臀部痛の原因は?梨状筋症候群でお尻がズキズキ痛む場合の対処法

臀部の痛み
Pocket

臀部痛の原因の1つに、梨状筋症候群があります。

梨状筋というのは臀部にある筋肉のこと。その筋肉が原因で、座っているとイスに当たるお尻の部分が痛くなるとか、歩いていると痛くなるなどの状態になってしまう症状が梨状筋症候群。

この臀部痛の原因ですが、梨状筋という筋肉に坐骨神経が圧迫されることで痛みが出ると言われます。ですが、本当の原因は別にあるというのが実情。

つまり、神経が原因ではない状態に対して、神経への治療をしていても臀部痛は続いてしまうということ。では、本当の原因と、本当に必要な対処は何か?

梨状筋症候群で臀部痛がある場合の原因や、どういう対処法があるのかなどについて解説しています。

臀部痛がある方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群による臀部痛の原因

黒板

梨状筋症候群で臀部が痛む。この場合の原因は、梨状筋という筋肉によって坐骨神経が圧迫されるのではなく、梨状筋やその他の筋肉が固まってしまった結果痛みが出ているのです。

筋肉は固まってしまうと、強い痛みの原因になります。痛みとしては神経痛のような痛みでも、実際には筋肉そのものが痛みを出していて、神経は正常なことがほとんど。

座っていて臀部が痛くなった時、立ち上がると楽になる。これは、神経圧迫がなくなったからではなく、筋肉への負担がなくなったからなのです。

2 臀部痛の原因になりやすい筋肉

梨状筋症候群による臀部痛の原因は、神経圧迫ではなく筋肉にあるということをお伝えしました。

では、具体的にどういう筋肉が臀部痛の原因になりやすいのかについて解説を続けます。

2-1 臀部痛の原因になりやすいのは2カ所

梨状筋症候群と言われて臀部が痛む場合でも、その痛みの原因は臀部だけとは限りません。原因になりやすいのは複数箇所あり、そのうち特に原因になることが多いのは2カ所。

  1. 腰の筋肉
  2. お尻の筋肉

個人差はありますが、臀部が痛む場合にはこの2カ所の筋肉が痛みの発生源になっていることが多いです。

2-2 臀部痛の発生源

臀部痛の発生源は、主に腰とお尻の2カ所にあるとお伝えしました。では、腰とお尻のどの辺りが原因になりやすいのかを写真で解説します。

2枚の写真をご覧ください。

臀部痛1

腰の筋肉が臀部痛の原因になりやすい

臀部痛2

お尻の筋肉が臀部痛の原因になりやすい

2枚の写真それぞれに、バツ印と赤い印をつけています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印の部分に痛みが出ることがあります。

腰の場合は臀部から離れていますが、このように離れた部分に痛みを出すのが筋肉に原因がある時の特徴。こういった痛みは、筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。

3 臀部痛に湿布は有効?

湿布

痛みがある時に、湿布を貼る。多くの方が連想することではないでしょうか。では、筋肉が固まったことによる臀部痛に対して湿布はどうなのでしょう?

筋肉が原因で痛みが出ている場合は、残念ながら効果はあまり期待できないでしょう。なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤なので、炎症が原因の痛みに対して有効だからです。

ですが、湿布には固まった筋肉を緩める作用はありません。そのため、炎症による痛みが出ているなら湿布は良いですが、そうでなければ効かないこともあるということですね。

4 臀部痛に痛み止めは効く?

痛み止め

梨状筋症候群で臀部痛がある場合、病院で処方される痛み止めは効くのでしょうか?このことに関しても、痛みの原因が何かによって結果が変わります。

例えば、ロキソニンは飲む消炎鎮痛剤です。そのため、炎症によって臀部痛があるなら有効。ですが、固まった筋肉が原因なら、痛み止めを飲んでも変わらない可能性が高いということ。

安静時に痛むなら炎症による痛みの場合が多いです。しかし、特定の姿勢や動作で痛むなら筋肉が原因。筋肉が原因なら、痛み止めの効果はあまりないでしょう。

梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

5 筋肉が原因の臀部痛はどうすればいいの?

