脊柱管狭窄症で手術後も痛みが変わらない方に知って欲しい7つのポイント

痛い
Pocket

脊柱管狭窄症の手術後も痛みが変わらない。

足の痛みやしびれがつらくて、長く歩けない状態が続いていた。日常生活への影響も大きかったので、思い切って手術を受けた。

それなのに、手術後も痛みがあまり変わらない。

こうなるとつらいですよね。ですが、そもそもなぜ手術後も痛みが変わらないのでしょうか?また、その場合はどうすればいいのでしょうか?

脊柱管狭窄症の手術後も痛みが変わらない場合の理由、そして、実際にそうなってしまった場合の対処法について解説しています。

手術後も足の痛みやしびれが続いている方はどうぞ。

1 脊柱管狭窄症の手術後も痛みが変わらない理由

黒板

脊柱管狭窄症の手術後も痛みが変わらない理由は、痛みの原因が神経圧迫ではなかった可能性が高いということ。

このことについて詳しく解説します。

1-1 原因を取り除いたのに痛むのは?

脊柱管狭窄症の手術は、簡単に言うと神経が圧迫されている部分を取り除くということをします。

手術をして神経圧迫がなくなった。それなのに、手術後も足の痛みがあるということは、神経圧迫が痛みの原因ではなかったということになります。

原因を取り除いたのに結果が変わらない。これは、原因が違っていたと考えざるを得ません。

1-2 他の原因は何?

脊柱管狭窄症で手術後も痛みが変わらない。この場合、神経圧迫以外に考えられる原因は筋肉です。

筋肉は固まってしまうと痛みやしびれの原因になり、そういった筋肉が原因の症状を筋膜性疼痛症候群と言います。

神経圧迫という痛みやしびれの原因を手術で取り除いた。でも痛いということは、他の原因として筋肉が考えられるということですね。

2 手術が必要なのはこんな症状

手術

脊柱管狭窄症で、手術が必要な場合があります。それは、かなり重度な症状が出てしまった場合です。

  • 膀胱直腸障害
  • 麻痺
  • 下垂足

こういった症状が出た場合は手術が必要でしょう。特に、膀胱直腸障害や麻痺の場合は手術をしないと、後遺症が出て日常生活への影響が大きいことが予想されます。

ただ、問題はこういった症状がなく、痛みやしびれなどの場合です。

3 痛みやしびれだけなら手術は必要か?

考える女性

脊柱管狭窄症の症状が先ほど挙げた重度のものではない。そして、痛みやしびれだけなら手術は必要かというと、すべてにおいて必要とは限りません(※必要な場合もあります)。

冒頭でも少し触れましたが、筋膜性疼痛症候群という筋肉が原因の可能性も十分考えられるからです。

手術後も痛みが変わらないという方は、手術前の症状がどうだったか思い出してみてください。痛みやしびれだけだったのなら、神経ではなく筋肉が原因の可能性があります。

だったら、手術なんてしない方が良かったとがっかりするかもしれません。そうではなく、他に原因がまだあると考えて欲しいのです。

4 筋肉が原因で痛みもしびれも出る

足のしびれ

脊柱管狭窄症の痛みやしびれというと、神経圧迫が原因と思われがち。実際にそういう場合もありますが、すべてではありません。

神経以外にも、筋肉が固まってしまったことで痛みだけではなくしびれが出ることも多々あります。

前かがみや体を反らすと足に痛みがはしるとか、ずっと立ったままや座ったままでいると痛みやしびれが出る。

そういった、特定の動作や姿勢で症状が出る場合は、筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群と考えられます。

5 間欠跛行も筋肉が原因で出る

間欠跛行

脊柱管狭窄症の症状に間欠跛行があります。

歩くとだんだん足が痛くなってきて、途中で少し休むと治まるのでまた歩けるという状態のことですね。

この間欠跛行も、神経圧迫が原因とされています。ですが、実は間欠跛行も筋肉が原因で出ている場合があります。

固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合、歩くという動作でその筋肉を使います。だから、歩くと痛みが出てきて、休むと治まりまた歩けるようになる。

手術後も痛みが変わらず、間欠跛行も見られる。そんな場合は、筋肉が原因の可能性が高いと言えますね。

脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

6 こんな部分が痛みやしびれの原因になりやすい

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが筋肉にある場合、どの辺りが原因になりやすいのかを解説します。

原因になりやすいのは主に3カ所です。

  • お尻
  • 股関節周り

こういった部分の筋肉が固まってしまうと、脊柱管狭窄症特有の痛みやしびれ、そして間欠跛行の原因にもなりやすいです。

2枚の写真をご覧ください。

筋肉が原因の痛みやしびれ

腰やお尻の筋肉が原因になりやすい

股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉が原因になりやすい

2枚の写真にバツ印をつけた部分があります。このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印の部分に痛みやしびれが出やすくなります。

手術後も痛みが変わらない方で、手術前にこういった部分にコリを感じたことがなかったでしょうか?お尻をトントンと叩きたくなることはありませんでしたか?

そのような状態だったのなら、神経圧迫になっていても原因は筋肉だった可能性が高いです。

7 手術後も痛みが変わらないならどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で手術後も痛みが変わらない。そして、その場合の原因が筋肉にある。

こういった状況なら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。固まって痛みやしびれの元になっている筋肉へ施術する方法です。

ですから、神経圧迫が原因ではない場合で筋肉が原因なら施術が可能ということ。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

最後に

脊柱管狭窄症で手術をしたのに痛みが変わらない。

怖い思いや不安を抱えながら手術を受けたのに、結果がこんな風だと落ち込んでしまうかもしれません。また、手術がダメなら今後どうすればいいのかと思ってしまいますよね。

ですが、たとえこういった状況でも、神経ではなく筋肉が原因の可能性はあります。そして筋肉が原因なら、トリガーポイント鍼療法という施術も。

筋肉が原因だなんて信じられない。そう思うかもしれません。ですが、筋肉が原因で痛みやしびれが出ることは事実。

ですから、手術後も痛みが変わらなくても、こういう方法もあるということをまずは知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症で手術後も痛みが変わらない方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症の手術後も痛みが変わらない場合は、神経圧迫ではなく筋肉が原因の可能性が高い
  • 筋肉が固まってしまったことによる症状を筋膜性疼痛症候群と言い、痛みやしびれ、そして間欠跛行の原因にもなる
  • 腰、お尻、股関節周りの筋肉が固まってしまうと、脊柱管狭窄症特有の痛みやしびれの原因になりやすい

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加