梨状筋症候群は温めるべき?温めるのが良い時とダメな時の違いや理由

考える女性
Pocket

梨状筋症候群は温めると良いのかな?

梨状筋症候群になり、お尻や足の痛み・しびれなどがある場合、温めることが効果的かなと思った方は多いのではないでしょうか?実際に、温めることで症状が楽になったという方もいるでしょう。

では、梨状筋症候群になったら、誰でも温めるのが良いかというとそうではありません。痛みやしびれがある、だから温めれば良いというほど単純ではないのです。

温めるのが良い状態の時もあれば、温めることが逆に痛みやしびれの悪化につながってしまうこともあるというのが実情。

では、どんな時に温めるのが良いのか?そして、温めてはいけないのはどういう時か?その違いや理由などについて解説をしています。

梨状筋症候群で温めるべきかどうか迷っている方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群で温めるのが良い時はこんな時

黒板

梨状筋症候群で温めるのが良い時はどういう時か?簡単に言うと、体が温まると症状が楽になる時です。

体が温まることで、お尻や足の痛み、足のしびれなどが少し軽くなる。そんな場合は、温まることで痛みの元になっている筋肉が緩むため軽くなったと考えられます。

例えば、お風呂上がりは少し痛みやしびれが軽くなる。そんな状態なら温めるのが体にとって良い状態の時ということが言えますね。

2 こんな場合も温めるのが良い状態の時

梨状筋症候群で、温めると良い時は先ほど挙げた場合以外にもあります。

  1. 安静にしていると症状が出ない
  2. 夜痛みで目が覚めることがない

こんな場合なら、温めることが症状に取ってプラスに働く場合です。なぜそう言えるのかについて説明しますね。

2-1 安静にしていると症状が出ない時は温めるのが良い

リラックス

梨状筋症候群による痛みやしびれなどが、安静にしている時は出ない。そんな時は、体を温めても良い状態の時です。

梨状筋症候群の症状は、固まった筋肉が原因で出ます。ですから、安静にしている時、つまり筋肉を動かしていない時に楽ということは、温めるのが良い状態ということ。

お風呂やサウナでも良いですし、冬場なら気になる部分にカイロを貼るなどでも良いです。筋肉を温めるようにしてみてください。

梨状筋症候群の原因は?お尻や足の痛みの原因と知って欲しい7つのこと

2-2 夜痛みで目が覚めることがない時は温めるのが良い

寝る女性

梨状筋症候群になり、日中は痛むけれど、夜痛みで目が覚めることはない。そんな状態なら、温めても良い時です。

梨状筋症候群の痛みは、炎症が原因で起きていることがあります。炎症による痛みとは、簡単に言うと熱による痛み。そして、炎症による痛みは、寝ている時のような安静時に出ることが多いです。

つまり、夜痛みで目が覚めないなら、炎症は起きていないと考えられます。ですから、この場合は温めても大丈夫な時と言えるのです。

梨状筋症候群の痛みで眠れない!目が覚める原因と熟睡に必要な8項目

3 梨状筋症候群で温めてはいけない時

ふくらはぎの痛み

梨状筋症候群で温めてはいけないのは、炎症による痛みが出ている時です。

先ほども触れましたが、炎症による痛みは夜間に出ることが多いです。夜中に痛みで目が覚めることが続いている。そんな時は、炎症の痛みがある時ですから温めない方が良い時と言えます。

夜中に痛みで目が覚めるとか、お風呂上がりは痛みが少し強くなる。また、安静時にズキーンとうずくことが多い。そんな場合は、温めてはいけない時と思ってください。

4 温めて痛みが強くなってしまったらどうすれば良いの?

