坐骨神経痛で太ももが痛い!原因と具体的な対処法がわかる7ポイント

太ももの痛み
Pocket

坐骨神経痛で太ももが痛い。

歩くと痛いし、前かがみや寝返りをした時も、太ももの裏で少し外側が痛くなる。座っていても、だんだん痛くなるので長時間座り続けるのは無理。

こんな状況困りますよね。では、坐骨神経痛で太ももが痛くなるのはなぜでしょうか?そんなの神経が原因じゃないの?と思う方は多いかもしれません。

ですが、実は坐骨神経痛という名前が付いていても、神経が原因で太ももが痛むことは少ないです。そして、原因が神経ではないということは、薬や注射が効かないことも多いのが実際。

坐骨神経痛で太ももが痛む時の原因は何か?そして、神経が原因ではなければどういう対処法があるのか?

坐骨神経痛で太ももが痛む方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で太ももが痛む場合の原因

黒板

坐骨神経痛で太ももが痛む原因は、神経が圧迫されているとか、骨に神経が触れている場合は少ないです。そうではなく、固まった筋肉が原因で痛みが出ていることが多数。

太ももの裏側で少し外側が痛むことが多いのではないでしょうか。こういった痛みは、筋肉が固まったことによる筋膜性疼痛症候群と呼ばれる痛み。

歩くとか、前かがみになる、寝返りを打つ。こういった動作に伴って太ももに痛みがはしるなら、固まった筋肉が原因とお考えください。

2 太ももの痛みで考えられるもう1つの原因

坐骨神経痛で太ももが痛む場合に、考えられる原因がもう1つあります。それは炎症。

炎症というのは、熱を持っている状態のことです。風邪を引いて熱がある時に、関節が痛むということがあると思います。イメージとしてはあの痛みに近いですね。

筋肉が原因の場合は、動作に伴って痛みが出ることが多いです。一方、炎症が原因の場合は、睡眠中などの安静時にうずくように痛むという特徴があります。

3 太ももの痛みの原因になりやすい3つのポイント

坐骨神経痛で太ももの痛みの原因が筋肉にある。その場合、主にどこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

太ももの痛みの原因になりやすい筋肉

腰、お尻、太ももの3カ所の筋肉が原因になりやすい

腰、お尻、太ももの裏にバツ印を付けています。このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、太ももの痛みの原因になりやすいです。

腰やお尻は、太ももからは離れているので痛みの原因になるのは不思議に思うかもしれません。ですが、これは関連痛といって、筋肉に原因がある場合に見られる特徴の1つなのです。

そのため、腰、お尻といった離れた部分でも、その部分の筋肉が動いた時に太もものような離れた所に痛みが出るようになるのです。

4 坐骨神経痛なら痛み止めはどうなのか?

薬

坐骨神経痛で太ももの痛みがある場合、痛み止めを飲むのはどうかと思う方もいると思います。痛み止めに関しては、炎症が原因なら有効、筋肉が原因なら効果は期待できないでしょう。

痛み止めは、神経に対してと炎症に対してのものがあります。坐骨神経痛で太ももが痛むのは、炎症か神経が原因の場合が大半。そのため、炎症による太ももの痛みなら有効でしょう。

痛み止めを飲んだ結果、夜は痛みで目が覚めることがなくなった。でも日中動く時は痛い。そんな状態なら、炎症の痛みは治まったけれど、筋肉が原因の痛みは残っているということですね。

痛み止めを飲んでも効かない坐骨神経痛による足の痛みの原因と対処法

5 太ももに湿布を貼るのは有効か?

湿布

坐骨神経痛による太ももの痛みに、湿布はどうかと思う方も多いと思います。湿布に関しては、先ほどの痛み止めと同じで炎症が原因の痛みなら良いでしょう。

湿布は消炎鎮痛剤ですから、太ももの痛みが炎症によるものなら太ももに貼るのが良いです。ですが、筋肉が原因の場合なら、湿布を貼っても変わらないという結果が予測できます。

太ももで痛む部分に貼ってみて、痛みが少し緩和するなら貼り続けてみるのが良いですね。

坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所はどこ?4つのポイントとその理由

6 筋肉が原因の太ももの痛みはどうすればいい?

痛い

坐骨神経痛による太ももの痛みが固まった筋肉にある。その場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を、緩めることを目的とした施術がトリガーポイント鍼療法。そのため、坐骨神経痛による太ももの痛みの原因が筋肉にあるなら施術が可能ということですね。

歩く、前屈をする、腰を反らす、車から降りるなど。こういった動作時に太ももが痛むなら、筋肉に痛みの発生源があると考えられます。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛で太ももが痛む方へ

坐骨神経痛になってしまい、太ももが痛むと仕事や日常生活で困ることが増えると思います。特に、炎症による痛みもあるなら夜も痛くて眠れませんよね。

ただ、坐骨神経痛といっても今回解説したように、神経が原因ではなく筋肉や炎症が原因のことがほとんどなのです。

ですから、太ももの痛みに対していろいろ治療を受けたけれど良くならない。そんな場合は、まだ原因が残っているということが考えられます。

そして、その場合は特に筋肉が固まったままのことが多いですね。こういうことが分かってしまえば、痛みはあっても不安は少し減るのではないでしょうか。

坐骨神経痛で太ももが痛む。そんな場合の原因は、実は固まった筋肉にあるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛による太ももの痛みでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛で太ももが痛む場合の原因は、神経の場合は少なく、固まった筋肉や炎症にあることが多い
  • 腰、お尻、太ももの筋肉が固まってしまうと、坐骨神経痛特有の締め付けられるような強い痛みの原因になる
  • 太ももの痛みの原因が炎症にある場合なら、消炎鎮痛剤としての痛み止めや湿布が有効と考えられる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加