脊柱管狭窄症の激痛を何とかしたい!動けないほどの痛みの原因と対処法

激痛
Pocket

脊柱管狭窄症になり、腰や足が激痛でつらい。

歩くと痛くなるし、時には動けなくなるほど強く痛むことがある。こういう症状は困りますよね。

脊柱管狭窄症で激痛がすると、歩くどころか、立っていることも座っていることもつらくなる場合があります。

この激痛は、神経に原因があると思われていますが、実はそれ以外のこともあります。では、その原因とは何でしょうか?そして激痛の場合はどうすれば良いのでしょうか?

脊柱管狭窄症の激痛の原因や対処法について解説しています。

1 脊柱管狭窄症の激痛は何が原因?

黒板

脊柱管狭窄症による激痛の原因は、一般的には神経が圧迫されることとされています。ですが、実はもう1つあり、それは筋肉です。

筋肉がガチガチに固まってしまったことでも激痛になります。そういった筋肉が原因の痛みを、筋膜性疼痛症候群と言います。

体を少し動かしただけでも強烈な痛みが出る。そんな場合は、激痛の原因は筋肉にある可能性が高いですね。

2 筋肉が原因の激痛ってどういうこと?

疑問

脊柱管狭窄症による激痛の原因が、筋肉にあると言われてもよく分かりませんよね。そこで、筋肉が原因ということについてもう少し詳しく解説します。

筋肉に疲労がたまると、最初はコリができます。そして、そのコリの状態がさらにひどくなると固まってしまいます。その結果、筋肉が原因の痛みが出るようになります。

筋肉が原因の痛みは、動いている時や、立つとか座るといった特定の姿勢で痛むというのが特徴。体をちょっと動かした時に激痛がするなら、筋肉が原因と考えられるということですね。

3 神経圧迫になっていても激痛の原因は筋肉なの?

腰痛

MRIの検査をして、脊柱管という神経の通り道が狭くなっている画像を見た方は多いと思います。画像上で神経圧迫になっていても、激痛の原因は筋肉のことがあります。

それならば、MRIの画像は間違いかというとそうではありません。つまり、神経圧迫の状態になっているだけということ。

脊柱管が狭くなっていることは事実でも、必ずそれが激痛の原因なっているかというと話は別ということですね。

4 脊柱管狭窄症の激痛に対して病院で行われる治療

注射

脊柱管狭窄症で激痛がある場合、整形外科などの病院ではどういう治療をすることが多いのか?についてです。

激痛の場合に考えられる治療の1つがブロック注射です。麻酔を注入することで、神経の興奮を抑えることが目的。

ただ、ブロック注射は麻酔なので、効果が一時的なことも多いです。ですから、あまり大きな効果は期待できないかもしれません。

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

5 痛み止めの薬は激痛に効くのか?

痛み止め

脊柱管狭窄症の激痛に、痛み止めの薬はどうなのか?と思う方も多いのではないでしょうか。

薬に関しては、激痛の原因が何か?ということによります。痛みの原因には、炎症や神経、そして筋肉などがあり、薬の作用と痛みの原因が合致する必要があります。

痛み止めの作用には固まった筋肉を緩める作用はないので、筋肉が原因の激痛には痛み止めの薬による効果はあまり期待できません。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

6 激痛の場合は手術になるの?

人形

脊柱管狭窄症で激痛の場合、治療としては手術になるのかというとそうとは限りません。

いろいろ試してダメなら、手術という選択肢もあるでしょう。手術が必要なのは、手術が必要な症状が出ている場合。

膀胱直腸障害や麻痺というかなり重い症状が出ている場合は手術になる可能性が高いです。ですが、激痛=手術ではないのです。

脊柱管狭窄症が重症になるとどうなるの?重症例とその場合の対策

7 筋肉が原因の激痛にはこの方法

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で激痛があり、その原因が固まった筋肉にある場合はどうすれば良いのか?固まった筋肉に原因があるなら、筋肉が緩む必要があります。

ブロック注射や薬には、筋肉を緩める作用がほとんどありません。ですが、別の方法として、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

これは、固まった筋肉に鍼の施術をする方法。ですから、脊柱管狭窄症になっていても、激痛の原因が筋肉にあるなら施術をすることが可能ということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

8 筋肉が原因の激痛がある時にやってはいけないこと

バツ

脊柱管狭窄症で筋肉が原因の激痛の場合、やってはいけないことがいろいろあります。それは、筋肉に負担のかかること。

固まった筋肉に負担をかけると、さらに負担がかかってしまいます。その結果、さらに痛みが強くなったり、長引いてしまうということになりかねません。

激痛の場合は、そもそも痛くてあまり動けないと思います。ですが、無理して動くと痛みが増すということは忘れないようにしてくださいね。

脊柱管狭窄症の方に知って欲しいやってはいけないこと7項目

9 脊柱管狭窄症で激痛のある方へ

脊柱管狭窄症で激痛だと、いろいろと不安になることも多いと思います。いつになったら良くなるのか?手術になったらどうしようなど。

ただ、今回解説してきたように、激痛=手術ではありません。また、何でも神経が原因でもないので、注射や薬が効かなくてもあきらめないで欲しいのです。

筋肉が原因の激痛なら、注射や薬が効かないのは仕方がありません。そして、筋肉が原因なら手術の必要もないのです。

脊柱管狭窄症になっていても、激痛の原因は筋肉のこともある。そして、筋肉が原因なら、それに見合った対策が必要ということを知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症による激痛でお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で激痛がある場合、その原因は神経圧迫とは限らず固まった筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群のことがある
  • MRIで神経圧迫の状態になっている場合でも、そういう状態になっているだけで必ず神経が原因とは限らない
  • 筋肉が固まったことによる激痛の場合は、ブロック注射や痛み止めでは治まらないことが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加