五十肩とは?原因やよくある症状と動かした方が良いのかなど対策についてのまとめ

五十肩とは?原因やよくある症状と動かした方が良いのかなど対策についてのまとめ
Pocket

五十肩という名前を聞いたことがある方は多いと思います。

では、実際に五十肩とは何が原因でどういう症状が出るのか?というとよく分からないということはありませんか?

そこで今回は、そもそも五十肩の原因や症状について、そして実際になってしまったらどういう対策をすれば良いのかなどについてまとめましたのでご参考下さい。

1 五十肩とは?

五十肩とは?

まずは五十肩とはどういうものかについてです。

五十肩の正式な名称は肩関節周囲炎と言い、肩の関節周囲が炎症を起こしていることで痛みが出ている状態ということです。

また、痛みだけではなく動かしにくくなったり、安静にしていてもズキズキと疼くことも珍しくありません。

ちなみに、好発年齢は40~60代とされているため、四十肩とか五十肩という俗称がついています。

ただ、70代でも肩関節周囲炎になることはありますので一概に年齢で線引きをすることはできないとも言えます。

2 五十肩の原因は何?

五十肩の原因についてです。

なぜ五十肩になるのか?ということについては原因ははっきりしていないということが言われます。

ただ、痛みや肩の動きが悪くなることに関しての原因は、炎症や肩周りの筋肉が固まってしまっていることが考えられます。

例えば、肩を頻繁に使う仕事をしている場合は肩をよく動かす結果炎症が起きたり損傷する部分ができるためと思われます。

3 五十肩で動きが悪くなる原因になりやすい筋肉

五十肩で肩の動きが悪くなる原因に筋肉が固まってしまうことがあります。また、その固まった筋肉が原因で痛みが出るようにもなります。

では、具体的にどの部分の筋肉が固まってしまうことが多いのかについて説明します。

まず写真をご覧下さい。

五十肩の痛みの原因になりやすい筋肉1

写真1

五十肩の痛みの原因になりやすい筋肉2

写真2

写真1、2それぞれにバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと動きの悪さや痛みの原因になりやすいです。

4 肩の動かし方によって痛みの原因となる筋肉は異なる

先ほど、五十肩の痛みや動きの悪さの原因になる筋肉がどこにあるのかを写真で紹介しました。

複数の筋肉が原因で肩の痛みや動きの悪さに影響が出るのですが、肩の動かし方によってどこが原因かが異なりますので簡単に紹介します。

4-1 肩を前に上げる場合

肩関節屈曲

写真のように肩を前に上げる場合に痛みがあるとか、そもそも痛くて上がらないという場合は鎖骨の下や腕の付け根の筋肉に原因があることが多いです。

4-2 肩を横に上げる場合

肩関節外転

写真のように肩を真横に上げる場合に痛みがあるとか、痛みのため途中までしか上げることが出来ない場合は首の前や肩甲骨の筋肉に原因があることが多いです。

4-3 腕を後ろに回す

肩関節内転

写真のように腕を後ろに回すと肩が痛むとか、痛くて後ろに回せないという場合は、腕の付け根の筋肉に原因があることが多いです。

5 こういう場合は炎症が原因の痛みの可能性が高い

痛み止め

五十肩の痛みの原因は筋肉が固まったことや炎症が原因によることが多いです。

この炎症が原因の場合というのはどういう場合かについて例を挙げます。

  • 夜中に寝ていて動かしたわけでもないのに疼いて目が覚める
  • 痛みが強くてどの位置に手を置けば楽なのかも分からないくらい痛む
  • 完全に安静にしてリラックスしている状態でもズキズキと痛む

他にもありますが、多いのはこういうケースです。

つまり、肩を動かしていないにもかかわらずズキズキと疼いて痛みが出るという状態なら炎症による痛みの可能性が高いということになります。

こういった炎症による痛みが原因の場合、通常病院ではいわゆる痛み止めの薬を処方したりまた痛み止めの注射を打つことがあります。

実際にどういう治療が行われるかは担当の先生の診断によりますので、どういう場合に痛みがあるのかを詳しく説明してみてください。

6 五十肩は動かしても良いのか?動かさない方が良いのか?

