脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

間欠跛行
Pocket

脊柱管狭窄症には、間欠跛行といって歩き続けることが困難になる症状があります。

歩き始めは良くても、少し歩くと足に痛みやしびれが出てくる。そのため途中で休まないといけないくらいになってしまう。

少し休むと痛みやしびれが弱くなり、また歩けるようになるけれど歩き出すと結局また同じ。

こういう間欠跛行には、考えられる原因がいくつかあります。そして、原因によって対処法も異なります。

脊柱管狭窄症による間欠跛行の原因は何か?そして、歩き続けることができるようになるために必要なことは何か?

間欠跛行でお悩みの方は続きをどうぞ。

1 間欠跛行3つの原因

間欠跛行の原因

脊柱管狭窄症で見られる間欠跛行。これには、考えられる原因が3つあります。

それぞれについて解説します。

1-1 神経が原因

1つ目は神経が圧迫されていることにより、間欠跛行の症状が出る場合です。

MRIの画像をご覧になった方も多いかもしれません。脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなってしまうことで神経が圧迫される。

その結果、歩くと足に痛みやしびれが出て、少し休むとまた歩けるようになるということですね。

1-2 閉塞性動脈硬化症が原因

脊柱管狭窄症とは別の病気ですが、閉塞性動脈硬化症になった場合も間欠跛行が見られます。

これは、簡単に言うと動脈硬化により、血管が狭くなったり詰まってしまうことで血液の流れが悪くなる症状。

閉塞性動脈硬化症でも歩くと痛みやしびれが出ることがあるので、脊柱管狭窄症による間欠跛行なのか医師に診断してもらう必要があります。

1-3 筋膜性疼痛症候群が原因

間欠跛行で考えられる3つ目の原因に、筋膜性疼痛症候群があります。

これは、簡単に言うと筋肉が固まってしまったことによる痛みやしびれです。筋肉が原因で?と思うかもしれませんが、こういう方はかなり多いです。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を、歩くという動作で動かす。だから歩くと痛みやしびれが出る。そして、休んで筋肉を動かさないと痛みやしびれも治まる。

これが、筋肉が原因で考えられる間欠跛行です。

2 間欠跛行はどうすればいいの?

腰

間欠跛行の症状がある場合、どうすればいいのかについて解説を続けます。

2-1 神経と閉塞性動脈硬化症が原因の場合

間欠跛行の原因が、先ほど解説したうちの神経や閉塞性動脈硬化症にある。

そういった場合は、病院で医師の指示に基づく治療を受ける必要があります。神経が原因の場合で症状が悪化すると、手術が必要なこともあります。

ですから、医師の指示に従って治療やリハビリを受けたり、薬が処方されているなら服用するようにしてください。

2-2 筋膜性疼痛症候群が原因の場合

間欠性跛行の原因が、筋膜性疼痛症候群にある場合。

こういった場合は、神経でも動脈でもなく筋肉に原因があるので、筋肉への対策が必要になります。

具体的には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

3 筋肉が原因の間欠跛行について

脊柱管狭窄症になり、間欠跛行の症状が出て歩けない場合、その原因が筋肉にあると言われてもちょっと信じられませんよね。

そこで、筋肉が原因の間欠跛行について詳しく解説します。

3-1 筋膜性疼痛症候群とは?

間欠跛行の原因の1つに、筋膜性疼痛症候群があります。

これは、簡単に言うと筋肉が固まってしまった結果、痛みやしびれが出るという状態。

腰やお尻などの筋肉が固まってしまっている。そして。その固まった筋肉を使って歩くから痛みやしびれが出て、休めば治まるということですね。

3-2 この筋肉が原因になりやすい

筋肉が原因で間欠跛行の症状が出てしまう場合、どこの筋肉が原因になりやすいかを紹介します。

写真をご覧ください。

筋肉が原因の痛みやしびれ

腰やお尻が原因で足に痛みやしびれが出る

腰とお尻にバツ印をつけています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、お尻や足に痛み・しびれが出やすくなります。

もう1枚写真をご覧ください。

股関節

股関節周りが原因で足に痛みやしびれが出る

股関節周囲にバツ印をつけています。

このバツ印の部分の筋肉が固まってしまった場合も、歩くと足に痛みやしびれが出るようになります。

また、脛や足の甲などに痛みやしびれがある場合、脛の筋肉が固まったことでそういった症状が出ることも珍しくありません。

4 筋肉が原因の間欠跛行はどうすればいい?

トリガーポイント鍼療法

脊柱管狭窄症による間欠跛行の原因が神経ではなく、筋肉が固まったことによる筋膜性疼痛症候群にある。

そんな場合は、痛み止めやブロック注射でも間欠跛行は治まらない可能性が高いです。なぜなら、筋肉が原因なら筋肉への治療が必要だからです。

そういった筋肉が原因の場合、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術するのがトリガーポイント鍼療法。ですから、筋肉が原因の間欠跛行なら施術ができるということですね。

5 間欠跛行でお悩みの方へ

間欠跛行で考えられる原因について解説してきました。いかがだったでしょうか?

脊柱管狭窄症で神経圧迫になっている場合でも、必ず神経圧迫だけが原因とは限りません。筋肉が原因の痛みやしびれは多々あるのです。

神経ではなく筋肉が原因なら、当然ですが対処法も変わります。ですから、手術を避けることができる場合もあるということ。

神経が原因なら、神経に対しての対処を。そして、筋肉が原因なら筋肉への対処が必要。それが間欠跛行の対策になるということですね。

脊柱管狭窄症で長く歩けない方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 間欠跛行の原因は、脊柱管狭窄症による神経圧迫、閉塞性動脈硬化症、筋膜性疼痛症候群が考えられる
  • 筋肉が原因の場合、腰、お尻、股関節周りの筋肉が固まってしまうことで足に痛みやしびれが出やすくなる
  • 筋肉が原因の間欠跛行には筋肉への対処が必要で、その方法の1つが筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加