脊柱管狭窄症でつま先立ちができない場合はどうすればいい?

つま先
Pocket

脊柱管狭窄症になり、つま先立ちができない。

こういう症状になると、日常生活でも困ることが増えますし、何よりも不安ですよね。

この、脊柱管狭窄症によるつま先立ちができない症状には、考えられる原因がいくつかあります。そして、それぞれの対処法も異なります。

つま先立ちができない場合の原因は何か?そして、その症状に対してはどういう方法があるのか?

脊柱管狭窄症でつま先立ちができない症状について解説しています。

1 脊柱管狭窄症でつま先立ちができない原因は?

黒板

脊柱管狭窄症でつま先立ちができない場合、考えられる原因が2つあります。

それぞれについて解説しますね。

1-1 神経が原因

脊柱管狭窄症でつま先立ちができない原因の1つに、神経が圧迫されていることがあります。

脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなり、その結果、神経が圧迫されてしまう。そして、神経が圧迫されるため、足に力が入らなくなりつまさき立ちができないという状態。

指先に力が入らない場合や、足首に力が入らない場合などがあります。

1-2 筋肉が原因

脊柱管狭窄症に伴い、つま先立ちができない。その原因として、筋肉が固まっていることがあります。

筋肉は固まってしまうと、脱力感や力が入りにくい症状の原因になることがあります。そのため、つま先立ちもできなくなってしまうということ。

力が入りにくくて、その結果つま先立ちもできないなら筋肉が原因の可能性があります。

2 神経が原因か?筋肉が原因か?

つま先

脊柱管狭窄症になり、つま先立ちができない。この場合の原因は、神経と筋肉の2つが考えられます。

2つの原因において何が違うのか?を解説します。

2-1 まったく力が入らないなら神経が原因

足にまったく力が入らなくてつま先立ちができない。そんな状態なら、神経が原因です。

神経が脊柱管で圧迫されることにより、麻痺が起こっている状態。そのため、まったく力がはいらず、つま先立ちもできないと考えられます。

2-2 こういった症状が見られるなら神経が原因

脊柱管狭窄症でつま先立ちができない症状に加え、その他の神経症状が同時に見られる場合も神経が原因です。

  • 膀胱直腸障害
  • 筋萎縮
  • 巧緻運動障害

こういった神経特有の症状があり、つま先立ちもできない状態なら、神経が圧迫されていることが原因です。

膀胱直腸障害というのは、排泄が困難になったり失禁してしまう症状です。筋萎縮は、見た目に明らかに筋肉がやせ細ってしまう症状。

そして、巧緻運動障害は、歩くとふらついたり、力が入りにくくなってしまうことを言います。

脊柱管狭窄症が重症になるとどうなるの?重症例とその場合の対策

2-3 力が入りにくいならどちらの場合も考えられる

力が”入らない”ではなく、”入りにくい”ため、つま先立ちができない。この場合の原因は、神経と筋肉のどちらとも考えられます。

そのため、先ほど挙げたような、他の症状が出ていないかで判断する必要があります。

2-4 力が入りにくい時と入りやすい時があるなら筋肉が原因

足に力が入りにくい時と、入りやすい時がある。そのため、日によってつま先立ちができたり、できなかったりするなら原因は筋肉のことが多いです。

神経圧迫の状態は常に変わりません。それなのに、つま先立ちができたりできなかったりする。つまり、神経圧迫が原因ではないので、筋肉が原因と考えられるのです。

3 つま先立ちができない場合はどうすればいい?

手術

脊柱管狭窄症で、つま先立ちができない。この場合どうすれば良いのかというと、原因によって対処法も異なります。

詳しく解説しますね。

3-1 神経が原因なら手術

脊柱管狭窄症で、つま先立ちができない。この症状の原因が神経圧迫にあるなら、手術になる可能性が高いでしょう。

症状の程度や、他にどういった症状が出ているかにもよりますが、手術をしなければ後遺症が出ることもあります。

医師が手術と診断したのなら、手術を受けるのが良いですね。

3-2 筋肉が原因なら手術以外の方法もある

つま先立ちが、力が入りにくくてできない。もしくは、日によってはできることもある。そういう場合は、筋肉が原因の可能性が高いです。

筋肉が固まった結果、力が入りにくくなっている状態。ですからその場合なら、手術以外の方法として、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を直接施術する鍼の方法です。ですから、筋肉が原因の場合なら、選択肢の1つになり得るということ。

※鍼治療をすれば必ずつま先立ちができるようになるという効果を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

4 脊柱管狭窄症でつま先立ちが出来ない方へ

脊柱管狭窄症でつま先立ちができない。この症状は、かなり重い症状になります。ですが、すべての場合ではありません。

なぜなら、筋肉が原因でつま先立ちができないこともあるからです。

他の症状も含め、手術が必要なら手術を受けるのが良いです。ですが、つま先立ちができたりできなかったりする。そんな状況なら、手術の前に他の方法も試してみてはいかがでしょうか。

つま先立ちができない場合、筋肉に原因があるということも知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症の症状でお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症でつま先立ちができない場合、原因は神経圧迫と筋肉が固まっていることがある
  • 足にまったく力が入らないなら神経が原因だが、入る時と入りにくい時があるなら筋肉が原因の可能性がある
  • つま先立ちができず、他の重い神経症状も出ているなら手術になることが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加