五十肩になった場合、良くなるためには動かした方が良いのか?動かさない方が良いのか?という疑問が出てくることが多いと思います。

この点について実際はどちらが良いのかというと良い悪いの判断ではなく、動かしてはいけない段階と動かしても良い段階があると思ってください。

このことについて説明します。

6-1 五十肩の急性期

五十肩の急性期というのは、激しい痛みが特徴です。

こういう場合はもちろん動かしてはいけませんし、そもそも痛くて動かすことが大変困難な状態とお考えください。

夜間痛といって、夜寝ている時に痛みで目が覚めるくらい強く痛むことがあるのも急性期の特徴です。

五十肩の急性期で大事なことはとにかく安静にすることです。

痛みが強い時は一時的にでも冷すのが良いことが多いです。

6-2 五十肩の慢性期

五十肩の慢性期というのは、急性期ほどの激しい痛みはないけれど痛みと動かしづらい状態が特徴です。

こういう場合は無理に動かそうと思えば動くかもしれませんが、決して無理矢理動かそうとせず少しだけ動かしてみるという程度が良いです。

動かさないと固まってしまって動かなくなってしまうのではと心配される方も多いですがそんなことはありません。

むしろ、筋肉がすでに固まっていて動かないわけですからその状態で無理に動かそうとする方が症状が悪化する要因になります。

五十肩の慢性期で大事なことは無理に動かさず少しずつ痛みの出ない程度に軽く動かしてみるということです。

慢性期の場合、温めることで痛みが弱くなったり少し動きが良くなることもあります。

6-3 五十肩の回復期

五十肩の回復期というのは文字通り回復してきている状態のことで、痛みも大分治まり動きも良くなりつつある状態です。

こういう状態になったら動かす練習をしてもらっても構いません。ただし、動かして良いといっても強引なやり方ではなく丁寧に行ってください。

せっかく回復期まで来た状態でも、無理矢理動かすことでまた逆戻りしてしまうことも考えられますから。

五十肩の回復期で大事なことは丁寧に動かす練習をしてみるということです。

回復期の場合も慢性期と同様温めることが良い場合が多いです。

7 五十肩の治療方法

五十肩の治療方法についてお伝えしていきます。

基本的に五十肩のという症状になった場合、整形外科を受診するのが良いです。

整形外科ではどういう治療が行われるのかというと、一般的には投薬や理学療法のことが多いです。

投薬というのはいわゆる痛み止めの処方や、場合によっては注射が行われることもあるでしょう。

そして、理学療法というのはいわゆるリハビリとお考えいただければ良いと思います。

電気治療や温める治療、また運動療法として動かす練習などが行われることが多いでしょう。

手術になるケースは少ないと思われますが、五十肩の程度によって必要と医師が判断した場合は行われることもあるようです。

8 筋肉が原因の五十肩とトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

五十肩に鍼治療はどうなの?と思った方もいるのではないでしょうか。

五十肩に対する鍼治療を行っている鍼灸院は多くあります。当院でも筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

トリガーポイント鍼療法の場合は、先ほど写真で紹介した痛みや動きの悪さの原因になりやすい筋肉に対して施術を行うことになります。

最初に、困難な動きやどういう動きで痛みが出るのかを確認し、そこから原因となっている筋肉を特定して施術を進めていきます。

8 五十肩かな?と思ったら

病院

肩が痛いとか動きが悪いという状況が続き、もしかすると五十肩かなと思った場合はまず病院を受診しましょう。

放っておけばそのうち良くなるとか、五十肩は何もしなくても良くなるということをいう方もいますがこれは少々乱暴な意見です。

なぜなら、当然ですが早く治療を始める方が良いですし、またもしかすると五十肩と思っていても実際には内臓が原因で肩に痛みが出ていることもあるからです。

特に心臓や体の中心にある太い動脈が原因で肩の痛みが出ている可能性もあります。

ですから、まずは病院を受診して本当に五十肩なのかどうか、そして五十肩であればどういう状態なのかを医師に診断してもらうのが良いですね。

まとめ

  • 五十肩とは肩の痛みや動きが悪くなることが特徴の症状で正式な名称は肩関節周囲炎という
  • なぜ五十肩になるのかということははっきりしていないが、痛みや動きの悪さの原因には炎症や筋肉が固まったことが考えられる
  • 五十肩かなと思ったらまずは早めに病院を受診することが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加