脊柱管狭窄症の症状で歩けない方に知って欲しい7つのポイント

歩けない
Pocket

脊柱管狭窄症になると、足の痛みやしびれで歩けない状態になることがあります。

歩けなくなるような痛みやしびれの原因は、神経圧迫だけと思われがちです。ですが、神経以外が原因で歩けない状態になっている方がいるのも事実。

歩けないくらいの痛みやしびれの原因が、神経なら神経に対しての治療などが必要です。ですが、原因が異なれば対策も異なります。

脊柱管狭窄症で歩けない場合に、考えられる原因は何か?そして、その場合はどうすれば良いのか?

脊柱管狭窄症になり痛みやしびれで歩けない方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症で歩けない原因は?

黒板

脊柱管狭窄症による痛みやしびれで歩けない場合、考えられる原因は2つあります。

それぞれについて解説しますね。

1-1 神経が原因

脊柱管狭窄症による痛みやしびれで歩けない。その場合の原因1つ目は、神経が圧迫されているために症状が出るからということ。

脊柱管という神経の通り道が、骨や靱帯、椎間板などの変形によって狭くなり神経が圧迫される。そのために、痛みやしびれが出るということですね。

痛みやしびれが常にあり、歩くとさらに症状が増すなら神経が原因の可能性が高いです。

1-2 筋肉が原因

脊柱管狭窄症になり、痛みやしびれで歩けない場合の原因はもう1つあります。それは、固まった筋肉が原因ということ。

筋肉は固まってしまうと痛みだけではなく、ビリビリ・ジンジンといったしびれの原因になります。そういった筋肉による症状を、筋膜性疼痛症候群と言います。

歩いている時だけではなく、特定の姿勢をした時に痛みやしびれが出るなら、筋肉が原因の可能性が高いです。

2 間欠跛行で歩けない場合は何が原因?

間欠跛行

脊柱管狭窄症になると、間欠跛行という症状が出ます。歩くと痛みやしびれが強くなるため歩けなくなり、少し休むと症状が弱くなるのでまた歩けるという状態。

この間欠跛行も、神経が原因とされることが多いです。ですが、実際には筋肉が原因で間欠跛行の症状が出ている方も多数います。

固まった筋肉が原因で症状が出る場合、歩くという動作でその筋肉を使います。だから、痛みやしびれが出て、休むと痛みやしびれが治まるということですね。

脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

3 この筋肉が原因で歩けない状態になる

脊柱管狭窄症で歩けない場合、筋肉が原因のことがあるということはすでに解説しました。では、どこの筋肉が原因になりやすいのか具体的に説明します。

3-1 腰の筋肉

腰の筋肉

脊柱管狭窄症で、歩けなくなる原因の筋肉1つ目は腰の筋肉です。

腰の筋肉が固まってしまうと、腰、お尻、そして足の痛みやしびれの原因になります。

バツ印の部分の筋肉が固まってしまうと、赤い印をつけている部分に痛みやしびれが出るようになるということですね。

3-2 お尻の筋肉

お尻の筋肉

脊柱管狭窄症で、歩けなくなる原因の筋肉2つ目はお尻の筋肉です。

お尻の筋肉も腰と同様に、固まってしまうと足の痛みやしびれの原因になりやすいです。

バツ印をつけているお尻の部分が固まってしまうと、お尻や太ももの裏、ふくらはぎ、ふくらはぎの横から足首にかけての痛みやしびれの原因になりやすいです。

3-3 股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉

脊柱管狭窄症で、歩けなくなる原因の筋肉3つ目は股関節周りの筋肉です。

股関節周りにも筋肉があり、ここが固まってしまうとひざからの下の痛みやしびれの原因になりやすいです。

特に、脛、脛の外側、足の甲、親指といった部分が痛くて歩けない場合は、股関節周りの筋肉が原因になっていることが傾向としては多いですね。

3-4 足の筋肉

足の痛み

脊柱管狭窄症で、歩けなくなる原因の筋肉4つ目は足の筋肉です。

歩くと締め付けられるように痛むのは、脛の外側辺りのことが多いのではないでしょうか。歩いていて痛くなる場合、ここの筋肉も原因になることがあります。

主な原因は、腰やお尻、股関節周りですが、足で痛みを感じる部分の筋肉も原因になる場合があるということです。

4 筋肉が原因で歩けない場合は薬や注射が効かないことが多い

注射

脊柱管狭窄症の痛みやしびれで歩けない時の原因が、神経ではなく固まった筋肉の場合や薬や注射が効かないことが多いです。

これは、薬や注射がダメということではありません。そうではなく、薬や注射には固まった筋肉を緩める作用はほとんどないからというのが理由。

ですから、筋肉が原因の場合で薬や注射が効かなくても、がっかりしないで欲しいということですね。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

5 筋肉が原因で歩けない場合の注意点

バツ

脊柱管狭窄症で足が痛い、しびれるという症状で歩けない。そんな場合は、必要以上に無理をして歩かないことが大切です。

固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている状態。そんな時に無理矢理歩くと、さらに痛みやしびれが強くなることが予想出来ます。

ですから、必要な場合は仕方がありませんが、それ以外は無理をしないことが良いということですね。

脊柱管狭窄症の方に知って欲しいやってはいけないこと7項目

6 筋肉が原因で歩けない場合はどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で歩けない。そして、その場合の原因が筋肉にある場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

一般的な鍼治療とは違って、固まって症状の原因になっている筋肉を施術する方法。ですから、脊柱管狭窄症になっていても、痛みやしびれの原因が筋肉なら施術ができます。

施術をする部分は、先ほど挙げた腰やお尻などになることが多いです。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

7 脊柱管狭窄症で歩けない方へ

脊柱管狭窄症の痛みやしびれで歩けない。そして、その原因が筋肉のこともある。本当かなと疑ってしまうかもしれませんね。

ですが、筋肉が原因で痛みやしびれが出て歩けない方は非常に多いです。そして、筋肉が原因なのにも関わらず、神経に対しての治療しか受けていない方も同様。

何でも神経が原因ではありません。原因が違えば、必要な治療や対策も変えなければいけませんよね。

ですから、たとえ今までの治療で歩けないままだとしても、筋肉の状態が固まったままならあきらめないで欲しいと思います。

脊柱管狭窄症による痛みやしびれで歩けない方はこちら

まとめ

  • 脊柱管狭窄症による痛みやしびれで歩けない場合、原因は神経の場合と筋肉の場合の2つが考えられる
  • 脊柱管狭窄症の間欠跛行のため長く歩けない場合も、神経ばかりが原因ではなく筋肉が原因で間欠跛行になることが多くある
  • 脊柱管狭窄症になっていても筋肉が原因で歩けない場合、腰、お尻、股関節周り、足の筋肉が原因になることが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加