肩の痛みで腕が上がらない時の原因は?腕が上がるようになるための対策まとめ

肩の痛みで腕が上がらない時の原因は?腕が上がるようになるための対策まとめ
Pocket

肩が痛くて腕を上げようとしても上がらない。

こういう場合に考えられる原因は何でしょうか?骨や関節、神経や内臓、もしくは他のことが原因なのかもしれません。

腕が上がらないほど肩が痛む場合の原因や腕が上がるようになるために必要なことについてまとめました。

1 肩の痛みで腕が上がらない時の原因

肩の痛み

肩の痛みで腕が上がらない時の原因は、多くの場合筋肉にあります。

骨折とか脱臼、その他明らかに怪我をしていていて腕が上がらないというのなら話は別ですが、そういうことがないのならほとんどの場合筋肉が固まってしまった結果肩の痛みが出て腕が上がらない状態になっていると言えます。

2 腕が上がらない原因になりやすい筋肉

肩が痛くて腕が上がらない時の原因は筋肉にあるということをお伝えしました。

では、どの筋肉が肩の痛みや腕が上がらなくなることの原因になりやすいのかを写真で紹介しますのでご参考下さい。

肩の痛みの原因になりやすい筋肉1

首や肩、肩甲骨周りの筋肉

肩の痛みの原因になりやすい筋肉2

首の前、鎖骨の下、腕の付け根の筋肉

2枚の写真それぞれにバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと肩の痛みになり、そして結果として腕が上がらないという状態になりやすいです。

3 筋肉が原因で肩が痛くて腕が上がらない場合に気をつけて欲しいこと

筋肉が固まってしまった結果肩の痛みが出てさらに腕が上がらない状態。

こんな風になってしまった場合に気をつけて欲しいことを挙げますのでご参考下さいね。

3-1 無理矢理動かそうとしない

肩が痛くて腕が上がらないことの原因が筋肉にある場合、無理矢理動かそうとしてはいけません。

痛くても我慢してでも動かさないと動かなくなってしまうのでは?と心配する方は多いです。ですが、そんなことはありませんからご安心を。

動かさないと固まってしまうのでは?と思ってしまうようですが、すでに固まってしまっているから痛いのです。

その状態でさらに動かすのは痛みが強くなってしまいますから気をつけて下さいね。

3-2 痛くなってから体操をしてはいけない

本屋さんに行くと肩こりの人向けの体操やストレッチなどについて書かれた本があります。

そういった体操自体が悪いわけではありませんが、肩が痛くて腕が上がらないという状態になってから始めるのは良くありません。

無理矢理動かすわけではないから良いのでは?と思うかもしれませんが、痛みがあって腕が上がらない時はそもそも動かしてはいけないのです。

3-3 放置する

肩が痛くて腕が上がらないという状態になっていても、そのうち良くなるだろうと思って放置する方がおられます。

放置というのは安静ではありません。病院や治療院に行かないということ。

これはやっぱり良くないですね。本来なら腕が上がらないという状態になる前に早めに受診するのが良いですが、遅くなってからでも良いので放置せずに医療機関を受診しましょうね。

4 肩が痛くて腕が上がらない状態の対策

トリガーポイント鍼療法

肩が痛くて腕が上がらない状態の原因が骨折や脱臼、その他明らかな怪我などではなく筋肉が固まったことにある場合の対策についてお伝えします。

4-1 筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法

筋肉が固まってしまった結果肩の痛みが出て腕も上がらない状態になっている状態に対しては、痛み止めの薬や注射はイマイチ効かないことが多いです。

なぜなら、薬も注射も神経に対して有効なことが多いからです。

薬や注射がダメということではなく、筋肉が固まっているのなら筋肉を直接緩めるようにする方法が良いということですね。

そのための方法の1つが当院で行っている筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法です。

4-2 固まっている筋肉のマッサージ

筋肉が固まっていることで痛みや動作の制限がある場合は、その筋肉をマッサージで緩めることも良いでしょう。

ただし、力一杯揉んだり長時間揉みすぎると後から痛みが増すことがありますので気をつけて下さいね。

適度な加減でちょっと物足りない位でちょうど良いです。

4-3 冷す・温める

筋肉が原因で肩の痛みがあり腕も上がらない時に、状態によりますが冷したり温めたりすることが有効な場合があります。

どちらが良いのか?ではなく、これは状態によって使い分けます。

動かさなくてもズキズキと痛んだり、明らかに熱感がある場合は冷します。

ですが、動かした時だけ痛むとかお風呂上がりは少し楽という状態なら温めるというのが良いですね。

少し難しいかもしれませんが、状態で上手に使い分けてみて下さいね。

5 肩の痛みが弱くなり腕が上がるようになりかけた時に大事なこと

肩の痛みが筋肉が緩むことでだんだん弱くなり、上がりづらかった腕も少しずつ上げやすくなってきた。

こういう状態になった場合に気をつけて欲しいことがあります。

それは、良くなりかけた時に一気にいろんなことをやろうとしないことです。

仕事がある方や専業主婦の方などは特にですが、今まで肩の痛みのため出来なかったことが溜っているため良くなりかけた段階でそれらを一気に片付けようとしてしまいがちです。

お気持ちはよく分かりますが、それをするとまた痛みが逆戻りしてしまうことがあります。

傷口でたとえるなら、せっかく閉じかけた傷口がまたパカッと開いてしまうのと同じ。

なので、良くなりかけた時こそ気をつけて下さいね。

まとめ

  • 肩が痛くて腕が上がらない時の原因は明らかな怪我がなければ筋肉が固まったことにある
  • 筋肉が固まったことで痛みや動作制限がある場合はトリガーポイント鍼療法という施術がある
  • 筋肉が原因で肩の痛みや腕が上がらない時は無理に動かしてはいけない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加