れるでしょうから、テニスボールを使うという方法もあります。

7 夜間に痛くて目が覚める時に必要なことは?

飲み薬

梨状筋症候群による足の痛みがあり、夜間にその痛みで目が覚めてしまう。そんな場合には、いわゆる痛み止めが必要と考えられます。

睡眠中のような、完全にリラックスした安静時に痛みが出て目が覚める。そういった痛みは、炎症が原因で起きている場合が多いです。そのため、消炎鎮痛剤としての痛み止めが良いということ。

病院でロキソニンを処方されることがあるのは、炎症が原因の痛みがあると診断されたためなのです。ただ、痛み止めは筋肉が原因の痛みに対しては効かないことが多いでしょう。

梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

8 筋肉が原因の痛みはどうすればいい?

梨状筋症候群

梨状筋症候群で歩けない場合、痛みの原因は筋肉にあることが多いです。では、筋肉が原因の場合はどうすれば良いかというと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの原因になっている筋肉に鍼をして、筋肉が緩んでいくように施術を進めていく方法。そのため、筋肉が原因の痛みで歩けない状態なら施術が可能です。

歩くと痛みが出てきて、少し休むと治まりまた歩ける。そんな状態なら筋肉に原因があると考えられます。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

9 梨状筋症候群による足の痛みで歩けない方へ

梨状筋症候群による足の痛みで歩けない。そんな場合に考えられる痛みの原因、そして、原因別の対策について解説してきました。

神経が原因ではなく筋肉や炎症による痛みが多いということについては、意外に思った方も多いのではないでしょうか。ですが、これが事実なのです。

そのため、神経に対しての薬は効かないことがあります。さらに、炎症と筋肉といった2つの原因で痛みが出ている場合は、同時進行でどちらも対策をしないと痛みは続きます。

夜寝ている時に足が痛くて目が覚める。そんな場合は炎症による痛みと考えられますので、消炎鎮痛剤として痛み止めや湿布が良いですね。

また、歩けば痛みが出て、休めば痛みも弱くなる。これは筋肉が原因の証拠です。ですから、そんな場合には、固まった筋肉を緩めるための対策が良いということになるのです。

痛みで歩けないと、仕事や日常生活で困ることが増えると思います。そんな方で痛みが続いているなら、神経圧迫ではなく筋肉が原因で痛みが出るということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群による足の痛みで歩けないという方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群による足の痛みで歩けない場合、その原因は神経が梨状筋によって圧迫されていることではなく、梨状筋やその他の筋肉が固まっていることに原因がある
  • 固まった筋肉以外に、炎症による痛みが出ていることも多くある。神経が原因の場合は実際にはほとんどないと言える
  • 腰、お尻、股関節周りなどの筋肉が固まると、足の痛みの原因になりやすい。そのため、それらの筋肉をストレッチしたりマッサージで緩めるのは有効と考えられる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加