脊柱管狭窄症はコルセットをした方が良い?必要な時と不要な時の違い

疑問
Pocket

「脊柱管狭窄症になったらコルセットはした方が良いのかな?」

病院で脊柱管狭窄症と診断され、足に痛みやしびれがある方なら、こんな風に思ったことがあるかもしれません。

では、実際にコルセットはした方が良いのでしょうか?また、どういう時にすると良いのでしょうか?逆に外した方が良い場合は?こういったことは気になりますよね。

脊柱管狭窄症の方にとってコルセットは有効なのか?また、有効ならどういう時にするのが良くて、外すのが良いのはどんな場合か?

脊柱管狭窄症とコルセットの関係について解説しています。

気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症にはコルセットをした方が良い?

黒板

脊柱管狭窄症になった場合、コルセットをした方が良いかどうかの判断基準は1つだけ。

コルセットをすることで症状が楽になるならする、コルセットをしても痛みやしびれといった症状が変わらないならしなくても大丈夫。

とても簡単ですよね。コルセットは治療ではありません。ですから、実際にしてみて楽かどうかで判断すれば良いということですね。

2 コルセットをしなくても悪化しない?

疑問

脊柱管狭窄症の方で、コルセットをしないと症状が悪化しないかなと心配になる方もいるかもしれません。

ただ、先ほども解説したように、コルセットを着けても症状が変わらないなら、コルセットをしないからといって悪化することはありません。

もし、悪化したのであれば他のことが原因です。コルセットで症状が変わらないなら、着けることで苦しいとか邪魔に感じるだけですから外しても大丈夫ですよ。

3 コルセットをすると楽になるのはなぜ?

ウォーキング

脊柱管狭窄症で、コルセットをすると症状が少し楽になる。その理由は何かというと、コルセットをすることで筋肉をサポートするからです。

コルセットを巻くことで、お腹周りに力が入りやすくなります。その結果、動きやすくなるため症状も少し楽になることがあるということ。

治療ではありませんが、実際に着けて楽なら着けるのが良いということですね。特に仕事中に楽なら、仕事中だけでも着けましょう。

4 こんな時はコルセットをしてはいけない

バツ

脊柱管狭窄症でコルセットをすると楽になる。そんな場合でも、コルセットをしてはいけない時があります。それは、寝る時。

コルセットは、筋肉をサポートするためのものです。簡単に言うと、力が入りやすくするためのもの。寝る時は力を入れることはありませんよね。

ですから、日常着けることで楽な場合でも、夜寝る時はコルセットをする意味がありません。安静時に着けるのは、血行を悪くすることもありますから外しましょう。

5 コルセットで楽になる場合の注意点

バツ

脊柱管狭窄症で、コルセットをすると症状が少し楽になり動きやすい。そんな方に気をつけて欲しいことがあります。

それは、コルセットをして楽な場合でも動き過ぎないということ。脊柱管狭窄症の症状は、神経だけではなく固まった筋肉が原因の場合もあります。

コルセットをして楽だからといって動き過ぎる。その時は楽でも、後から痛みやしびれが強くなることも考えられますから注意してくださいね。

脊柱管狭窄症の方に知って欲しいやってはいけないこと7項目

6 コルセットで楽になるならこんな方法もある

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の方で、コルセットをすると症状が楽になる場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

コルセットで楽ということは、筋肉がコルセットでサポートされると楽ということ。つまり、痛みやしびれの原因が筋肉にもあると言えますね。

そんな場合には、固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉に鍼をする、トリガーポイント鍼療法による施術が可能ということになります。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

7 コルセットをするかどうかで迷う方へ

脊柱管狭窄症で、足に痛みやしびれがあるとか、間欠跛行の症状も出ている。そんな場合、コルセットをした方が良いような気がしますよね。

ですが、冒頭でも解説したように、すべての方にとってコルセットが有効というわけではありません。

ですから、たとえ他の人が良いという場合でも、ご自身が楽に感じないのであればコルセットを着ける必要はないのです。

コルセットで楽になるならそれは良いことです。ですが、変わらないならそれは苦しいだけ。そもそもコルセットは治療ではないですから、苦しいならしなくても大丈夫ですからね。

一度着けてみて、楽かどうか。判断基準はその1つで良いですよ。ご安心を。

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれでお悩みならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症でコルセットをすると良いかどうかは、着けて楽ならすれば良いし変わらないならむしろしない方が良い
  • コルセットを着けても症状が変わらない場合、着けなくても症状が悪化することはないので無理にする必要はない
  • 脊柱管狭窄症の症状がコルセットを着けると楽になる場合でも、寝る時は必ず外すようにすることが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加