腕を上げると肩が痛い!痛くて動きが悪くなる五十肩とは?

腕を上げると肩が痛い!痛くて動きが悪くなる五十肩とは?
Pocket

腕を上げると肩が痛い、服を着る時も、肩を回す時も痛くて動かしづらい。

こういう状態は五十肩になっている可能性が高いですね。名前を聞いたことがあるという方は多いと思います。

ではこの五十肩の原因は何で、またどういった症状が見られるのでしょうか?五十肩についてまとめましたのでご参考下さい。

1 五十肩とはこういう状態のことを言います

五十肩というのは俗称で、正式には肩関節周囲炎と言います。

一般的に50代前後(40~60代)の方に多く症状が見られることから五十肩という俗称が付いたと思われます。

多く見られる症状としては次のようなものがあります。

  • 腕が上がらない
  • 肩が痛い
  • 肩の動きが悪い

他にもたくさんありますが、五十肩でお困りの方にはこういった症状がよく見られます。

2 五十肩の原因は何?

五十肩の原因については、明らかにこれというものはありません。

ただ、加齢に伴い肩関節の周りの組織が変性するということを基盤にいろいろな症状が発症するとされています。

こう書くと難しいですが、色々な症状の要因の1つを挙げると肩周りの筋肉が加齢に伴い固まってしまったことが原因の1つです。

石灰沈着といって肩の関節周囲にカルシウムが溜まってしまうことで痛みが出ることもあります。

3 五十肩でよくあるのはこんな症状

先ほど少しだけ五十肩でよくある症状を挙げました。ここではより詳しく症状を挙げて解説をします。

3-1 痛み

五十肩に必ず伴うのが痛みです。肩周りに限らず、首、背中、腕にも痛みが出ることが多いです。

痛みの出やすい部分を写真で紹介します。

五十肩の痛みの原因になる筋肉

首や肩、肩甲骨内側、腕に痛みが出やすい

五十肩の痛みの原因になる筋肉

肩の前面や腕の付け根にも痛みが出やすい

3-2 可動域制限(拘縮)

可動域制限とは、簡単に言うと動く範囲いっぱいまで動かすことが出来ないということです。

痛いから出来ないとか、固まってしまって動かないという状態のことです。筋肉が固まってしまった結果動きが悪い状態を拘縮と言います。

どういった可動域制限が出やすいかを写真で紹介します。

腕を前に上げる動作

腕を前に上げる動作

腕を横に上げる動作

腕を真横に上げる動作

頭部に手を回す動作

頭部に手を回す動作

反対側の肩を触る動作

反対側の肩を触る動作

手を後ろに回す動作

手を後ろに回す動作

細かな動作を挙げるともっとたくさんありますが、主に可動域制限が出やすい動作は上記の通りです。

3-3 安静時痛・夜間痛

五十肩になると、肩や腕を動かさずに安静にしていても痛みが出ることがあります。

ひどい場合はどこに手を置いたらいいのか分からないというくらいどの位置、どの角度でも肩や腕がズキズキと疼くように痛むことがあります。

また、夜間痛が出ることも珍しくありません。

こういった動かしていない時の痛みは主に炎症が原因と考えられます。

安静にしていてもズキズキ疼くとか夜間痛があるという場合は薬が良いこともありますので、整形外科の先生に相談する必要があります。

4 五十肩と肩こりは違うの?

五十肩と肩こり

五十肩と言っても程度が様々です。そのため、軽度の場合は肩こりと同じようなものかな?と思っている方も多いです。

しかし、五十肩と肩こりは全く別のものです。肺炎と風邪ぐらい違います。

肩こりもひどくなるとつらいとは思いますが、症状が五十肩と異なるのです。五十肩で軽い場合は肩こりのような症状を伴うこともありますが、五十肩と肩こりは違うものだとご理解ください。

5 五十肩は自然治癒するの?

五十肩は放っておいても自然治癒すると思っている方は意外と多いです。

確かにいわゆる自然治癒した方はいます。しかし、何年もかかって痛みが治まったという方がほとんどです。

そうなると果たして自然治癒と言ってよいのかどうかも断言できない所です。

また、そもそも何らかの目的があり自然治癒をさせたいというのであればいいかもしれませんが、そうでないのなら出来るだけ早く医療機関を受診して難からの医療を受けるのが良いですね。

6 五十肩は動かした方が良いの?

