脊柱管狭窄症による臀部の痛みはどうすればいい?痛みの原因と対処法

臀部痛
Pocket

脊柱管狭窄症になり臀部の痛みがつらい。

歩くと痛くなってくるし、立ったままや座っていてもイスに当たる部分が痛い。

こういう痛み困りますよね。ただ、この臀部の痛みですが、原因は神経圧迫とは限りません。つまり他にも考えられる原因があるということ。

原因が変われば、当然ですが治療などの対処法も変える必要があります。

脊柱管狭窄症で臀部の痛みがある場合、神経圧迫以外に考えられる原因は何か?そして、原因が異なる場合はどうすればいいのか?

脊柱管狭窄症で臀部の痛みが気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症で臀部の痛みは何が原因?

黒板

脊柱管狭窄症による臀部の痛みは、神経圧迫だけが原因とは限りません。では他に考えられる原因は何かというと筋肉です。

詳しく解説しますね。

1-1 筋肉が原因ってどういうこと?

筋肉が疲労するとコリができてきます。そしてそのコリがさらに固まってしまうと痛みやしびれの原因に。

そういった、筋肉が固まってしまったことが原因の痛みやしびれを筋膜性疼痛症候群と言います。

脊柱管狭窄症でも、歩くと痛いとか腰を曲げたり反らしたりすると痛む場合は筋肉が原因のことがあります。

1-2 神経圧迫は関係ない?

痛みやしびれが筋肉に原因があるのなら、神経圧迫は関係ないのかというとそんなことはありません。

MRIの画像どおり神経が原因の場合は、馬尾型、神経根型、混合型というタイプがあります。

このような神経が原因の痛みか、もしくは筋肉が原因の痛みかは、実際にどういう症状が出ているかという総合的な判断が必要ですね。

2 臀部痛の原因になりやすい筋肉

脊柱管狭窄症による臀部痛の原因が筋肉にある。その場合は、どこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

臀部痛1

腰にバツ印を、臀部に赤い印をつけています。

腰の筋肉が固まってしまうと、その筋肉から臀部に痛みを出すようになります。

例えば、前かがみや立ち上がる時、腰を反らした時に臀部が痛む。そんな状態なら腰の筋肉が原因の可能性が高いです。

もう1枚写真をご覧ください。

臀部痛2

臀部にバツ印と赤い印をつけています。

今度は、臀部の筋肉そのものが固まってしまうことで臀部に痛みが出る場合です。臀部には複数の筋肉があり、それらが固まってしまうと強い痛みの元になります。

立ち上がる時、歩く時や座っている時など。そういう時に臀部に痛みが出る場合は、臀部の筋肉が原因の可能性が高いです。

3 臀部の痛みに痛み止めやブロック注射は効果がある?

痛み止め

脊柱管狭窄症による臀部の痛みが、筋肉が固まったことに原因がある。そんな場合、痛み止めやブロック注射はどうなのか?

それぞれについて解説します。

3-1 臀部痛に対する痛み止め

筋肉が固まったことで臀部痛がある場合、飲み薬の痛み止めは効果は残念ながらあまり期待できません。

なぜなら、痛み止めの主な作用は薬にもよりますが、消炎鎮痛や神経の興奮を抑えることにあるからです。筋肉を緩めることではないのです。

そのため、飲んでも効かないということになる場合が多いです。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

3-2 臀部痛に対するブロック注射

脊柱管狭窄症に伴う臀部痛の原因が筋肉にあり、それに対してのブロック注射はどうかというと、一時的な効果は期待できるかもしれません。

なぜなら、ブロック注射は麻酔なので、麻酔が効いている間は一時的でも痛みが治まる可能性があるからです。

ただ、麻酔が切れればまた痛みが出る可能性は高いですし、ブロック注射をしてもまったく効果がない場合もあります。

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

4 こんな状態なら筋肉が原因の臀部痛

腰

脊柱管狭窄症による臀部の痛みが筋肉に原因がある。それはどういう場合か具体的な例をいくつか挙げます。

  • 歩くと臀部が痛くなる
  • 長時間立ったままや座ったままでいると臀部が痛くなる
  • イスから立ち上がる時に臀部が痛む
  • 前かがみや腰を反らす時に臀部が痛む
  • 朝、起きた時に臀部の痛みが強い

他にもありますが、主にこういった状況なら筋肉が原因の臀部痛と考えられます。

5 筋肉が原因の臀部痛はどうすればいいの?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による臀部の痛みの原因が筋肉にあり、痛み止めやブロック注射などの効果があまりない。

そんな場合、他にどういう対処法があるのかというと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉に鍼をする方法です。そのため、筋肉が原因の脊柱管狭窄症に伴う臀部の痛みなら施術が可能。

痛み止めやブロック注射がダメなら手術ということではありません。他にもこういった方法があるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

6 脊柱管狭窄症による臀部の痛みが続く方へ

脊柱管狭窄症による臀部の痛みは、神経圧迫だけではなく筋肉が原因の場合もあるということを解説してきました。

ちょっと意外だったかもしれませんがこれは事実です。

筋肉が原因と考えると、痛み止めやブロック注射が効かない場合でも納得ができるのではないでしょうか。また、不要な手術を避けることにもなります。

手術が悪いわけではないですが、筋肉が原因なら他の方法もあるということ。

いろいろ試しても臀部の痛みが続く場合は、一度筋肉が原因という視点を持っていただければと思います。

脊柱管狭窄症による臀部の痛みでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症による臀部の痛みは、神経圧迫だけが原因ではなく筋肉が固まってしまったことが原因の場合もある
  • 腰やお尻の筋肉が固まってしまうと臀部の痛みの原因になりやすく、歩いたり、腰を前後に動かしたりする時に痛みやすい
  • 筋肉が原因で臀部に痛みがある場合は、痛み止めやブロック注射の効果が期待できない場合が多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加