脊柱管狭窄症は手術をすべき?手術を検討中の方に伝えたい6つのこと

考える
Pocket

脊柱管狭窄症になり、いろいろ試したけれど良くならない場合は手術すべきか?

誰でもできれば手術はしたくないですよね。でも、リハビリをしても、薬やブロック注射をしても足が痛いししびれる。

そんな状態が続くと、やっぱり手術しかないのだろうか?と考えてしまうと思います。

ただ、脊柱管狭窄症には、手術が必要な場合もあれば、手術以外の方法もあります。それは、たとえ薬やブロック注射がダメな場合でも。

脊柱管狭窄症で手術が必要な場合や、手術以外の方法について解説しています。手術を迷っている方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症は手術をすべき?

手術

脊柱管狭窄症で手術をすべきか?に対する答えは、症状の程度によって異なるというのが正解。

手術をすべき症状と、手術以外にも方法が考えられる場合があるということ。詳しく解説しますね。

1-1 脊柱管狭窄症で手術をすべき場合

脊柱管狭窄症で手術をすべき場合は、主に次の症状が出ている場合です。

  • 膀胱直腸障害
  • 麻痺
  • 下垂足

これらは、脊柱管狭窄症の中でもかなり重い症状。そのため、手術をしないと後遺症が出る可能性もあります。

ですから、こういった症状が出てしまっていて、医師が手術が必要と診断した場合は手術を受けるのが賢明です。

1-2 脊柱管狭窄症で手術以外の方法が考えられる場合

脊柱管狭窄症で手術以外の方法が考えられるのは、次のような状態の場合です。

  • 膀胱直腸障害など重度の症状が出ていない
  • 痛みやしびれに日内や週内での変化がある
  • 時には症状を感じないことがある

こういった場合は、手術以外の方法が考えられます。たとえ、痛み止めやブロック注射がダメだった場合でもです。

なぜかと言うと、このような状態は神経圧迫以外が原因の場合があるからです。

2 脊柱管狭窄症で薬や注射がダメでも手術をしなくて良い理由

黒板

脊柱管狭窄症で薬や注射が効かない。こんな場合、もう手術しか残されていないのかというとそんなことはありません。

なぜそう言えるのか?そして他の方法は何か?について解説します。

2-1 薬や注射が効かない時の原因は?

脊柱管狭窄症で薬や注射が効かない。でも足に痛みやしびれがある。そんな時の原因は、神経圧迫ではなく筋肉にあります。

筋肉は固まってしまうと痛みやしびれの原因に。そして、残念ながら薬や注射には、固まった筋肉を緩める作用はありません。

だから、真面目に処方された薬を飲んだりブロック注射をしてもらっても、痛みやしびれが変わらないということになるのです。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

2-2 筋肉が原因ならどうすればいい?

脊柱管狭窄症で薬や注射が効かない。そして、痛みやしびれの原因が神経圧迫ではなく固まった筋肉にある。

そんな場合は、神経圧迫に対しての手術ではなく、固まった筋肉を緩めることが必要。

つまり、固まった筋肉に対しての治療ができれば良いということになります。そのための方法は後ほど解説します。

3 こんな場合は神経ではなく筋肉が原因の痛みやしびれ

腰

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因が、筋肉にあるのはどのような場合か。

例をいくつか挙げます。

  • 痛みやしびれはあるがあまり感じない日もある
  • お風呂上がりは少し痛みやしびれが軽い
  • 体の疲労感が少ない日は痛みやしびれも弱い
  • 起床直後は痛みやしびれが強いがだんだん弱くなる
  • 長く歩けない日と歩ける日がある
  • 特定の姿勢で痛みやしびれが増すことがある
  • 特定の姿勢で痛みやしびれが軽くなることがある

現在、脊柱管狭窄症と診断されている場合でも、こういった状況なら筋肉が原因の痛みやしびれの可能性があります。

4 神経圧迫と痛みやしびれは関係ない?

疑問

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因が、筋肉にあると言われてもちょっと信じられませんよね。

MRIの画像を見て、神経の通り道が細くなってしまっている状態を病院で見た方ならなおさらだと思います。

では、あの画像は間違いだったのかというとそうではありません。MRIの検査で神経圧迫になっていたのならそれは事実。

ですが、たとえ神経圧迫の状態になっていても、そうなっているだけで痛みやしびれの原因ではない場合もあるのです。何でも神経が原因ではないということ。

神経圧迫が原因でなければ、神経に対しての治療は効かなくて当然。そして、神経圧迫ではなく筋肉が原因の痛みやしびれもあるということが事実なのです。

5 筋肉が原因の痛みやしびれはどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが筋肉にある。そんな場合はどうすればいいのかというと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

トリガーポイントというのは、簡単に言うと筋肉にできた痛みやしびれの発生源。そして、そのトリガーポイントを施術できるのがトリガーポイント鍼療法。

痛み止めの薬やブロック注射が効かなくても、筋肉が原因ならこういった鍼の施術もあるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

6 脊柱管狭窄症で手術を迷っている方へ

脊柱管狭窄症で足の痛みやしびれがいろいろ試しても治まらない。

こうなると、手術も考えてしまうかもしれませんね。実際に、担当の医師から手術の話をされた方もいるかもしれません。

脊柱管狭窄症で手術が必要な場合は確かにあります。

ですが、今回解説してきたように、薬や注射がダメでも筋肉が原因の痛みやしびれがあるということは事実なのです。そしてそういう方がいるということも。

いろいろ試してもダメな場合でも、もしまだ筋肉への施術を試していないならトリガーポイント鍼療法があります。

緊急に手術をしなくて良い状態なら、手術は最後の最後まで取っておいてはどうでしょうか。

脊柱管狭窄症で筋肉に対しての施術についてもっと詳しくはこちら

まとめ

  • 脊柱管狭窄症には手術をすべき場合と手術以外の方法で対応できる場合がある
  • 脊柱管狭窄症の痛みやしびれには、薬や注射が効かないことがあり、その場合は神経ではなく筋肉が原因の可能性が高い
  • MRIの画像で神経圧迫になっていてもそうなっているだけで必ず神経が症状の原因とは限らない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加