五十肩は動かした方が良いのか?それとも動かさないほうが良いのか?判断に迷うと思います。

ただこれは、その時の症状の程度によります。それぞれについて説明します。

6-1 五十肩の急性期

急性期はかなり痛みが強く、安静時痛や夜間痛もひどく可動域制限も強い時期です。

こういった時期は無理に動かしてはいけません。動かさないと固まってしまうのでは?と心配になる方も多いかもしれません。

ですが、急性期の強烈な痛みを我慢しながら無理やりにでも動かすというのは絶対にダメです。さらに痛みが悪化するだけです。

急性期に必要なことは可能な限り安静にすることです。

6-2 五十肩の拘縮期(慢性期)

拘縮期は急性期ほどの強烈な痛みはありませんが、痛みと可動域制限はやはりある状態です。

急性期よりは痛みも我慢しやすい程度になっているため、肩を動かしやすくもなっています。しかし無理に動かすのはやはり厳禁です。

例えば腕を上げる動作なら、痛みがあまり出ない程度の所まで上げるのは良いです。しかし痛みを我慢しながら強引に腕を上げるのは良くありません。

拘縮期に必要なことは動かせる時は少しだけ動かしてみるということです。

6-3 五十肩の回復期

回復期はこれまでの中で最も状態が良い状態です。痛みも大分軽くなり、可動域の制限もかなりなくなっている状態です。

この状態なら痛みも軽くなっているはずですから、肩を動かす練習をしてもらっても構いません。ただしやり過ぎは禁物です。

回復期に必要なことは無理をせず可動域を少しずつ広げるように動かすことです。

7 五十肩の痛みはどうすれば良いの?

五十肩の痛みや可動域制限、夜間痛などはどうすれば良いのでしょうか?

方法としてはいろいろなものがあります。いくつか例を挙げてみたいと思います。

7-1 病院の場合

病院で五十肩に対して行われることとしてはこういったものがあると思われます。

  • 運動療法・理学療法
  • 投薬や注射
  • 手術

手術になることはあまりないと思いますが、必要な場合もあるということですね。

7-2 鍼灸施術の場合

トリガーポイント鍼療法

当院のような鍼灸院でも五十肩に対する施術は行っています。

鍼灸の場合でも方法は様々ですが、当院では筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

筋肉が固まってしまったことで痛みやしびれが出ている状態に対し、原因となる筋肉を直接施術する方法です。

8 五十肩のセルフケアは?

五十肩に対するセルフケアとして何かないかな?と思う方も多いと思いますのでいくつか挙げてみます。

8-1 軽度のマッサージやストレッチ

拘縮期で比較的痛みが軽くなって来た時に首や肩周りを軽くマッサージしたり、優しくストレッチすることは構いません。

ただし、絶対にやり過ぎないように注意してくださいね。やり過ぎるとせっかく回復しかけている状態がまた悪化する可能性がありますので。

8-2 軽く動かす

回復期に肩を軽く動かすことは構いません。ただし、痛みを我慢しながら無理やり動かしたりはしないように注意してください。

8-3 湿布や保温

市販の湿布を貼ったり、お風呂で温めることで楽になるようなら行ってもらっても構いません。

ただし、温めることでズキズキと疼くような場合はまだ炎症が残っている可能性が高いです。そういった場合はもう少し症状が良くなってから温めるのが良いですね。

9 五十肩になった時に大切なこと

五十肩になった時に大切なポイントをいくつか挙げますのでこちらも合せてご参考下さい。

9-1 早めに病院を受診する

五十肩のような症状が出た場合、早めに整形外科等の病院を受診することをお勧めします。

放っておけばそのうち良くなるのでは?と考えてしまうのは分かります。ですが、早めの対応が大事ですのでもしかして五十肩かな?と思ったら早めに病院を受診しましょう。

9-2 自己判断はしない

痛みや可動域制限がある場合、無理に動かすと悪化することがあります。

ですが、動かした方が早く良くなるのでは?などの間違った自己判断をしてしまう方が結構多いです。

早く良くなりたい気持ちは十分に理解できますが、間違った自己判断でつらい思いをするのはご自身です。専門家の意見を仰ぐようにしましょう。

9-3 程度にかかわらず生活習慣を変える

五十肩と言っても症状の程度はさまざまです。ですが、軽い場合でも重い場合でも今まで通りの生活をしていればいつまでも痛みなどの症状は変わりません。

特に筋肉に負担をかけるようなことはマイナスにしかなりません。

ですから、例えば趣味で体を動かすことが好きな方は、五十肩になってしまったらしばらくの間無理をしないようにすることが大事です。

筋肉に負担をかけることが、結局いつまでも回復を遠ざけるのですから。

まとめ

  • 五十肩の原因ははっきりしていないが筋肉が固まったことや炎症、石灰沈着が原因と考えられる
  • 五十肩で肩を動かすのは症状の程度がどの段階にあるのかで決まる
  • 五十肩の症状が軽くなってきたらセルフケアを行っても良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加