五十肩で肩や腕の痛みがある時に知って欲しい7つのポイント

五十肩で肩や腕の痛みがある時に知って欲しい7つのポイント
Pocket

五十肩になってしまい、肩や腕が痛い。動かしても痛いし、腕が上がらない。

こういう状態つらいですよね。こういった五十肩に伴う腕の痛みや動作が悪くなることの原因は何でしょうか?

また、痛みや動きの悪さが続く場合、肩を動かしても良いのか?動かさない方が良いのか?

こういった五十肩の原因や肩や腕の痛みの対策、そしてセルフケアについてまとめました。

1 五十肩に伴う肩や腕の痛みの原因は何か?

五十肩の原因は?

五十肩に伴う肩や腕の痛みの原因は、首や肩、背中などの筋肉が固まってしまったことにあります。

複数の筋肉が固まってしまったため、肩や腕が痛くなったり、動きの悪さの元になったりしているのです。

筋肉が固まった事以外に考えられる原因には炎症があります。簡単に言うと肩周囲が熱を持っている状態です。

炎症が起きると例えば夜寝ていてズキズキと疼いて目が覚めるとか、手をどの位置に置いても痛くてたまらないという状態になります。

関節や神経が原因ではないのか?と思う方もいるかもしれませんが、いわゆる五十肩で関節や神経が悪いというケースはほぼありません。

2 五十肩の痛みの原因になりやすい筋肉

五十肩に伴う肩や腕の痛みの原因になりやすい筋肉を写真で紹介します。

五十肩の痛みの原因になりやすい筋肉1

首や肩、肩甲骨周りの筋肉が痛みの原因になりやすい

五十肩の痛みの原因になりやすい筋肉2

首の前、鎖骨の下、肩の前の筋肉も痛みの原因になりやすい

2枚の写真に×印を付けています。

これらの部分にある筋肉が固まってしまうと、肩や腕の痛みだけではなく、動作の制限の原因になってしまうのです。

3 五十肩かな?と思ったら

病院

肩や腕の痛みがあり、服を着る時も痛みがるので着づらい。

こんな症状があるようなら、まずは整形外科を受診しましょう。

放っておけばそのうち良くなるのでは?と思う方は多いですが、放っておいても良くなることはありません。

また、肩の痛みでももしかすると内臓が原因の可能性もあります。ですから早めにまずは病院を受診しましょう。

4 五十肩は動かした方が良いのか?動かさない方が良いのか?

五十肩は動かした方が良い?動かさない方が良い?

五十肩で肩や腕の痛みがある。さらに可動範囲にも制限がある。

こういう場合、肩を動かした方が良いのでしょうか?それとも動かさない方が良いのでしょうか?

このことに関しては迷う方も多いと思います。ただ、マルかバツかといった単純な判断は間違いです。

動かして良い時期、動かさない方が良い時期があります。ですから、とにかく動かせば良いとか、逆にとにかく安静というのは間違いなのです。

4-1 五十肩で肩を動かしても良い時期

五十肩で肩を動かしても良い時期は、痛みが最もひどい時期と比べて3割以下程度まで良くなった状態の時です。

これくらいの時期であれば動かした時の痛みも少ないですし、可動範囲も少しずつ広げていくことが出来ます。

ただし、無理な動かし方は良くありませんので注意してください。

4-2 五十肩で方を動かしてはいけない時期

五十肩で肩を動かしてはいけない時期は、痛みが強い時です。

夜寝ていてい痛みのため目が覚めてしまうような時期は特に安静が必要です。

こういった時期に動かさないと固まってしまうのでは?と心配して無理にでも動かしてしまうと、結局痛みが強くなりご本人が一番つらい思いをすることになってしまいます。

痛みが強い時期に無理に動かさなくてもちゃんと動くようになりますから、こういう時期は安静第一を心がけてください。

5 五十肩で肩や腕の痛みがある場合のセルフケア

五十肩で肩や腕の痛みがある場合のセルフケアを紹介します。

ただし、動かしても良い時期に関してですのでご注意ください。

5-1 簡単な運動

痛みがだいぶん減っているということが条件ですが、簡単な運動をして肩の動きを良くするようにしましょう。

前後に腕を上げるようにしてみたり、真横に上がるところまでで構わないので腕を上げてみましょう。

少しずつで良いので動く範囲を広げていくのがコツです。ただし、決して無理矢理上げすぎないようにして下さいね。

5-2 保温

お風呂上がりは少し楽になるという場合は、湯船につかるとかシャワーを肩に当てるなどして温めてみて下さい。

また、季節にもよりますが、肩周りにタオルなどを巻いて保温して寝るのも良いでしょう。

温めることで逆にズキズキと疼くようならまだ温めるには早いということになりますので温めても良い状態になるまで時期を待ちましょう。

5-3 軽いマッサージやストレッチ

首や肩周りの筋肉を軽くマッサージしたり伸ばすことは良いです。

ただし、運動と同じで痛みが強い時は行ってはいけません。痛みがだいぶん減ってきた段階で行って下さい。

6 五十肩で肩や腕の痛みがある時にやってはいけないこと

五十肩で肩や腕に痛みがある時に絶対にやってはいけないことがあります。

それは、先ほども少し触れましたが無理矢理動かすと言うことです。

痛みがあっても動かさないと固まってしまうのでは?と心配になるかもしれません。ですが、すでに固まってしまっているから動かないのです。

ですから、それを強引に動かして緩めるということはマイナスでしかありません。

五十肩の原因は筋肉が固まった事と炎症による場合がほとんどです。

ですから、固まった筋肉は専門の施術で、そして炎症に対しては病院で薬をもらうのが良いですね。

7 五十肩に伴う肩や腕の痛みを施術するトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

五十肩に伴う肩や腕の痛みの原因は、筋肉が固まった事と炎症による場合がほとんどです。

炎症に関しては病院で薬を処方してもらうのが良いです。もう1つの固まった筋肉に対しては方法はいろいろありますが、当院ではトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

筋肉に対して鍼をする方法なので、固まってしまい痛みや動きの制限が起きている五十肩の症状に対して施術をすることが可能です。

筋肉が原因の症状には、筋肉を直接施術する方法が適しています。

五十肩の痛みや動作の制限がいつまでも続くのは、筋肉への治療が行われていないからです。

五十肩に伴う肩や腕の痛み、動作制限でお困りならトリガーポイント鍼療法を受けてみて下さい。

まとめ

  • 五十肩に伴う肩や腕の痛みの原因は筋肉が固まってしまったことにある
  • 五十肩かなと思ったら内臓が原因で痛みが出ていることもあるのでまずは病院を受診することが大事
  • 五十肩に伴う肩や腕の痛みには筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加