坐骨神経痛による足の痛みがくしゃみで強くなるのはなぜ?理由と対処法

くしゃみ
Pocket

坐骨神経痛で足の痛みがある時に、くしゃみをすると足に強い痛みがはしる。

なぜ、くしゃみをすると坐骨神経痛の痛みが増すのでしょうか?もしかして、ひどい状態なのでしょうか?こういったことが気になりますよね。

坐骨神経痛になっている時に、くしゃみで強い痛みがはしったり、悪化したりするのは特別重症というわけではありません。

もちろん、気をつけなければいけないことなのですが、決して珍しいことではないのです。

坐骨神経痛でくしゃみをした時に痛みが増す理由。そして、坐骨神経痛の痛みやくしゃみの対処法について解説しています。

くしゃみが心配な方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛の痛みがくしゃみで増すのはなぜ?

黒板

坐骨神経痛の痛みが、くしゃみをした時に増す理由はとっても簡単。くしゃみの反動で、筋肉が動くことによって痛みが響くからです。

坐骨神経痛が出る病気の代表例には椎間板ヘルニアがありますが、神経圧迫より坐骨神経痛が出るとされています。そのため、くしゃみによってさらに神経が圧迫されたからと思ってしまうかもしれません。

ですが、ほとんどの坐骨神経痛は神経圧迫とは無関係。筋肉が固まったことで痛みが出ています。

重いものを持ち上げようとして力を入れた時に、腰に痛みがはしることがありますね。くしゃみで痛みが増すのも理屈は同じ。くしゃみの反動で、急に体が動くため痛みがはしるのです。

2 坐骨神経痛でくしゃみが出そうになったら

くしゃみ

坐骨神経痛で足に痛みがある時に、くしゃみが出そうになったら気をつけて欲しいことが2つあります。これをすることで、多少は衝撃を緩和することにつながります。

  1. 身構える
  2. どこかに捕まる

この2つですね。くしゃみは急に出ると思うので、難しいかもしれません。ですが、普段どおり勢い良くくしゃみをすると、ズキーン!と足に痛みが響くこともあります。

さらに、一時的なら良いですが、くしゃみがきっかけて坐骨神経痛が悪化することも考えられます。ちょっと気をつけるだけでも違いますから、この2点には注意してみてくださいね。

3 くしゃみの影響を受けやすい筋肉

坐骨神経痛は、固まった筋肉が原因で足に痛みが出ることが多いです。では、筋肉が原因なら、どの筋肉が原因になりやすく、くしゃみの影響を受けやすいのか?

写真で解説しますのでご覧ください。

くしゃみの影響を受けやすい筋肉

腰とお尻にバツ印をつけています。そして、腰やお尻の筋肉が固まってしまうと、矢印の先にある太ももやふくらはぎに痛みが出るようになります。

腰やお尻が固まっていて、坐骨神経痛による足の痛みの原因になっている。その筋肉の状態で勢い良くくしゃみをすると、くしゃみの反動で腰やお尻の筋肉が影響を受ける。

だから、くしゃみをした途端に痛みが増すことがあるわけですね。そのため、ちょっと身構えたり、どこかにつかまるのが良いということですね。

4 くしゃみで悪化してしまったらどうすればいい?

腰

くしゃみをした途端、坐骨神経痛による足の痛みなどが悪化してしまった。そんな場合はどうすれば良いのかについて解説します。

4-1 激痛になり動くことがかなり困難になった

くしゃみをした途端に、足に激痛がはしり動くことも困難なくらい痛くなってしまった。こういう場合、まずはしばらく安静です。

動くことすら困難なわけですから、まずは動かず落ち着くまで安静。そして、少し動けるようになってもまだ激痛なら、整形外科を受診しましょう。

4-2 痛みが少し強くなり熱感もある

くしゃみと同時に痛みがはしり、いつもより足の痛みが少しだけ強くなった。ただ、熱感があるような感じがしてズキズキとうずく。

そんな場合は、うずく部分を冷やしましょう。冷湿布や冷却シートのようなもので構いません。熱感があるということは、炎症による痛みが出ていることも考えられます。

もし、病院で消炎鎮痛剤をもらっているなら、その痛み止めを飲むというのも良いですね。

5 くしゃみで増した痛みにはこんな方法もある

痛い

坐骨神経痛による足の痛みが、くしゃみをしたと同時に増してしまった。そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

坐骨神経痛といっても、原因は固まった筋肉にあることがほとんど。その固まった筋肉に対して鍼の施術をするのがトリガーポイント鍼療法。

湿布や痛み止めが良い場合もありますが、筋肉が原因の場合にはそれらの効果は期待できません。筋肉が原因なら、直接筋肉を施術するのが良いということですね。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

6 くしゃみで坐骨神経痛の痛みが増してしまった方へ

くしゃみ程度のことで、坐骨神経痛の痛みが増してしまう。本当かな?と思った方もいるかもしれませんが、実際に経験済みの方ならよくお分かりだと思います。

また、坐骨神経痛の痛みが、固まった筋肉に原因があるというのも本当かな?と思った方も多いでしょう。

ですが、くしゃみにしても、坐骨神経痛の原因にしてもどちらも事実。ちょっとしたことで痛みが増しますし、神経ばかりが痛みの原因ではないということ。

くしゃみは難しいかもしれませんが、今回紹介したように衝撃を少しでも緩和させる方法はあります。そして、筋肉が原因の痛みについても対策はあります。

ただでさえ痛い坐骨神経痛。その痛みがくしゃみで悪化した場合でも、対策はいろいろいあるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛による足の痛みでお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛による足の痛みがくしゃみで増してしまうのは、くしゃみの反動によって筋肉が自分の意志に反して大きく動かされるから
  • 坐骨神経痛の原因は神経ではなく固まった筋肉にある。そのため、くしゃみが出そうになったら筋肉の衝撃を和らげるため身構えるかどこかにつかまるのが良い
  • くしゃみと同時に痛みが増してしまったら、激痛なら病院へ、軽い痛みなら湿布や痛み止めで対応してみる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加