固まった筋肉が原因で、臀部の痛みが出ている。そんな場合には、湿布や痛み止めの効果は期待できないということを解説しました。

では、筋肉が原因の臀部痛はどうすればいいのか?簡単に取り組める対策と注意点などを説明します。

5-1 温める

シャワー

固まった筋肉が原因で臀部に痛みがある場合、お風呂で温めるのが良い場合があります。

温めることで筋肉が緩み、痛みの緩和の手助けになるということですね。お風呂上がりは臀部の痛みが少し楽な場合は、温めるようにしてみてください。

ただし、温めると痛みが増す場合は炎症がある証拠。そんな時は、温めないのが良いということになります。また、楽になる場合でも、過剰に温めないよう気をつけてくださいね。

5-2 ストレッチ

腰のストレッチ

固まった筋肉が原因で臀部痛が出ている。そんな場合には、筋肉をストレッチするという方法もあります。

温めることと同様、筋肉を緩めることを目的に行います。お尻をトントンと拳で叩きたくなる。そんな状態なら、腰やお尻の筋肉を優しく丁寧に伸ばすようにしてみてください。

ただし、ストレッチはやり過ぎると後から痛みが出ることもあります。ですから、適度な加減と時間で行ってくださいね。

梨状筋症候群にはどんなストレッチがいい?簡単にできる方法3選

5-3 マッサージ

固まった筋肉が原因で臀部が痛むなら、その筋肉をマッサージするということも良いでしょう。

コリ感がある部分を優しくマッサージしてみてください。自分の指ではやりにくいという場合、通販などでマッサージ用のボールがありますので、そういった道具を使うと便利ですね。

ただし、マッサージもストレッチと同様やり過ぎないよう気をつけてください。お風呂上がりに、ストレッチと組み合わせて行うと良いですね。

6 筋肉が原因の臀部痛にはこんな施術もある

梨状筋症候群

梨状筋症候群になり、固まった筋肉が原因で臀部が痛い。そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの発生源になっている臀部や腰、その他の筋肉を施術する方法です。鍼なので電気治療とは違い、梨状筋など深部の筋肉への施術も可能。

運転中に臀部が痛くなる、デスクワークで座っているとお尻が痛くて立ち上がりたくなる。そんな場合は筋肉が原因なので、トリガーポイント鍼療法での施術ができるということですね。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

7 梨状筋症候群で臀部痛がある方へ

梨状筋症候群で、臀部痛がある場合の原因について解説をしてきました。神経に原因があると思っていた方は多いのではないでしょうか。

そう思ってしまうのは、実際に神経痛のような痛みがするので仕方がないと思います。ですが、何でも神経が原因ではありません。さらに、神経が原因で痛みが出ている方はほとんどいません。

筋肉が原因で強い痛みが出ている方は多いです。ですが、神経が原因という前提で治療が行われているのが現状。そのため、痛みがいつまでも続いてしまっているのです。

今回の解説で、神経ではなく筋肉が原因ということはご理解いただけたのではないかと思います。そして、筋肉が原因の場合、どういう対処法があるのかということも。

臀部痛と言っても、原因は複数考えられます。そして、原因によって対処法も異なります。

いろいろ試しているけれど、臀部の痛みが続いている方は筋肉に原因がある可能性が高いです。そんな場合には、いくつかの対処法があるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群による臀部痛でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群に伴う臀部痛の原因は、坐骨神経が圧迫されることではなく梨状筋やその他の筋肉が固まったことにある
  • 臀部痛の原因になりやすい筋肉は、主に腰とお尻の2カ所。この2カ所にある筋肉が固まって、臀部に痛みを出していることが多い
  • 臀部痛の原因が固まった筋肉にある場合、湿布や痛み止めは消炎鎮痛剤なので効果は期待できないことが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加