脊柱管狭窄症は温める?冷やす?どちらが良いのかとその理由

女性
Pocket

脊柱管狭窄症で痛みやしびれがある時は、温めるのが良いのでしょうか?それとも冷やすのが良いのでしょうか?

どちらが良いのかちょっと迷いますよね。

また、温めるにしても冷やすにしても、そもそもなぜそうすることが良いのでしょうか?理由を知りたいですよね。

脊柱管狭窄症の症状に対しては、温めるのか冷やすのか?そしてなぜそうするのが良いのかについて解説しています。

温めるのか冷やすのかで迷っている方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症は温めるのか冷やすのかどちらが良い?

黒板

脊柱管狭窄症は温めるのが良いのか?それとも冷やすのが良いのか?この質問の回答は、状況によって異なるというのが正解。

どういうことか詳しく解説しますね。

1-1 温めるか冷やすかは状況で異なる

脊柱管狭窄症で足に痛みやしびれがある場合、温めるか冷やすかはその症状の状況によってどちらが良いかは異なります。

痛みの原因はいろいろあり、筋肉が固まったことによる痛みが出ている場合は、温めるのが良い場合が多いです。また、炎症による痛みが出ているときは冷やすのが良いということになります。

1-2 温めると良い場合の例

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが、筋肉が固まってしまったことで出ている場合があります。こういう場合は、温めることが良い場合が多いです。

例えば、お風呂上がりは少し楽という状態がある。そんな場合は、温めることが良いと言えますね。

1-3 冷やすと良い場合の例

脊柱管狭窄症の痛みが、炎症によって出ている場合があります。こういう場合は冷やすことが良いでしょう。

ただ、冷やすといっても一時的に冷やせば十分です。何時間も冷やし続けるということではありませんので、誤解のないようにしてくださいね。

例えば、夜寝ていてズキズキとうずく痛みで目が覚める。そんな場合は炎症による痛みの可能性があるので、冷たい湿布などで一時的に冷やすのが良いということになります。

2 温めると楽になるのはなぜ?

シャワー

脊柱管狭窄症の症状が、例えばお風呂上がりに少し楽になる。少しとは言えなぜ楽になるのでしょうか?

詳しく解説します。

2-1 温めると楽になるのは筋肉が緩むから

脊柱管狭窄症の症状が体が温まった後に少し楽になるのは、固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉が少し緩むからです。

痛みやしびれの原因は、神経だけではありません。これは、脊柱管狭窄症においても言えることです。

筋肉が原因で出ている痛みやしびれもある。だから、体が温まった後少し楽になることがあるわけですね。

2-2 筋肉が原因の痛みやしびれってどういうこと?

固まった筋肉が原因で出ている痛みやしびれのことを、筋膜性疼痛症候群と言います。

聞き慣れない名前だとは思いますが、脊柱管狭窄症の方やその他の症状でも見られる状態です。

脊柱管狭窄症の場合は、主に腰やお尻、股関節周りなどの筋肉が固まってしまい、その結果として腰やお尻、足に痛みやしびれが出ていることが多くあります。

3 冷やすと楽になるのはなぜ?

湿布

脊柱管狭窄症の症状が、冷やすと楽になる場合があります。この場合の理由は何でしょうか?

詳しく解説しますね。

3-1 冷やすと楽になるのは炎症が治まるから

脊柱管狭窄症の症状が冷やすと楽になるのは、冷やすことで炎症が治まったためと考えられます。

痛みの原因には炎症もあり、脊柱管狭窄症でも炎症が起きている場合があります。そういう場合は、例えば冷たい湿布で冷やすこと痛みが治まる場合があります。

ちなみに、病院で処方されるロキソニンという薬。この薬は消炎鎮痛剤なので、医師が炎症があると判断した場合に処方されているわけですね。

3-2 冷やし過ぎには要注意

脊柱管狭窄症の症状が冷やすと楽になる。そんな場合でも冷やし過ぎには気をつけてください。

冷やすのはあくまでも一時的な処置です。冷やし過ぎると後からその部分に痛みが出てくる可能性もあります。

ですから、氷などで長時間冷やすという方法は良くありません。適度に冷やせば十分なので、冷湿布を必要な部分に貼る程度が良いですね。

4 温めたり冷やすだけで十分か?

バツ

脊柱管狭窄症の症状が、温めたり冷やしたりすると楽になる。それならば、そういったことだけをしていれば十分かというとそうではありません。

先ほども解説したように、痛みの原因は炎症だったり筋肉だったりと複数あるのです。

ですから、医師から薬を処方されたなら服用するのが良いですし、温めたり冷やしたり以外にも筋肉のケアをすることも必要でしょう。

温めたり冷やしたりすることは、あくまでも補助的な位置づけということを忘れないようにしてくださいね。

5 温めると楽になるならさらにこんな方法もある

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状が、温めることで少し楽になることがある。そんな場合は、固まった筋肉が原因の痛みやしびれが出ているということはすでにお伝えしました。

そして、そんな場合なら、固まった筋肉に対して鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

脊柱管狭窄症の症状は、神経圧迫だけが原因ではありません。筋肉が原因の場合も多くあります。そんな状態なら、筋肉の状態を良くすることが必要。

トリガーポイント鍼療法は、そういった筋肉が原因の痛みやしびれがある場合に施術をすることが可能です。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

6 温めるか冷やすかで迷っている方へ

脊柱管狭窄症で温めるか冷やすかについては、その時の状況によるということについて解説してきました。

同時に、痛みやしびれの原因は神経圧迫だけではないということにも触れました。

神経圧迫のみが痛みやしびれの原因とされがちです。しかし、実際には他の原因もありますし、神経圧迫になっているだけで神経は関係ない場合もあります。

つまり、温めたり冷やしたりすることで症状が楽になるのなら、手術をしなくても他の方法で良い場合もあるということ。

状況に合わせて温めたり冷やしたりしてください。そして、神経圧迫ということ以外にも、脊柱管狭窄症の原因はあるということを知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症で温めて楽になるならさらにこちらも追加でどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で温めるのが良いのか?冷やすのが良いのか?については、その時の状況によって異なるというのが正解
  • 温めて楽になる場合は、筋肉が固まってしまったことによる痛みやしびれも原因になっている可能性が高い
  • 冷やして楽になる場合は、炎症による痛みが出ている可能性が高い。ただ、冷やして楽になる場合でも冷やし過ぎは良くない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加