梨状筋症候群で痛む時にやってはいけないことは?理由と7つの具体例

バツ
Pocket

梨状筋症候群で痛みがある場合、いろいろとやってはいけないことがあります。

良いと思って取り組んでいることでも、実際にはやってはいけないことになっているため痛みが増したり、症状が長引いたりする結果になることは多いです。

では、梨状筋症候群でお尻や足に痛みがある時に、どういうことをやってはいけないのか?そして、もし症状が悪化した場合はどうすればいいのか?

梨状筋症候群になってしまった場合に、やってはいけないことは何か?などについて詳しく解説しています。

やってはいけないことが何か気になる方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群でやってはいけないことは?

黒板

梨状筋症候群になり、お尻から足にかけて痛みがある。そんな時、特にやってはいけないことがあります。それは、必要以上に動いて筋肉に負荷をかけること。

なぜかと言うと、梨状筋症候群の痛みは、固まった複数の筋肉に原因があるからです。梨状筋に神経が圧迫されるからではありません。

筋肉に原因があるという状態で、例えばスポーツをしてさらに筋肉に負荷をかけてしまう。これは、症状を悪化させたり、長引かせたりすることになりかねないのです。

2 梨状筋症候群の痛みは複数の筋肉に原因がある

梨状筋症候群は、梨状筋というお尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫されるため足に痛みが出るとされています。

ですが、実際にはそうではありません。神経が圧迫されるのではなく、梨状筋を含む複数の筋肉が固まってしまった結果として痛みが出ているのです。

写真をご覧ください。

足の痛みの原因になりやすい筋肉

腰とお尻にバツ印を付けています。足に痛みが出る場合の一例です。バツ印の部分にある筋肉がガチガチに固まってしまうと、太ももの裏からふくらはぎにかけて痛みが出ることがあります。

赤い印をつけている部分が痛みの出やすい部分と思ってください。実際に足が痛む方は、このような部分が痛むのではないでしょうか?

筋肉が固まってしまうと、その部分だけではなく離れた部分の痛みの原因にもなります。こういう痛みを筋膜性疼痛症候群と言います。

3 梨状筋症候群でやってはいけないことの具体例

梨状筋症候群による足の痛みは、固まった筋肉に原因があるということをお伝えしました。では、そんな時にやってはいけないことには何があるのか?

具体例を挙げながら解説を続けます。

3-1 ウォーキング

歩く

梨状筋症候群で足が痛む時に、やってはいけないことはウォーキングです。痛みが強い時は当然できないとは思います。ですが、問題は良くなりかけている時。

運動不足だから痛みが出るのでは?歩かないと筋力が落ちるのでは?こういう心配から、手軽に始められるウォーキングに取り組む方がいます。

気持ちは分かりますが、固まったお尻などの筋肉が原因で痛みが出ている状態でウォーキングは良くありません。無理をすると、悪化してしまうこともありますから控えてください。

3-2 プールで歩くこともダメ

ウォーキングは、筋肉に負荷がかかるからダメ。ならば、プールで水中ウォーキングなら良いのでは?こう考える方もいらっしゃいます。

ですが、これも同じくダメです。筋肉に負荷がかかることは、陸上でも水中でも同じです。ですから、プールで歩くことも控えてくださいね。

3-3 スポーツ全般(筋トレを含む)

ランニング

梨状筋症候群で足に痛みがある場合、スポーツは痛みの状態に対して良くありません。ウォーキングでも悪化につながることがあるので、さらに負荷のかかるスポーツ全般はダメです。

