脊柱管狭窄症の保存療法は何をするの?具体的な内容とその理由

リハビリ
Pocket

脊柱管狭窄症の症状に対して保存療法があります。

症状がかなり重度で緊急性の高い場合や、いろいろ試しても改善が見られないという状態なら手術になることが多いでしょう。

しかしそうではなく、痛みやしびれはあるけれど、日常生活は痛いながらも何とかできる。

整形外科などの病院では、そういった場合にまず保存療法から始めることが多いです。

では、脊柱管狭窄症の保存療法とはどういうことをするのか?そして、その理由は何か?脊柱管狭窄症の保存療法について解説しています。

保存療法について興味がある方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症の保存療法をする理由

黒板

脊柱管狭窄症の症状に対して保存療法をする理由は、手術以外の方法でも改善の見込みがあると判断された場合です。

脊柱管狭窄症の症状が、かなり重度の場合は手術が必要なことが多いです。ですが、そこまで重度ではないならまずは保存療法で様子を見ましょうということ。

実際、脊柱管狭窄症になったすべての方が手術を受けている分けではありません。保存療法を続けて日常生活を送っている方も多いということですね。

2 脊柱管狭窄症の保存療法って何をするの?

脊柱管狭窄症になると、足に痛みやしびれが出るようになります。この症状に対しての保存療法には何があるのかを解説しますね。

2-1 投薬

痛み止め

脊柱管狭窄症の保存療法には投薬があります。どういう薬を処方されるのかというと、いくつか種類があります。

  • 血流を良くするための薬
  • 炎症が原因の痛みに対する薬
  • 神経が原因の痛みに対する薬

処方されることが多いのは、主にこういった薬です。

血流が悪いために足の痛みが出ることがあり、そのため血流の改善を目的とした薬が処方されます。

また、痛みの原因には炎症や神経が原因の場合があり、それぞれの原因に対して炎症を抑える薬や神経の興奮を抑える薬が処方されます。

ただ、薬自体が悪いわけではないのですが、こういった薬をキチンと飲み続けても効果がない場合もあります。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

2-2 ブロック注射

注射

脊柱管狭窄症の保存療法にはブロック注射もあります。薬を飲み続けても、症状に改善があまり見られない場合に行われることが多いです。

脊柱管狭窄症になり、神経が圧迫されて痛みの元になっている神経周囲に対して注射をします。

ブロック注射の目的は、麻酔を注射することで神経の働きを一時的に抑えることにあります。その結果、痛みの緩和につながるということ。

ただ、ブロック注射は麻酔ですから効果が一時的だったり、神経以外にも痛みの原因はありますからブロック注射をしても痛みが変わらないこともあります。

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

2-3 リハビリ

電気治療

脊柱管狭窄症の保存療法には、電気治療やマッサージといったリハビリもあります。理学療法や温熱療法なども、症状によっては行われることもあります。

リハビリにはいろいろな種類がありますので、どういったことを行うかは病院の先生によって異なることもあるでしょう。

こういったリハビリで大きな効果を得ることは難しいかもしれません。ですが、続けることで効果も出てくるでしょうから、病院の先生の指示に従って通院するのが良いですね。

3 保存療法で脊柱管狭窄症は良くなるの?

考える女性

保存療法を受ければ、脊柱管狭窄症の痛みやしびれは良くなるのか?気になるところですよね。

効果に関しては、良くなる場合もあれば、ダメな場合もあるというのが答えになります。だったら保存療法の意味があまりないのでは?と思うかもしれません。

何でも手術ではなく、まずは保存療法でどこまで改善するか様子を見てみましょうというのが保存療法の位置づけです。

確かに効果は気になると思います。ですが、試してみないと分からないというのもまた事実。ですから、まずは医師の指示に従ってください。

4 保存療法は根本治療か?対症療法か?

疑問

脊柱管狭窄症の痛みやしびれは神経圧迫が原因なら、そもそも保存療法は根本治療ではなく対症療法ではないのかという疑問を持つ方もいるでしょう。

これに関しては、脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因について整理すれば分かります。

4-1 脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因は2つ

脊柱管狭窄症になると、足に痛みやしびれなどの症状が出ます。この原因は、神経圧迫だけと思われていますが実は違います。

では他に何があるのかというと、筋肉が原因の痛み。筋肉は固まってしまうと痛みやしびれの原因になり、こういう症状を筋膜性疼痛症候群と言います。

体を動かすと痛みやしびれが増す場合、神経だけではなく筋肉が原因の痛みやしびれも出ているということですね。

4-2 リハビリで効果があるなら筋肉が原因

脊柱管狭窄症の症状が、リハビリによって効果があるなら筋肉が原因の可能性が高いです。

電気治療やマッサージ、理学療法、運動療法などで痛みやしびれが緩和。リハビリで神経圧迫がなくなるわけではありません。ですが、症状が緩和するということは神経以外が原因ということ。

ですから、リハビリで症状が良くなるようなら、その場合は神経が原因ではなく筋肉に原因があると言えます。

そして、リハビリ自体が対症療法ではなく根本治療になっているということも言えますね。

5 保存療法で症状が良くなったらその後は?

ジョギングする夫婦

脊柱管狭窄症の症状が、保存療法によって改善した。そして、歩いても足に痛みやしびれが出なくなった。

そうなった場合、MRIで見た神経圧迫の状態はどうしたらいいのかな?と思いますよね。この場合、少し乱暴な言い方かもしれませんが、神経は放っておいて良いです。

先ほども解説したように、保存療法で症状が改善したなら神経ではなく筋肉が原因だった証拠。ですから、症状が改善した後も脊柱管は狭いままで神経も圧迫されたままの可能性が大です。

ちょっと不安かもしれませんが、症状がなければたとえ神経が圧迫されていても何もする必要はありません。

再発しないよう、日頃から体のケアを続けるというのが良いですね。心配なら、担当の医師にも確認してみることをおすすめします。

6 保存療法で良くならなかったら手術しかない?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状が、保存療法を続けても変わらない。こういう場合は、もう手術しか残されていないのでしょうか?

そんなことはありません。保存療法がダメでも手術以外の方法はあります。

脊柱管狭窄症になっていても、筋肉が原因で痛みやしびれが出ることはあると解説しました。そういった筋肉が原因の場合は、保存療法以外にトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を直接施術する方法です。鍼なので、電気治療やマッサージでは届かない所へも必要な施術をすることが可能。

たとえ電気治療やマッサージで症状が治まらなくても、筋肉が原因ならこういう方法もあるということです。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

7 最後に

脊柱管狭窄症で神経圧迫になっている場合でも、神経だけが原因ではありません。神経だけが原因ではないからこそ、保存療法にも意味があるということなのです。

さらに、保存療法がダメな場合でも、それは必要な刺激が患部に届いていないだけの可能性も十分あります。

だからこそ、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があるわけです。

症状が続くからといって、手術しか方法が残されていないわけではありません。手術が必要な場合もありますが、かなり数は少ないというのが事実。

手術の前に、保存療法を含めいろいろと試していただければと思います。

脊柱管狭窄症で保存療法を続けても痛みやしびれが変わらなかったならこちら

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で保存療法をする理由は、保存療法によって症状が改善することも多くあるから
  • 脊柱管狭窄症の保存療法には、薬、ブロック注射、電気治療やマッサージといったリハビリなどがある
  • 脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因が神経ではなく筋肉にあるなら保存療法は根本的な治療と言える

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加