脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

注射
Pocket

脊柱管狭窄症でブロック注射をしてもらったけれどまったく効かない。

薬やリハビリを続けてもダメで、歩くと少ししか歩けない。そんな状況だったので、ブロック注射をしたけれど効果なし。

なぜ、ブロック注射をしてもらったのに、効かないことがあるのでしょうか?

その理由は、実は非常にシンプルです。そして、ブロック注射が効かなかった場合にはどうすればいいのかという他の方法もあります。

脊柱管狭窄症で、ブロック注射を受けたけれど効かなかった方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない理由

黒板

脊柱管狭窄症でブロック注射をしても効かず、足の痛みやしびれが治まらない。その理由は、神経が原因ではないからです。

詳しく解説しますね。

1-1 神経だけが原因ではない

脊柱管狭窄症による痛みやしびれは、神経だけではなく筋肉も原因になることがあります。

筋肉が固まってしまい、痛みやしびれの原因になっていることは非常に多いです。その状態に対して、神経へのブロック注射をしても効かないということ。

お腹が痛い時に、目薬をさしても効かないのと理屈は同じですね。

1-2 筋肉が痛みやしびれを出している

脊柱管狭窄症になっていても、神経ではなく腰やお尻などの筋肉に痛みやしびれの発生源ができてしまっていることはあります。

こういった場合、筋肉ににできたその発生源への対処が必要。ですが、ブロック注射は痛みやしびれを感じる部分の元の神経に対しての麻酔。

つまり、足に痛みやしびれを感じるなら、背骨のどこから出ている神経が痛みやしびれの元になっているかを特定して注射をします。

だから効かないことがあるのです。

2 ブロック注射ってどういうもの?

注射

ブロック注射という言葉は知っていても、そもそもどういうものなのかは分かりませんよね。

そこで、ブロック注射について簡単に解説したいと思います。

2-1 ブロック注射をする目的

ブロック注射の目的は、麻酔を注射することで痛みを取ることが目的です。

脊柱管狭窄症なら神経が圧迫されている部分に対して注射をすることで、腰やお尻、足などの痛みを取るために行われます。

硬膜外ブロックや神経根ブロックといった種類があります。

2-2 ブロック注射の効果は?

ブロック注射は麻酔です。ですから、麻酔が切れたらまた痛みが出るということはあります。

他の効果として、血流が良くなることで組織の修復ということも言われますが、血流の改善であればブロック注射以外にも方法はたくさんありますよね。

2-3 ブロック注射が効かない場合は?

ブロック注射をしても痛みが取れないという場合は、神経以外にその痛みの原因があると考えられます。

つまり、痛み=神経とは限らないということですね。実際そういう方が多いので、ブロック注射は痛いだけで効果がなかったという方がいるのです。

2-4 ブロック注射は無意味?

ブロック注射は麻酔で、その麻酔が切れたらまた痛みが出ることがあるなら無意味では?と思うかもしれません。

ですが、痛みがかなり緩和することもありますし、たとえ一時的でも激しい痛みが治まり楽になるのであれば無意味ではありませんよね。

3 ブロック注射で筋肉が原因の痛みやしびれは取れないの?

疑問

ブロック注射の作用の1つに、筋肉を緩めるということがあります。

筋肉が固まったことで痛みやしびれが出ているのなら、ブロック注射で筋肉が緩んで症状が治まってもいいのではと思いますよね。

ですが、残念ながらブロック注射が筋肉を緩める作用は、あくまでも二次的な作用なのです。

筋肉を緩めることが主な作用ではないため、固まった筋肉を緩める効果はあるとは言え、大きな効果は期待できないということ。

そのため、ブロック注射では筋肉が原因の痛みやしびれに対しての効果は低いということになるのです。

4 ブロック注射がダメなら手術なの?

手術

脊柱管狭窄症では、痛み止めを飲んでもダメな場合にブロック注射が行われることが多いです。

では、そのブロック注射も効かなかったら、もう手術しかないのかというとそうではありません。なぜなら、原因が筋肉なら手術以外の方法があるからです。

手術が必要な場合というのは、膀胱直腸障害や麻痺といった重度の症状がでている場合です。

また、そこまでの症状ではなくても、いろいろ手を尽くしても症状に改善が見られず、日常生活が困難な場合。

ですが、筋肉が原因なら、まずは筋肉に対しての対策をしてみるという方法があるのです。

5 脊柱管狭窄症で痛みやしびれの原因になりやすい筋肉

脊柱管狭窄症の痛みやしびれに対してブロック注射が効かない。そんな場合は、症状の原因が筋肉にあることが多いです。

では、どこの筋肉に原因があるのかを解説していきます。

5-1 腰やお尻の筋肉

筋肉が原因の痛みやしびれ

腰やお尻の筋肉が固まってしまうと、脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因になりやすいです。

バツ印をつけている部分にある筋肉が固まってしまうと、矢印の先にある赤い印の部分に痛みやしびれがでやすくなります。

5-2 股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉が固まってしまった場合も、脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因になりやすいです。

バツ印をつけている部分の筋肉が固まってしまうと、ひざから下の脛や脛の外側、足の甲、指先などに痛みやしびれがでやすくなります。

6 筋肉が原因の痛みやしびれにはこの施術

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で、ブロック注射が効かない。そして、その痛みやしびれの原因が神経圧迫ではなく固まった筋肉にある。

そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する鍼の方法です。ですから、神経圧迫が原因ではない脊柱管狭窄症なら施術が可能。

ブロック注射が効かなくても、手術以外にも筋肉が原因ならこういう方法もあるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

7 脊柱管狭窄症でブロック注射が効かなかった方へ

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない。そんな場合でも、痛みやしびれの原因が筋肉にあるなら手術以外の方法もある。

ちょっと意外だったかもしれませんね。ですが、たとえMRIの画像で神経圧迫の状態になっていても、必ずそれが症状の原因とは限らないというのが事実。

神経圧迫が原因で、手術が必要なケースはあります。ですが、筋肉が原因ならそもそも手術は不要です。肩こりで手術ってしませんよね。

痛みやしびれの原因は神経以外にもあるのです。その事実に基づいて、総合的に脊柱管狭窄症を判断して対処することが大切ですよね。

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かなかった方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症でブロック注射が効かないのは、痛みやしびれの原因が神経ではなく筋肉にある状態だから
  • ブロック注射の目的は、麻酔をすることで痛みを抑えることなので、たとえ効いた場合でも麻酔が切れればまた痛むことはある
  • ブロック注射が効かなくても、筋肉が原因なら手術以外に考えられる方法はある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加