脊柱管狭窄症の痛みやしびれが治らない!お悩みの方に伝えたい4項目

悩む
Pocket

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが、何をやってもなかなか治らない。

リハビリも受けているし、痛み止めや、神経の薬も飲んでいる。ブロック注射もしてもらったけれど痛いだけ。

医師からは手術をするほどではないと言われているので、現状のまま行くしかないのかな?と思いつつも不安は消えない。

こんな風に脊柱管狭窄症の症状が治らないと、何をどうすれば良いのかと思いますよね。

ただ、脊柱管狭窄症の症状が治らない場合、実は見落とされている原因があることが多いです。そして、原因がそのままなので症状も治らない状態。

では、その原因と何なのか?また、必要なすべきことは何なのか?について解説しています。

脊柱管狭窄症が治らない状態の方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症の痛みやしびれが治らない理由

治らない理由

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが、何をやってもなかなか治らない。そんな場合に、考えられる理由を解説します。

1-1 神経に対しての治療しか受けていない

脊柱管狭窄症の症状が治らない場合、理由の1つとして神経に対しての治療しか受けていないことが考えられます。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれは、神経圧迫が原因のこともありますがすべてではありません。他にも原因があるのです。

痛みやしびれの原因が神経ではない場合に、リリカを飲んだりブロック注射を受けても効かないのは、それらは神経に対しての治療だからです。

1-2 炎症がないのに炎症止めの薬を飲み続けている

脊柱管狭窄症の症状が治まらない理由に、炎症がないのに消炎鎮痛剤を飲み続けているということが考えられます。

脊柱管狭窄症の症状が、炎症によって出ることはあります。ですが、炎症が治まって他の原因で痛みやしびれが出ている場合なら薬は効きません。

炎症がないのに、消炎鎮痛剤であるロキソニンを飲み続けても痛みやしびれは治まらないのです。

1-3 筋肉が原因の場合に負担のかかるリハビリをしている

脊柱管狭窄症の症状が治まらない理由として、筋肉が原因なのに筋肉に負担のかかる運動療法などのリハビリをしていることが考えられます。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、固まってしまった筋肉が原因で出ていることも非常に多くあります。

その状態に対して、過度に負担のかかる運動療法や、筋力トレーニングのようなリハビリをしていると痛みは治まりません。

2 痛み止めを飲んでも治らない理由

痛み止め

脊柱管狭窄症になると、痛み止めを処方されることが多いですよね。ですが、ちゃんと飲んでいるのに治らない。

その理由について解説します。

2-1 痛みの原因は神経だけではない

脊柱管狭窄症の症状に対して、処方される痛み止めにリリカがあります。

リリカの作用は神経の興奮を抑え、結果として痛みを止めるということ。ですが、痛みの原因は神経だけではありません。

固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合、リリカには筋肉を緩める作用はないので痛みも治まらないということですね。

2-2 筋肉が原因の痛みに痛み止めは効かない

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが、固まった筋肉が原因で出ている場合は痛み止めは効きません。

先ほどのリリカは神経に対しての薬。そして、処方されることが多いロキソニンは炎症が原因の痛みに対する薬。

どちらもダメな薬ではありません。ですが、主な作用は筋肉を緩めることではありません。だから、痛み止めを飲んでも効かないのです。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

3 ブロック注射を受けても治らない理由

注射

脊柱管狭窄症の方で、ブロック注射を受けたけれど治らないという方もいると思います。

その理由について解説します。

2-1 ブロック注射は麻酔

脊柱管狭窄症の症状がブロック注射で治らないのは、ブロック注射の効果が一時的ということが考えられます。

ブロック注射は麻酔を使います。ですから、注射後に痛みを感じなくなったとしても、時間の経過に伴い麻酔が切れればまた痛むということ。

ですから、効かないというよりも、一時的な効果と考えるのが良いかもしれません。

2-2 筋肉が原因の痛みには効かない

ブロック注射は、神経の働きを抑えることが目的です。そのために麻酔を注射するわけです。

ただ、脊柱管狭窄症の痛みやしびれは、神経ではなく固まった筋肉が原因で出ていることも多々あるのです。

固まった筋肉を緩める作用は、ブロック注射にはほとんどありません。そのため、筋肉が原因の痛みやしびれには、ブロック注射も効かないのです。

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

3 筋肉が原因の症状はどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状が、いろいろ試しても治らない。そして、その場合の原因が神経ではなく筋肉にあるなら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

薬や注射がダメということではなく、原因が神経ではなく筋肉にあるなら筋肉への鍼治療が選択肢の1つになるということ。

ツボではなく、固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。そのため、脊柱管狭窄症でも筋肉が原因なら施術ができるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

4 脊柱管狭窄症の症状が治らず長引いている方へ

脊柱管狭窄症の症状が、いろいろ続けていても治らないと手術を考えてしまうかもしれません。

手術が良いとか悪いとかを述べるつもりはありませんが、手術が必要かどうかは多くの方にも考えて欲しいと思います。

本当に神経が原因で、手術しか方法がないなら手術が良いです。ですが、今回解説してきたように、固まった筋肉が原因ならどうでしょうか?

肩こりで手術は変ですよね。ですが、これが脊柱管狭窄症になると、迷うことなく手術を受ける方は多いです。専門的なことなので仕方がないとは思います。

ですが、今回の解説で筋肉が原因のこともあると知った方は、治らないのは筋肉への対策がまだだからではないか?と考えてみて欲しいのです。

※筋肉が原因の場合でも、鍼治療で必ず治るという効果を保証するものではありませんので予めご了承ください。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが治らず長引いている方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症の症状が治らない場合、神経が原因ではないのに神経に対しての薬しか飲んでいないことが理由の1つとして考えられる
  • 炎症がないのに、炎症止めの薬を飲み続けていても脊柱管狭窄症の症状は治まらない
  • 筋肉が原因で痛みが出ている場合には、痛み止めの薬やブロック注射では治らないことが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加