坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所はどこ?4つのポイントとその理由

4
Pocket

坐骨神経痛で足が痛む時、湿布を貼ると良い場所はどこかな?

こう思う方は多いのではないでしょうか。足が痛むなら、足に湿布を貼れば良いと思いますよね。ですが、実際には足以外にも貼ると良い場所はあります。

では、坐骨神経痛になった場合、どこに湿布を貼るとより効果的なのか?また、なぜその場所へ貼ると良いのか?坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所とその理由について解説しています。

効果的な湿布を貼る場所を知りたい方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所は?

黒板

坐骨神経痛になってしまった場合に、湿布を貼ると良い場所は主に4カ所です。

  • お尻
  • 股関節周り
  • 足の痛みを感じる部分

この4カ所に、坐骨神経痛による足の痛みの原因があることが多いです。ですから、かぶれやすい方には不向きですが、そうでなければ4カ所に貼ってみてください。

2 坐骨神経痛になったらここに湿布を貼る

坐骨神経痛になった場合、湿布を貼ると良いのは4カ所ということをお伝えしました。では、その4カ所についてより具体的に解説します。

2-1 腰に貼る

腰に湿布を貼る

腰に湿布を貼る(右側の坐骨神経痛の場合)

坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所の1カ所目は腰です。腰の筋肉が原因で足に痛みが出ることがあります。そのため、腰に貼るのが良いということ。

前屈したり、腰を反らすと足に痛みが出るようなら、腰に湿布を貼ってみてください。

2-2 お尻に貼る

お尻に湿布を貼る

お尻に湿布を貼る(右側の坐骨神経痛の場合)

坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所の2カ所目はお尻です。お尻の筋肉が原因で足に痛みが出ることがあります。そのため、お尻に貼るのが良いということ。

歩いたり、立ったままでいると足が痛くなってくるようなら、お尻に湿布を貼ってみてください。

2-3 股関節周囲に貼る

股関節に湿布を貼る

股関節周囲に湿布を貼る(右側の坐骨神経痛の場合は右に貼る)

坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所の3カ所目は股関節周囲です。股関節周囲の筋肉が原因で足に痛みが出ることがあります。そのため、股関節周囲に貼るのが良いということ。

デスクワークなどで、長時間座ったままでいるとだんだん足が痛くなるようなら、股関節周囲に湿布を貼ってみてください。

2-4 足の痛む部分に貼る

ふくらはぎの外側に湿布を貼る

足の痛む部分に湿布を貼る(右側の坐骨神経痛の場合は右に貼る)

坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所の4カ所目は足の痛む部分です。痛みを感じる部分そのものが原因で痛みが出ることがあります。そのため、足で痛みを感じる部分に貼るのが良いということ。

太ももの裏やふくらはぎ、ふくらはぎの外側、脛などで、痛みを感じる部分があるならそこへ湿布を貼ってみてください。

3 坐骨神経痛で湿布を貼ると良いのはなぜ?

考える女性

坐骨神経痛になった場合に湿布を貼ると良い理由は、坐骨神経痛の痛みが炎症によって出ている場合があるからです。

痛みの原因は神経のイメージがあるかもしれませんが、炎症が原因の場合も多々あります。そんな場合に必要なのは消炎鎮痛剤。湿布は貼る消炎鎮痛剤なので炎症に対しては良いということ。

安静にしている時に、ズキーン、ズキーンと体の中からうずくように痛む。そんな場合は炎症の可能性が高いですから、湿布を貼るのが良いということですね。

4 温湿布と冷湿布どっちが良いの?

女性

坐骨神経痛で湿布を貼る場合、温湿布と冷湿布どちらが良いか迷うかもしれません。この場合は、どちらでも良いというのが正解。好みの問題という程度に思ってもらって良いです。

どちらも消炎鎮痛剤です。ただ、炎症が原因ですから、冷湿布の方が貼った感じとしては心地よく感じることが多いでしょう。

特にこだわりがなければ冷湿布。また、お風呂に入った後はかなりズキズキうずく。そんな場合は冷湿布が良いですね。

5 湿布を貼っても痛むならこの施術

痛い

坐骨神経痛になり、湿布を貼っても痛みが続いている。そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

湿布が有効なのは、炎症が原因で起きている痛み。坐骨神経痛の原因は、炎症だけではなく筋肉の場合もあります。そして、筋肉が原因の痛みには湿布は効きません。

湿布を貼ったことで、安静時の痛みは治まった。でも歩くとやっぱり痛い。そんな場合は、筋肉が原因の痛みですから筋肉の状態を良くする必要があるということですね。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

6 坐骨神経痛でお悩みの方へ

坐骨神経痛になった場合に、湿布を貼ると良い場所について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

腰やお尻、股関節周りに貼るというのは、もしかしたら意外に思った方もいるかもしれません。また、炎症が原因の場合に湿布が良いということについても同じかもしれませんね。

湿布は炎症による痛みに対しては効果が期待できます。ですが、痛みの原因は筋肉の場合もあり、その場合には他の対策が必要なのです。

痛みの原因が複数ある。そして、それぞれに対して必要な対策もある。こういうことが分かれば、気持ちの上では安心できるのではないでしょうか。

かぶれやすい方には不向きですが、上手に湿布を利用してみてくださいね。そして、筋肉が原因の場合もあるということを覚えてもらえればと思います。

坐骨神経痛で湿布を貼っても痛みがまだあるという方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛で足に痛みがある時に湿布を貼ると良い場所は、腰、お尻、股関節周り、足の痛む部分の4カ所
  • 湿布は消炎鎮痛剤なので、炎症が原因の痛みが出ている場合には効果が期待できるが、それ以外が原因の場合には効果は期待できない
  • 温湿布か冷湿布のどちらが良いかで迷った場合は、とくにこだわりがなければ冷湿布が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加