坐骨神経痛で足のしびれがある方に知って欲しい原因や対策7ポイント

足のしびれ
Pocket

坐骨神経痛による足のしびれは、何が原因でどうすれば良いのでしょうか?

しびれだから、神経が原因では?こう思う方は多いと思います。ですが、実際には神経が原因で足のしびれが出ている坐骨神経痛の方はかなり少数。

そして、神経が原因ではないのに、神経が原因で足のしびれが出ているという前提の治療が行われていることも同様です。

では、坐骨神経痛による足のしびれは何が原因なのか?そして、神経が原因ではない時は、どういうことする必要があるのか?

坐骨神経痛による足のしびれについて解説しています。

ビリビリ・ジンジンといった足のしびれがある方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛による足のしびれは何が原因?

黒板

坐骨神経痛による足のしびれは、神経よりも実は固まってしまった筋肉が原因で出ていることが非常に多いです。

意外に思うかもしれませんが、筋肉が固まってしまうとしびれや痛みといった症状の原因になります。こういった筋肉が原因の場合を、筋膜性疼痛症候群と言います。

ビリビリ・ジンジンといった神経が原因のような足のしびれでも、歩くとか立ったままでいる時に出てくるなら筋肉が原因と考えられます。

2 神経による足のしびれならこうなる

ふくらはぎのしびれ

坐骨神経痛による足のしびれが、神経による場合なら神経特有の状態が見られます。そしてその場合は、神経に影響を与える病気がいくつかあります。

具体的にどういう状態かを解説しますね。

2-1 坐骨神経痛による足のしびれをもたらす病気

坐骨神経痛による足のしびれをもたらす主な病気をいくつか挙げてみます。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

これらは坐骨神経痛を引き起こす病気で、神経を圧迫することにより足にしびれや痛みが出る原因とされています。

2-2 神経圧迫は関係ないことが多い

先ほど挙げた病気により神経が圧迫され、その結果として足にしびれが出るとされています。

ただ、MRIの検査で神経圧迫になっていても、そうなっているだけのことが多いです。つまり、神経圧迫になっているだけで、それが足のしびれの原因ではないということ。

2-3 神経が原因の場合に見られる症状

坐骨神経痛による足のしびれが、神経圧迫による場合はしびれ以外にも症状が伴います。

例えば、膀胱直腸障害といった非常に重い症状であったり、麻痺になったりすることも考えられます。また、神経圧迫が原因なら、常に足のしびれがあるはず。

神経圧迫になっていても、こういった重い症状はない、さらに足のしびれも常ではないようなら神経以外が原因と考えられるのです。

3 筋肉が原因のしびれ3つの特徴

3つ

坐骨神経痛による足のしびれが、固まった筋肉に原因がある場合には主に3つの特徴があります。

それぞれについて解説しますね。

3-1 動作に伴って足のしびれが増す

坐骨神経痛による足のしびれの原因が、筋肉にある場合の特徴1つ目は、動作に伴って足のしびれが強くなるということ。

固まった筋肉がしびれの原因になっている場合、その筋肉を使うとしびれが増すということですね。

例えば、歩くとだんだん足のしびれが強くなる。そういう場合は、歩くことでしびれの原因になっている筋肉を使ったためしびれが強くなったと言えます。

3-2 特定の姿勢で足のしびれが増す

坐骨神経痛による足のしびれの原因が、筋肉にある場合の特徴2つ目は、特定の姿勢をした時に足のしびれが強くなるということ。

先ほどと同じ理屈になりますが、固まった筋肉を使って特定の姿勢を維持する。そのため、徐々にしびれが強くなってくるということですね。

立ったまま、座ったままの姿勢が続くとだんだん足がしびれてくる。こういう場合は、立つとか座るという姿勢を維持する筋肉を使ったためしびれが強くなったと言えます。

3-3 足のしびれに変動がある

坐骨神経痛による足のしびれの原因が、筋肉にある場合の特徴の最後3つ目は、足のしびれの状態に変動があるということ。

神経圧迫が原因なら、24時間変わらずしびれていなければおかしいです。ですが、日によって足のしびれが強い時や弱いので楽な時があるなら筋肉が原因。

体調が良い時は、足のしびれも弱いとかあまり感じない。逆に疲れている時はしびれが強い。これは、神経ではなく筋肉に影響を受けている証拠ですね。

4 足のしびれはどこが原因になりやすいのか?

坐骨神経痛による足のしびれが、筋肉に原因がある場合はどこが原因になりやすいのかを写真を使って解説します。

写真をご覧ください。

坐骨神経痛による足のしびれ

腰やお尻の筋肉が原因で足にしびれが出る

腰とお尻にバツ印をつけています。このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、太ももの裏からひざ裏、ふくらはぎなどにかけてしびれが出やすくなります。

もう1枚写真をご覧ください。

坐骨神経痛による足のしびれ

股関節周りの筋肉が原因で足にしびれが出る

股関節周りにバツ印をつけています。先ほどと同様、この辺りの筋肉が固まってしまった場合でも足にしびれが出やすくなります。

この場合は、傾向として脛や脛の外側、足の甲、つま先などのしびれの原因になりやすいです。また、脛の筋肉自体が足のしびれの原因になることも珍しくありません。

5 坐骨神経痛による足のしびれはどうすればいい?

薬

坐骨神経痛による足のしびれがある場合は、まず病院を受診することが大切です。

足のしびれは筋肉に原因があることが多いですが、神経が原因で起きている場合もあります。ですから、病院を受診して必要な検査などがあれば受ける。

そして、薬を飲む必要があるなら服用したり、その他、医師の指示があればちゃんとそれらに従うことが良いですね。

ただ、薬を飲んでも効かない場合があります。筋肉が原因で足がしびれる場合には、薬が効かないことが多いです。ですから、他にも方法はあるということですね。

6 筋肉が原因の足のしびれにはこんな方法もある

痛い

坐骨神経痛による足のしびれが筋肉に原因がある場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉が原因の場合は、薬が効かないこともあります。ですから、しびれの発生源である筋肉を施術することが必要なわけですね。

足のしびれに対して薬を飲んでも効かなかった。その場合には、こういった鍼の施術による筋肉への対策があるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛で足がしびれる方へ

坐骨神経痛というと、名前からして痛みのイメージがありますよね。ですが、痛みだけではなく足のしびれが出ることも多いです。

また、神経痛と名前が付いているのに、原因が神経だけではなく固まってしまった筋肉にもあるということは意外だったかもしれません。ですが、どちらも事実。

そして、筋肉が原因の場合もあるのですが、神経に対しての治療のみというのが大半になってしまっています。

薬や注射で良くなればそれはいいことです。ですが、薬や注射で良くならなければ手術というのはちょっと早いです。まだ、筋肉が原因の可能性が残っているのですから。

しびれ=神経ではありません。ですから、たとえ薬や注射がダメでも、筋肉が原因で足のしびれが出ることもあるという事実も忘れないでいただければと思います。

坐骨神経痛による足のしびれでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛による足のしびれは、神経よりも固まってしまった筋肉が原因で出ていることが多い
  • 神経が原因なら、重度の症状が出たり、常に足のしびれが出ている状態のことが多い
  • 腰、お尻、股関節周り、しびれを感じる足の筋肉そのものなどが坐骨神経痛による足のしびれの原因になっている

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加