脊柱管狭窄症で股関節の痛みがある時の原因や股関節痛の対策6項目

6
Pocket

脊柱管狭窄症になり股関節の痛みがある。

歩くと痛くなるし、立ったままや座ったままの状態が続いた時もだんだん股関節が痛くなってくる。

こういう状況困りますよね。

脊柱管狭窄症に伴う股関節の痛みですが、原因は一体何でしょうか?神経圧迫と思う方は多いかもしれませんが、実はそうとは限りません。

脊柱管狭窄症で股関節の痛みがある場合の原因、そして、そんな痛みへの対策について解説しています。

脊柱管狭窄症で股関節の痛みがある方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症による股関節の痛みの原因は?

黒板

脊柱管狭窄症に伴い股関節の痛みがある。この場合の原因は、神経圧迫とは限りません。では他の原因は何かというと筋肉です。

このことについて詳しく解説します。

1-1 筋肉が原因で股関節が痛む

脊柱管狭窄症で股関節の痛みがある場合、その原因が筋肉が固まってしまったことによることがあります。

筋肉は固まってしまうと痛みやしびれの原因になり、こういう状態を筋膜性疼痛症候群と言います。脊柱管狭窄症になった場合でも、この状態は見られます。

脊柱管狭窄症の症状になり、歩くと股関節が痛くなるとか、同じ姿勢が続くと股関節が痛む。そんな状態なら原因は筋肉の可能性が高いです。

1-2 神経圧迫は関係ないのか?

脊柱管狭窄症に伴う股関節の痛みに神経圧迫は関係ないのかというと、多くの場合で関係ありません(ゼロではない)。

狭くなった脊柱管で神経が圧迫されることで股関節にも痛みが出ている。そう思いがちですが、神経圧迫よりも筋肉が原因の場合が多いです。

股関節の痛みが常にあるわけではなく、歩くと痛くなってくるといった一定の条件下で痛みが出るなら原因は筋肉と考えられます。

2 筋肉が原因で股関節が痛む時の特徴

ウォーキング

脊柱管狭窄症になり股関節が痛む。しかし、その時の原因が筋肉にある。そういう場合には特徴がありますので解説します。

2-1 動作に伴って痛みが増す

脊柱管狭窄症に伴う股関節の痛みの原因が筋肉にある場合、動作に伴って痛みが出るという特徴があります。

固まって痛みの原因になっている筋肉を動かす。そのため、痛みが増すということですね。

歩くと痛くなってくるとか、階段の上り下りでいつも痛い、または、あぐらをかく動作でも股関節が痛むという状態なら原因は筋肉の可能性が高いです。

2-2 特定の姿勢で痛みが増す

脊柱管狭窄症に伴う股関節の痛みの原因が筋肉にある場合、特定の姿勢で痛みが増すという特徴もあります。

特定の姿勢でいるというのは、固まって痛みの原因になっている筋肉を使って姿勢を維持しているということ。そのため痛みが増すわけですね。

立ったまま、座ったまま、もしくは前かがみなど特定の姿勢で痛みが出るなら原因は筋肉にある可能性が高いです。

2-3 日内・週内での変動がある

もし、脊柱管狭窄症による股関節の痛みの原因が神経圧迫なら、痛みの状態が24時間変わらないはずです。

神経圧迫の状態は常に一定。ですから、痛みの状態もいつも同じ状態でなければおかしいということになります。

朝起きた時は痛むけど、日中は痛みがないとか、歩くと痛むけど、休むと治まる。こういう場合は筋肉が原因の可能性が高いです。

3 股関節の痛みはここが原因になりやすい

脊柱管狭窄症による股関節の痛みが筋肉に原因がある。その場合は、どこの筋肉が股関節痛の原因になるのかを解説します。

写真をご覧ください。

股関節の痛み1

左の股関節が痛む場合で考えてみましょう。

左の股関節周囲にバツ印をつけています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い丸で印をつけている辺りに痛みを感じるようになります。

もう1枚写真をご覧ください。

股関節の痛み2

腰とお尻にバツ印をつけています。写真は右側ですが、左の股関節が痛む場合は、左の腰とお尻の部分と思ってください。

腰やお尻の筋肉が固まってしまった場合でも、股関節に痛みが出ることがあります。

このように、痛む部分と離れた所にある固まった筋肉が原因で痛みが出ることも、筋膜性疼痛症候群による痛みの特徴なのです。

4 筋肉が原因で股関節が痛む場合の注意点

5

脊柱管狭窄症になり股関節が痛む。そしてその場合の原因が筋肉にある場合、日常生活において気をつけて欲しいことがあります。

固まった筋肉が原因で痛みが出ているということは、必要以上に原因になっている筋肉を動かすと痛みが増す可能性が高いということ。

痛みを我慢しながらでも歩くとか、鍛えれば治るというのは間違いですので気をつけて下さいね。

脊柱管狭窄症の方に覚えて欲しい日常生活での5つの注意点とその理由

脊柱管狭窄症の方に知って欲しいやってはいけないこと7項目

5 筋肉が原因の股関節の痛みはどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による股関節の痛みの原因が、神経圧迫ではなく筋肉が固まってしまったことによる筋膜性疼痛症候群にある。

そんな場合はどうすればいいのかというと、筋肉が原因ということは当然筋肉に対しての治療や施術が必要になります。

方法はいろいろありますが、そのうちの1つが筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。ツボではなく筋肉に対して鍼をする鍼治療の方法です。

神経圧迫が原因ならこの方法では対応できません。ですが、筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群で股関節が痛むなら、筋肉へトリガーポイント鍼療法をすることが可能です。

何でも神経が原因ではありません。こういう方法もあるということを知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

6 脊柱管狭窄症で股関節が痛くて歩きづらい方へ

脊柱管狭窄症による股関節の痛みや、その他の症状として足の痛みやしびれは神経圧迫が原因とされています。

ですが、すべてが神経圧迫ではないということは明らかになっています。ですから、たとえ神経に対しての薬やブロック注射が効かなくてもがっかりしないで欲しいのです。

また、緊急でないのなら手術を受ける前にちょっと考えてみて欲しいのです。もしかしたら、筋肉が原因で股関節が痛いのかもしれないと。

薬、注射が有効な場合はありますし、手術が必要な場合も当然あります。

ですが、もし筋肉が原因なら、治らないのは薬や注射が効いていないのではありません。また、もし筋肉が原因なら、手術は本当に必要でしょうか?

誰でも手術はできればしたくないというのが本心だと思います。ですから、筋肉が原因かもしれないということも一度考えてみて欲しいのです。

実際、筋肉が固まってしまったことによる痛みが出ている状態の方はたくさんいるのですから。

脊柱管狭窄症で股関節が痛む方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で股関節が痛む場合の原因は、神経圧迫だけではなく筋肉が固まってしまった筋膜性疼痛症候群のことが多い
  • 股関節の痛みの原因が筋肉にある場合は、動作や特定の姿勢に伴って痛みが増すという特徴がある
  • 神経圧迫が原因なら痛みは常に変わらないはず。そのため、股関節の痛みに日内や週内の変動があるのはおかしいということが言える

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加