脊柱管狭窄症で足が痛い場合に知って欲しい7つのポイント

7
Pocket

脊柱管狭窄症で足が痛いと、歩いたり立ったままでいるということがつらくなります。

こういった足の痛みは、脊柱管という神経の通り道が狭くなり神経が圧迫されることが原因とされています。ですが、実際にはそれだけが原因ではありません。

他にも考えられる原因がありますし、原因が変わるということは必要な対策もことなるということ。

では、脊柱管狭窄症で足が痛い場合、考えられる他の原因は何か?そして、その場合にはどういう治療などがあるのか?

脊柱管狭窄症による足の痛みについて解説しています。

1 脊柱管狭窄症で足が痛い場合の原因

黒板

脊柱管狭窄症で足が痛い場合、神経圧迫以外の原因として考えられるのは筋肉。

筋肉は固まってしまうと、強い痛みの原因になります。そして、筋肉が原因の痛みを筋膜性疼痛症候群と言い、脊柱管狭窄症でもこれは見られます。

歩くとか、立ったままでいるなど、動作や特定の姿勢に伴い足が痛む場合は、筋肉が原因の場合があるということですね。

2 間欠跛行も筋肉が原因で起こる症状

間欠跛行

脊柱管狭窄症の主な症状の1つに、間欠跛行があります。これも、神経だけではなく、筋肉が原因で起こる症状と考えられます。

固まった筋肉が原因で足の痛みが出ます。この場合、腰やお尻の筋肉が原因になりやすいですが、歩く時にはこういった筋肉を使います。

そのため、歩くとだんだん足が痛くなってきて、立ち止まって少し休むと足の痛みが治まりまた歩けるようになるということですね。

脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

3 足の痛みはどこの筋肉が原因になりやすいのか?

脊柱管狭窄症による足の痛みが筋肉に原因がある。そんな場合は、どこの筋肉が原因になりやすいかを解説します。

原因になりやすいのは主に3カ所。

3-1 腰

腰の筋肉

腰の筋肉が固まってしまうと、足の痛みの原因になりやすいです。

腰から神経が出ているからということではなく、腰の筋肉が固まったことで、足に痛みを出しているという状態。

前かがみや、腰を反らした時に痛むのは、腰の筋肉が原因のことが多いですね。

3-2 お尻

お尻の筋肉

お尻の筋肉が固まってしまった場合も、足の痛みの原因になりやすいです。

お尻には複数の筋肉があり、それはいろいろな動作や姿勢で働きます。そのため、かなり広い範囲で固まっている方が多いのが特徴。

歩くとか、立ったままでいると足が痛くなるような場合は、お尻の筋肉が原因のことが多いですね。

3-3 股関節周り

股関節周りの筋肉

足の痛みの原因になりやすい主な筋肉の3つめは、股関節周りにある筋肉です。ここが固まってしまうと、ひざから下に痛みが出やすくなります。

自覚症状として、股関節に痛みを感じることはないという方は多いです。ですが、実際に触ってみるとかなり固まっている方は多いのが実情。

デスクワークで座ったままの状態が続くと痛くなるようなら、股関節周りの筋肉が原因になっていることが多いですね。

4 足の筋肉は原因になる?ならない?

脊柱管狭窄症で足が痛い場合で、その原因が筋肉にある。それならば、足の筋肉自体は痛みの原因にならないのか?

これは、個人差があるというのが正解。足の筋肉が痛みの原因になっている人もいれば、先ほど解説した腰、お尻、股関節周りだけが原因の方もいます。

ただ、足の筋肉が原因になっている場合でも、腰やお尻、股関節周りの筋肉はほぼ間違いなく足の痛みの原因になっています。

足の筋肉が原因になる場合は、痛みを感じる部分にある筋肉が原因になっていることが多いです。

足の痛み

5 筋肉が原因で足が痛む時に気をつけて欲しいこと

バツ

脊柱管狭窄症による足の痛みがある。そしてその原因が筋肉にある時に、やってはいけないことがいろいろあります。それらをいくつか挙げますのでご参考下さい。

5-1 筋肉に負荷をかけること

例えば、筋トレやウォーキングといった筋肉に負荷をかける行為はできる限り控えて下さい。

筋肉が硬くなってしまったことで痛みが出ている場合、さらに負荷をかけると痛みが増したりいつまでも症状が悪化することもあります。

ですから、日常生活で必要な場合を除いて過度に筋肉に負荷をかけるような行為は控えるのが良いです。

5-2 過剰なストレッチや体操

脊柱管狭窄症の痛みがある時に、過剰なストレッチや体操等を行うのも良くありません。

何か自分でもしたいという気持ちはよく分かりますが、過剰にストレッチをしたり過剰に腰痛体操などに取り組むのは症状悪化につながりかねません。

適度に行うのは良いですが、いわゆる腹八分で止めましょう。

脊柱管狭窄症の方に知って欲しいやってはいけないこと7項目

6 筋肉が原因で足が痛む場合の対策

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による足の痛みが、固まった筋肉に原因がある。そんな場合は、その固まった筋肉が緩む必要があります。

そして、こういう場合には、痛み止めやブロック注射の効果はあまり期待できません。なぜなら、薬や注射の主な作用は筋肉を緩めることではないからです。

ではどうすれば良いのかというと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術する鍼の方法です。そのため、脊柱管狭窄症になっていても、原因が筋肉にあるなら施術ができるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

7 脊柱管狭窄症で足が痛む方へ

脊柱管狭窄症で足が痛む場合の原因が、筋肉にあると言われても信じられないという方は多いのではないでしょうか。

ですが、何でも神経が原因で痛むわけではありませんし、実際に神経圧迫になっていても筋肉だけが原因だった方が多いということも事実。

冒頭でも触れましたが、足の痛みの原因が変われば必要な治療も異なります。今まで痛み止めを飲んだり、ブロック注射をしてもダメだった方もいると思います。

そういう場合、手術しか方法が残っていないと考えるのではなく、筋肉が原因なのかもしれないと考えてみて欲しいのです。

筋肉が原因なら、手術をする必要はないのですから。

脊柱管狭窄症で足が痛い状態が続いてお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で足が痛む場合の原因は、神経圧迫だけではなく固まった筋肉が原因のこともある
  • 脊柱管狭窄症でよく見られる間欠跛行も、神経が原因ではなく筋肉が原因で起きていることも多くある
  • 腰、お尻、股関節周りの筋肉が足の痛みの主な原因になりやすい

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加