脊柱管狭窄症にウォーキングは有効?歩いて良い人とダメな人

ウォーキング
Pocket

脊柱管狭窄症になったら、ウォーキングをすることは有効なのでしょうか?

足に痛みやしびれがあり、早く良くなりたいと思っている方なら、こういうことも気になると思います。

では、実際ウォーキングをすることは、脊柱管狭窄症にとって良いことなのでしょうか?それとも良くないことなのでしょうか?

脊柱管狭窄症の方でウォーキングをしても良い方、しない方が良い方の違いや有効性について解説します。

ウォーキングが気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症にウォーキングは有効か?

ウォーキング

脊柱管狭窄症の方にとって、ウォーキングは有効かどうか?この質問の答えは、有効な人もいるし、有効ではない人もいるということになります。

詳しく解説しますね。

1-1 ウォーキングが有効な人

脊柱管狭窄症の方でウォーキングが有効なのは、かなり症状が良くなっている方です。

普段の生活だけではなく、歩いても足に痛みやしびれがあまり出ない。症状が出た場合でもかなり軽い。そういう方ならウォーキングは有効です。

こういう方の場合は治療のためにウォーキングをするというより、再発予防のためにウォーキングをするという気持ちで取り組むのが良いですね。

1-2 ウォーキングをしてはいけない人

脊柱管狭窄症の方でウォーキングをしてはいけないのは、歩くと足に痛みやしびれが強く出てくる方です。

脊柱管狭窄症の主な症状の1つに間欠跛行があります。この症状が出るのなら、ウォーキングをするにはまだ早い状態と言えます。

痛みやしびれを我慢しながらウォーキングをすると、後から症状がさらに強くなることもありますから控えてください。

2 プールの中でウォーキングをしても良い?

プール

脊柱管狭窄症の症状がある場合に、プールでウォーキングをするなら良いのではと思う方もいるかもしれません。

プールだと負担が少ないようなイメージがありますよね。ですが、これも先ほどと同様、症状の程度によります。

症状がかなり良くなっている方なら、プールでのウォーキングもOKです。ですが、普段から痛みやしびれが強い方は、プールでも当然まだダメということになります。

脊柱管狭窄症はジムで筋トレするのが有効?良い運動とダメな運動

3 ウォーキングが有効なのはなぜ?

黒板

脊柱管狭窄症の方で、症状がかなり良くなっているならウォーキングは有効です。なぜかと言うと、再発予防につながるからです。

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれは、神経だけが原因ではなく筋肉が原因の場合もあります。ですから、ウォーキングで筋力をつけることが再発予防になるということ。

運動をしていない方が、急に運動をすると筋肉痛が出ますよね。ですが、運動を続けると筋肉痛は出にくくなります。理屈はこれと同じことですね。

※ただし、決して無理し過ぎないように注意してくださいね。

4 ウォーキングするならどれくらい歩くのがいい?

ウォーキング

脊柱管狭窄症の方が、ウォーキングをするならどれくらい歩くのが良いのか?これは個人差があるというのが正解。

症状が良くなっているとは言っても、もともとのその方の体力もあります。また、脊柱管狭窄症以外の病気があるなら、それも考慮しなければいけません。

ですから、あえて目安を言うなら、心地よく感じることができる程度となります。また、続けられる距離や時間ということになりますね。

5 脊柱管狭窄症の方がウォーキングをする時の注意点

注意点

脊柱管狭窄症の症状がかなり良くなっていて、ウォーキングをしようと思っている。そんな方向けの注意点があります。

3つありますのでそれぞれについて解説します。

5-1 無理をしない

ウォーキングをすること自体は、脊柱管狭窄症の症状がかなり良くなっているのなら良いことです。

だからと言って、無理をする必要はありません。ウォーキングをすることは、脊柱管狭窄症の方に取っての義務ではないのです。

あくまでも、健康管理が目的。ですから、無理をせずに取り組んでくださいね。

5-2 他の人と競わない

脊柱管狭窄症の方が、ウォーキングをする目的はご自身の健康管理です。他の方と距離や速さを競うものではありません。

ですから、自分のペースで、自分の好きな距離を歩けば十分。正しい基準はありませんから、自分でその日の状態で判断すればいいです。

長く歩くことや、速く歩くことが良いわけではありませんからね。

5-3 頻度は少なくても良いので続けることが大切

脊柱管狭窄症の症状が良くなり、再発予防のためにウォーキングをしよう!と意気込んで始めても、続かなければ意味がありません。

運動は続けるからこそ、体力も付きますし、体の変化も起こるものです。

数回だけ頑張って止めてしまうより、1週間のうちで頻度は少なくても良いので続けることが大切ですね。

6 脊柱管狭窄症の方でウォーキングをしようと思っているなら

ウォーキングをする夫婦

脊柱管狭窄症の方で、ウォーキングをしようと思うなら最初は少しで構いません。

たくさん歩くから良いというわけではないのです。本来の目的は、健康管理ですよね。ですから、無理をしないでくださいね。

歩けば良くなるというのは間違いです。ウォーキングは治療ではないということを忘れないようにしてくださいね。

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれでお悩みならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症の方にとってウォーキングが有効かどうかは、その方の症状の程度によるというのが正解
  • 脊柱管狭窄症の症状がかなり良くなっているならウォーキングは良いことだが、痛みやしびれがまだまだ強いなら控えるべき
  • ウォーキングは治療ではなく、健康管理のために取り組むものということを忘れてはいけない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加