脊柱管狭窄症で前屈すると楽になり反らすと痛むのはなぜ?

前屈
Pocket

脊柱管狭窄症の特徴に、前屈すると症状が楽になり、腰を反らすと痛むということがあります。

その理由として、前屈することによって神経圧迫が開放され、腰を反らすと神経が圧迫されるからというものがあります。

ですが、実はこれ以外にも理由があります。理由が違うということは、当然ですが対処法も異なります。

では、他の理由とは何か?そして、どういう対処法があるのか?について解説しています。

脊柱管狭窄症で前屈すると症状が楽になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症で前屈すると楽になる理由

黒板

脊柱管狭窄症で、前屈をすると症状が楽になる。その理由は神経だけではなく、実は筋肉にもあります。

固まった筋肉は、縮むと痛みを出します。こういう痛みを収縮痛と言います。逆に、固まって痛みの原因になっている筋肉は、伸ばすと痛みが軽くなります。

脊柱管狭窄症で足が痛くなってきた場合、前屈すると腰やお尻の筋肉が伸びます。そのため、症状が少し軽くなるということですね。

2 神経は関係ない?

悩む

脊柱管狭窄症で、前屈すると楽になる理由が筋肉にもある。そういう場合は、神経圧迫は関係ないのでしょうか?

このことについては、他の症状も含めて判断する必要があります。また、神経圧迫になっていても、実際には神経は関係なく筋肉が原因の方もおられます。

前屈すると痛みが出て、腰を反らすと楽になる。そういった逆のパターンの方もいるのです。ですから、何でも神経だけが原因ではないということですね。

3 前屈で楽になる場合に原因となる筋肉

脊柱管狭窄症で、前屈すると症状が楽になる。その場合の原因が、筋肉にある場合はどこの筋肉なのか?

このことについて解説します。

3-1 腰の筋肉

腰の筋肉

腰の筋肉が固まってしまうと、脊柱管狭窄症で見られる痛みの原因になります。

背骨のすぐ際や、背骨からやや外側にある腰の筋肉。これらが固まってしまうと、足に痛みが出るようになります。

歩いたり、立ったままでいると足が痛くなり、その時に前屈すると痛みが軽くなるなら、腰の筋肉が原因と言えます。

3-2 お尻の筋肉

お尻の筋肉

腰の筋肉と同様、お尻の筋肉が固まってしまうと、脊柱管狭窄症で見られる症状の原因になります。

お尻には複数筋肉があり、それらが固まるとかなり強い痛みやしびれの原因になります。

歩いたり、立っている時、座ったままでいる時間が長いと痛くなる。そんな場合で前屈すると症状が軽くなるなら、お尻の筋肉に原因があると考えられます。

4 筋肉が原因の場合には特徴がある

腰

脊柱管狭窄症で、前屈すると症状が楽になる。その原因が筋肉にある場合には、神経の場合とは異なる特徴があります。

  • 体が疲れていない時は痛みも軽い
  • お風呂上がりは少し楽なことがある
  • 痛みやしびれが日内・週内で変動する

筋肉が原因で痛みが出ているなら、上記のような特徴があります。神経が原因なら、こういったことはほとんど関係ありません。

5 こんな場合の痛みはどちらが原因?

自転車

脊柱管狭窄症で、前屈をすると症状が楽になる。そんな方が、他の状況で痛みが楽になる場合は、神経と筋肉どちらが原因なのでしょうか?

先ほども解説しましたが、痛みやしびれの症状が日によってとか、1週間のうちで変動があるようなら筋肉のことが多いです。

歩くと足が痛むが、自転車に乗ると症状が楽。買い物に行って、カートに体を預けるようにように前屈しながら歩くと痛みが楽。

こういった状況なら、神経ではなく筋肉に原因があると考えられます。

6 筋肉が原因の症状はどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが、前屈すると一時的でも軽快する。そして、その原因が筋肉にある場合はどうすれば良いのか?

固まった筋肉を動かすと、収縮痛という痛みが出ることは冒頭でも解説しました。ですから、その固まった筋肉が緩んで収縮痛が出なくなるようにすれば良いということになります。

そのための方法に、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術する鍼治療なので、脊柱管狭窄症になっていたとしても、痛みやしびれの原因が筋肉にあるなら施術が可能ということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

7 脊柱管狭窄症で前屈すると症状が楽になる方へ

脊柱管狭窄症で、前屈すると症状が楽にある。逆に、腰を反らすと痛みやしびれが出る。

こういう場合、前屈で神経圧迫が開放され、反らすことで神経が圧迫される。そんなイメージがあるかもしれません。ですが、実際には関係ない場合がほとんど。

前屈や反らした時に症状が出る原因が、神経圧迫ではなく他にある。そうなると、当然ですが必要な治療も変わりますよね。

ずっと神経が原因という前提で治療を受けている。でも、一向に良くならない。そんな場合は、筋肉が原因かもしれません。何でも神経が原因ではないということ。

前屈で楽になるけれど、結局はまた痛くなる。そんな方に、筋肉が原因でも痛みやしびれがあるということを知って欲しいと思います。

脊柱管狭窄症で前屈すると楽で腰を反らすと痛む方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で前屈すると楽になり、腰を反らすと症状が出る場合の原因は神経だけではなく筋肉のこともある
  • 腰やお尻の筋肉が固まっていると、腰を反らした時に痛みやしびれが出ることがあり、筋肉を動かした時の痛みを収縮痛と言う
  • 歩くと痛むが自転車に乗ると楽とか、買い物でカートに体重を預けて前屈気味で歩くと楽なら原因は筋肉

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加