動いている時は痛みが弱くなる。そういう方もいるでしょう。これは、動いている時だけ、固まった筋肉が一時的に緩むから楽ということ。

ですが、筋肉に負荷がかかることは同じですから、動いた後はやっぱり痛いということになるのです。ですから、スポーツ(筋トレを含む)も控えましょう。

3-4 刺激の強過ぎるマッサージ

梨状筋症候群の痛みは、固まった筋肉が原因。そして、筋肉に負荷をかけることは良くない。それなら、マッサージは?と思う方もいるのではないでしょうか。

確かに、固まった筋肉が原因なので、マッサージは悪いことではありません。ただし、条件が1つあります。それは、刺激の強過ぎるマッサージは良くないということ。

痛む部分を力任せにマッサージしたり、長時間揉み続ける。こういうことは良くありません。適度な刺激、適度な時間で行うようにしてください。

3-5 刺激の強過ぎるストレッチも同じ

刺激の強過ぎるマッサージと同様、刺激の強過ぎるストレッチも良くありません。

痛みが強い時は、思いっ切り伸ばしたくなるかもしれません。そして、その時は気持ちが良いと思います。ですが、それをやり過ぎてしまうと後から痛みが増すことがあります。

筋肉が原因ということは、筋肉がケガをしているのと同じ。ケガをしている部分に対して、過度な刺激を加えることは良くないということなのです。

梨状筋症候群にはどんなストレッチがいい?簡単にできる方法3選

3-6 温めてはいけない時に温める

梨状筋症候群による痛みは、筋肉が原因で起きている場合と、炎症が原因で起きている場合もあります。

炎症が原因で痛みが出ている場合、例えばお風呂で体を温めると痛みが増すことがあります。ですから、炎症がある時は温めるのは逆効果ということ。

お風呂上がりはいつも痛みが強くなる。そんな時は温めてはいけない時とお考えください。

3-7 自己判断で薬を止める

痛み止め

梨状筋症候群で足が痛む場合、病院で痛み止めを処方されることが多いと思います。そんな時、痛み止めを自己判断で止めてしまうのは良くありません。

梨状筋症候群の痛みは、固まった筋肉が原因のことが多いです。しかし、筋肉以外に炎症による痛みが出ていることもあるのです。そんな時に必要なのが消炎鎮痛剤としての痛み止め。

痛み止めが処方されるということは、医師が炎症があると判断した結果。ですから、飲みたくないかもしれませんが、意味があって処方されていることを忘れないでくださいね。

4 やってはいけないことをして悪化した場合はどうすればいい?

梨状筋症候群でやってはいけないことを挙げてきました。では、もしやってはいけないことをしてしまい、痛みが悪化した場合はどうすればいいのでしょうか?

このことについて解説をします。

4-1 安静時にうずくなら痛み止め

飲み薬

梨状筋症候群による足の痛みがある時に、無理をして歩いたら夜中にズキズキとうずくように痛みが出るようになった。そんな時は、炎症が起きている可能性が高いです。

炎症による痛みに必要なのは、消炎鎮痛剤としての痛み止めです。病院で処方してもらっているのなら、用法・用量を守って飲むのが良いですね。

ただし、痛み止めは炎症が原因の痛みには有効ですが、筋肉が原因の痛みに対しての効果は期待できないでしょう。

梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

4-2 湿布を貼る

梨状筋症候群による足の痛みが、無理をして歩いた後に強くなった。そして、夜痛みで目が覚めるようにもなってしまった。そんな時には、湿布を貼るという方法も良いでしょう。

夜間に痛みで目が覚めるという場合は、炎症による痛みの可能性が高いです。湿布は貼る消炎鎮痛剤ですから、夜痛くて目が覚めるなら貼ってみてください。

ただし、かぶれやすい方は注意してくださいね。

4-3 温めて安静にする

梨状筋症候群の痛みが強くなり、その時の原因が筋肉にある。そんな場合は、温めて安静にするという方法が良いでしょう。

固まった筋肉が原因で痛みが出ている状態で、さらに筋肉に負荷がかかると痛みが増すことがあります。ですから、温めて筋肉の疲労を取り、安静にするのが良いということですね。

お風呂上がりは痛みが少し楽になる。そんな状態なら温めるのが良いですね。ただし、温めて痛みが増す場合は炎症が原因ですから温めないように注意してくださいね。

5 筋肉が原因の痛みにはこんな施術もある

梨状筋症候群

梨状筋症候群による痛みが、やってはいけないことをして悪化してしまった。その時の原因が筋肉にある場合は、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉に対して施術をする鍼の方法です。そのため、筋肉に負荷がかかって痛みが出てしまった梨状筋症候群なら施術をすることが可能です。

歩いたり、立ったままでいると痛みが強くなる。お風呂に入った後は少し楽。そんな状態なら筋肉が原因ですから、トリガーポイント鍼療法で施術ができるということになります。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

6 梨状筋症候群でやってはいけないことが気になる方へ

梨状筋症候群になってしまった場合に、やってはいけないことについて解説してきました。

やらなくて良かったとか、すでにやってしまっていたということがあったかもしれません。こういったことは、何が原因で痛みが出ているかを知れば理解しやすいと思います。

固まった筋肉が原因で痛みが出る。この事実を知っているだけでも、何かに取り組もうと思った場合の判断基準になると思います。

神経が圧迫されることが原因と思ってしまいがちですが、実はそうではなく筋肉に原因がある。だから、筋肉に必要以上の負荷をかけることは良くない。

理屈が分かれば非常にシンプルだと思います。早く良くなりたいとの思いから、何か始めたくなるという気持ちは分かります。ですが、安静にすることことが最も良い場合も多々あるのです。

梨状筋症候群の原因、やってはいけないこと、そして悪化してしまった場合には対策もあるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みで歩けないという方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群でお尻から足にかけて痛みがある時に、やってはいけないことは筋肉に負荷をかけること。なぜなら、神経ではなく筋肉が原因で痛みが出ていることが多いから
  • 固まった筋肉が原因で痛みが出ている場合、ウォーキング、スポーツ、過度なマッサージやストレッチはやってはいけない
  • やってはいけないことをして、梨状筋症候群の痛みが悪化してしまった。その場合は、炎症と筋肉のどちらが原因かによって対策が異なる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加