脊柱管狭窄症の原因は何?考えられる理由と痛みやしびれの原因を解説

考える
Pocket

脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因は何か?

また、そもそもなぜ脊柱管狭窄症という病気になってしまうのか?そして、原因に対してはどういった治療などの対策があるのか?

実際に脊柱管狭窄症になり、足の痛みやしびれがある方ならこういったことが気になるのではないでしょうか?

脊柱管狭窄症になるのはなぜか?そして、なってしまうと何が原因で痛みやしびれが出るのか?そして、痛みやしびれはどうすれば良いのか?

脊柱管狭窄症の原因や対策について解説しています。気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症になる原因は何?

黒板

脊柱管狭窄症になってしまう原因には、考えられる要素がいくつかあります。主な要素は加齢。そのため、比較的中高年に多い病気です。

加齢に伴い、骨や靱帯、椎間板と呼ばれる部分が肥厚し変形します。その結果、脊柱管という背骨にある神経の通り道が狭くなってしまいます。

脊柱管という神経の通り道が、加齢に伴い狭くなってしまう。だから、脊柱管狭窄症と呼ばれています。

2 脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因は?

腰

脊柱管狭窄症になると、主な症状として腰から足にかけて痛みやしびれが出るようになります。

では、なぜ痛みやしびれが出るのかという原因について解説しますね。

2-1 神経圧迫が原因

脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因は、先ほども解説したとおり神経が圧迫されることにあります。

加齢に伴い、背骨、靱帯、背骨の間にある椎間板などが変形し、その結果神経の通り道が圧迫されてしまうということ。

2-2 筋肉が原因

脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因は、実は神経だけではなく固まった筋肉が原因で出ていることも多くあります。

筋肉は固まってしまうと痛みやしびれの原因になります。こういった、筋肉が原因の痛みやしびれを筋膜性疼痛症候群と言います。

脊柱管狭窄症は神経圧迫だけが痛みやしびれの原因ではないと言える理由

3 間欠跛行の原因は何?

間欠跛行

脊柱管狭窄症になると、間欠跛行という症状が出るようになります。この原因も、神経の場合と筋肉の場合があります。

間欠跛行というのは、歩くと徐々に痛みやしびれが出てきて歩きづらくなり、少し休むとそれらが治まりまた歩けるようになる症状。

神経が圧迫されるため、症状が強くなる場合と、固まった筋肉を動かすため症状が強くなる場合が考えられます。

脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

4 神経が原因か?筋肉が原因か?

選択

脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因。それが、神経なのか筋肉なのか?どちらが原因なのかは、どう判断すれば良いのでしょうか?

これについては、痛みやしびれの状態やその他の症状で判断する必要があります。

4-1 神経が原因の場合に見られる特徴

脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因が、神経圧迫の場合には特徴的な症状が見られます。

  • 麻痺
  • 膀胱直腸障害

この2つは、神経特有の症状。痛みやしびれがひどくなり、こういった症状が出た場合は神経が原因です。

4-2 筋肉が原因の場合に見られる特徴

脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因が、筋肉の場合には次のような特徴が見られます。

  • 痛みやしびれが日内・週内で変動する
  • 時には痛みやしびれを感じないことがある
  • 症状の強さが体調に左右される

痛みやしびれがこのような状況なら、神経ではなく筋肉が固まったことが原因と考えられます。

5 神経が原因の場合はどうすればいい?

痛み止め

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因が神経圧迫による場合、病院での治療としては保存療法が行われることが多いです。

神経が原因だからといって、何でも手術というわけではありません。まずは、保存療法で様子を見るということから始まるのが一般的。

リハビリ、痛み止め、さらにブロック注射。こういったことから治療を始めてみて、様子を見ていくということですね。

ただし、原因が神経でなければ、痛み止めやブロック注射の効果はあまり期待できません。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

6 神経が原因で手術になるのはこんな場合

人形

脊柱管狭窄症で手術になる場合は、原因が神経圧迫にあり、かなり重い症状が出ている場合です。

痛みやしびれがあっても、すぐに手術というわけではありません。ですが、かなり重い症状が出ている場合や緊急性の高い場合は話が別。

麻痺や膀胱直腸障害といったかなり重い症状が出てしまった場合は、手術になることが多いでしょう。

脊柱管狭窄症が重症になるとどうなるの? 重症例とその場合の対策

7 筋肉が原因の場合はどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが、筋肉が原因で起きている場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉が原因の場合は、薬や注射が効かないことが多いです。ですが、固まった筋肉を施術するトリガーポイント鍼療法なら施術が可能。

腰やお尻、股関節周りが痛みやしびれの原因になりやすいです。そこへ直接鍼で施術をするということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

8 脊柱管狭窄症の原因について知って欲しいこと

脊柱管狭窄症になってしまう原因、そして痛みやしびれといった症状の原因について解説してきました。いかがでしたでしょうか?

おそらく、多くの方が痛みやしびれは神経圧迫だけが原因と思っていたのではないでしょうか。そして、筋肉が原因ということが意外に思った方も。

信じられないかもしれませんが、筋肉が原因で痛みやしびれが出るのは事実。そして、原因が異なるということは、当然必要な治療も変わります。

薬や注射で良くならない。手術を受けてもダメだった。そういう方も、実は神経ではなく筋肉が原因だったからということがあります。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが続くと、落ち込んでしまうかもしれません。ですが、原因が違えば対処法も異なるということを知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症による痛みやしびれでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症になってしまう原因は、加齢に伴い背骨や靱帯、または椎間板などが肥厚したり変形することにある
  • 脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因は、神経圧迫の場合と固まった筋肉による筋膜性疼痛症候群の場合がある
  • 神経が原因の場合、病院では保存療法から始まることが多く、筋肉が原因ならトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加