痛み止め

梨状筋症候群で痛みやしびれがある場合、温めると逆に症状が悪化する場合があることは解説しました。では、もし痛みが強くなった場合はどうすれば良いのかについて解説します。

4-1 痛み止めを服用する

温めることで梨状筋症候群の症状が悪化してしまった。そんな場合、病院で痛み止めをもらっているなら服用するのが良いですね。

温めて痛みが強くなったということは、炎症が強くなってしまったということ。ですから、消炎鎮痛剤としての痛み止めが良いということになります。

病院でロキソニンを処方されている場合は、医師が炎症があると判断しているからです。ですから、こういう場合は痛み止めを飲むのが良いですね。

4-2 湿布を貼る

温めることで梨状筋症候群の痛みが強くなってしまった場合、痛み止め以外には湿布を貼るという方法もあります。

痛み止めは飲む消炎鎮痛剤。一方、湿布は貼る消炎鎮痛剤です。かぶれやすい方には不向きですが、そうでなければ気になる部分に貼ってみてください。

冷湿布が良いですね。一日中貼るのが嫌なら、寝る前に貼って朝になったら取るということでも良いでしょう。

梨状筋症候群でお尻や足が痛む時におすすめの湿布を貼る場所4ポイント

4-3 冷やす

最もシンプルな方法ですが、梨状筋症候群の痛みが温めた後から強くなった場合は冷やすのが良いです。

タオルを濡らして患部に当てたり、市販の冷却シートを使うという方法でも良いですね。過剰に冷やす必要はありません。少し冷やして痛みが落ち着いてきたら止めれば良いです。

5 温めること以外の対策は?

梨状筋症候群による痛みがある場合、温めること以外にはどういう対策があるのか。いくつか紹介していきます。

5-1 腰やお尻の筋肉をマッサージ

梨状筋症候群の症状は、固まった腰やお尻の筋肉が原因で出ています。ですから、温める以外の方法として腰やお尻の筋肉をマッサージするのは良いですね。

強くマッサージし過ぎたり、長時間する必要はありません。お風呂上がりで、体が温まって筋肉も少し緩んでいる時に軽く行ってみてください。

梨状筋症候群にはどんなストレッチがいい?簡単にできる方法3選

5-2 腰やお尻の筋肉をストレッチ

マッサージと同様、腰やお尻の筋肉をストレッチするという方法も良いですね。

お風呂上がりで体が温まっている時にマッサージをして、その後、軽く伸ばしてみてください。決してやり過ぎないように気をつけてくださいね。

5-3 専門的な方法ならこの施術

梨状筋症候群

梨状筋症候群の痛みやしびれに対して、温めるということ以外で専門的な方法があります。それは、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉に鍼をする方法です。ですから、梨状筋症候群によるお尻や足の痛み、足のしびれなどであれば施術をすることができます。

温めることで症状が楽になる。そんな場合は炎症は治まっていて、筋肉が原因の痛みが残っている状態ですから施術の対象になるということですね。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

6 梨状筋症候群で温めるかどうかを迷っている方へ

梨状筋症候群の痛みやしびれがある時は、温めて良い時とダメな時がある。そして、どういう時が良くて、どういう時はダメなのかについて解説してきました。

温めるというと、良いイメージがあると思います。ですが、今回解説したように炎症に伴う痛みがある場合はマイナスです。

こういうことは、知らないと間違ってしまいますよね。ですが、もし間違って症状が悪化した場合でも、ちゃんと対策はあるのです。

痛み止めは飲みたくない、飲んでも効かない。こう思う方は多いです。ですが、痛み止めが必要な場合もあるということは、今回の解説でご理解いただけたのではないでしょうか。

また、温めて楽になる場合は筋肉が原因。その場合は筋肉が原因なので、筋肉を緩めることを目的とした対策が良いということも解説をしました。

温めるのが良い時、ダメな時には理由があるということ、そして温める以外の対策もちゃんと対策があるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群によるお尻や足の症状でお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群で温めるのが良い時は、温めることで症状が楽になる場合。例えば、お風呂上がりは痛みが楽になるなら温めて良い状態と言える
  • 梨状筋症候群の痛みは、炎症が原因で起きている場合もある。こういう時に温めてしまうと、炎症が増して症状が悪化することがあるので要注意
  • もし、温めることで梨状筋症候群の症状が増してしまった場合は、消炎鎮痛剤としての痛み止めや湿布、または冷やすという方法が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加