五十肩で肩が痛い、肩甲骨の周りが痛い!そんな症状の原因は?

五十肩で肩が痛い、肩甲骨の周りが痛い!そんな症状の解消法
Pocket

五十肩になり肩が痛い。肩甲骨の周りも痛いし、腕も上がらない。薬を飲んだりリハビリも受けているけれど、一向に変わらない。

こういう状態が続くと不安になるかと思います。ですが、ご安心を。五十肩で肩が痛い場合の原因はハッキリしています。

では、五十肩で肩が痛い場合の原因などについてまとめました。

1 五十肩で肩が痛い場合の原因は何?

五十肩で肩が痛い場合、原因として考えられるものは筋肉です。

首や肩周り、背中、肩甲骨周囲の筋肉が縮んで硬くなってしまっている状態。そのため、痛みが出たり、動かそうとしても十分に動かないという状態になっているわけです。

他にも考えられるのは、炎症や石灰沈着です。

炎症というのは、簡単に言うと熱を持っている状態。なので、夜寝ていてズキズキとした痛みで目が覚めるということがある場合は炎症が起きている可能性が高いです。

もう1つの石灰沈着というのは、カルシウムが肩の関節周囲に溜まってしまった状態です。あまりひどい場合は手術も必要かもしれませんが、多くの場合はそこまでしなくても大丈夫です。

2 五十肩で肩が痛い症状にはどう対処すればいい?

五十肩で肩が痛い場合、その痛みに対処するにはいろいろな方法があります。ここでは、筋肉が原因で肩が痛い場合の対処法についてお伝えします。

筋肉が原因で肩が痛い場合は筋肉が硬くなってしまったことが原因ですので、硬い部分を緩めることが出来れば肩の痛みの対策になります。

そこで、筋肉への施術としてトリガーポイント鍼療法があります。一般的な鍼の施術とは異なり、筋肉に鍼をする施術です。

3 肩が痛い場合のトリガーポイント鍼療法

五十肩で肩が痛いという場合のトリガーポイント鍼療法の施術について説明します。

写真をご覧ください。

五十肩で肩が痛い症状に対するトリガーポイント鍼療法

首、肩、肩甲骨周りに施術をします

五十肩で肩が痛い症状に対するトリガーポイント鍼療法

首の前、鎖骨の下、肩の前面にも施術をします

2枚の写真それぞれにバツ印を付けています。

このバツ印の辺りにある筋肉が硬くなると、五十肩で肩が痛いという症状の原因になります。トリガーポイント鍼療法による施術はこのバツ印の部分の筋肉に対して行うことになります。

4 五十肩で肩が痛い場合のセルフケア

五十肩で肩が痛い場合のセルフケアについてお伝えします。

いろいろ方法はありますし、肩の痛みの程度によっても異なりますが、簡単に取り組めるものを紹介します。

  • 安静
  • 保温(楽になるなら温める)
  • 湿布

セルフケアとしてはこの3つが簡単です。

無理に動かさず、温めることで楽になるなら温め、寝る前に湿布を患部に貼って寝る。

こういったケアが良いですね。

5 五十肩で肩が痛い場合にやってはいけないこと

五十肩で肩が痛い場合にやってはいけない事は、無理に動かすということです。

なぜかわかりませんが、五十肩は動かせばよいという認識があるようです。また、動かさないと固まってしまって動かなくなるという間違った認識もあるようです。

そんなことはありません。

例えばですが、腰が痛い場合に動かしたほうが良いという発想にはなりませんよね。

肩が痛い場合でも同じです。特に筋肉が原因で痛みが出ている場合は無理に動かすと後から痛くなることが多いですし、いつまでも痛みが引かなくなってしまいます。

絶対に動かしてはいけないということではなく、痛みの程度で判断しなければいけないということですね。症状がかなり軽くなってきたなら動かして可動範囲を広げるようにするのも良いでしょう。

しかし、痛みがあるのに無理にでも動かすというのは絶対に避けてください。

まとめ

  • 五十肩で肩が痛い場合の原因は、筋肉が硬くなってしまったことにあるケースが多い
  • 筋肉が硬くなったことで痛みが出ている五十肩にはトリガーポイント鍼療法という施術がある
  • 筋肉が硬くなったことで痛みがある場合無理に肩を動かすことは厳禁

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加