腱鞘炎に伴う腕の痛みやだるさがつらい!原因や具体的な対策など9項目

腕の痛み
Pocket

腱鞘炎になり、腕の痛みやだるさがありつらい。

腱鞘炎というと、手首や指が痛くなるイメージがあると思います。ですが、場合によっては腕の痛みやだるさが出ることも珍しくありません。

では、そういった、腕の痛み、だるさが出るのはなぜでしょうか?そして、腱鞘炎とはどういう関係があるのでしょうか?腕の痛みやだるさがある方なら、気になるかもしれませんね。

実は、腱鞘炎と腕の痛みやだるさには、大きな関係があります。そして、腕の痛みとだるさの対策もちゃんとあります。

では、その原因や対策は何でどうすれば良いのかについて解説をしています。

腱鞘炎になり腕の痛みやだるさがつらい方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎に伴う腕の痛み・だるさの原因は?

黒板

腱鞘炎に伴い、腕の痛みやだるさがある。この場合の原因は何かというと、筋肉が固まってしまったことにあります。

腱鞘炎で痛みが出るのは、手首のことが多いです。その手首にある腱は、腕の筋肉とつながっています。つまり、腕の筋肉が悪くなっているから、手首の腱も悪くなり痛みが出ているという状態。

指を動かしたり、手に力を入れる時、腕の筋肉を使います。ですから、腱鞘炎で腕が痛い・だるいではなく、腕の痛みやだるさが出るくらい筋肉が固まっている。だから、腱鞘炎の痛みが出ているということなのです。

2 腕の痛みやだるさの原因になるのはこの筋肉

腱鞘炎に伴う腕の痛みやだるさの原因は、腕の筋肉が疲労して固まっていることにあります。

では、どの辺りの筋肉が原因になりやすいのかを紹介します。写真をご覧ください。

腕の痛み・だるさの原因になる筋肉

写真の赤い印を付けている部分には、親指を動かす筋肉があります。この筋肉が固まってしまうため、腕が痛くなったりだるくなったりするのです。

そして、手首にバツ印を付けています。親指を動かす筋肉が固まってしまうと、バツ印の部分に痛みが出やすくなります。

※他にも腕の痛み・だるさの原因になる筋肉はあります。

3 腕が痛い・だるい時の注意点

注意点

腱鞘炎に伴い、腕の痛みやだるさがある。そんな時には、注意して欲しいことがあります。それは、手を使うなら、無理のない範囲でということ。

固まった筋肉が原因で、腕のだるさや痛みが出ています。さらには、腱鞘炎の痛みも。その状態で、手を過剰に使うとさらに症状が増すことが予想されます。

手なので使わないわけにはいかないとは思います。ですから、必要な範囲で使う。そして、それ以上のことはできるだけ控えるのが良いですね。

4 こんな動作は腕の痛みやだるさを悪化させる

字を書く

腱鞘炎になり、腕の痛みやだるさもある。その場合、これから挙げる動作などをすると、腕の痛みやだるさ、そして腱鞘炎の痛みが強くなる可能性が高いです。

  • 字を書く
  • タオルを絞る
  • 重い荷物をくり返し持つ
  • フライパンを振る
  • 包丁で硬い野菜を切る
  • キーボードを長時間使う
  • 腕を使うスポーツをする

他にもいろいろとありますが、上記のような動作を続けていると腕の痛みやだるさが増すことがあります。

5 筋肉が原因なら鍛えるのはどうか?

ダンベル

腕の痛みやだるさ、さらには腱鞘炎による手首の痛みの原因は筋肉にある。それならば、筋トレをして鍛えれば良いのでは?こう考える方もいると思います。

ですが、痛みやだるさがある時に鍛えるのは良くありません。なぜなら、痛みやだるさが増してしまうことがあるからです。

筋肉が原因ということは、筋肉がケガをしているのと同じと思ってください。ケガを治すために筋トレはしませんよね。腱鞘炎に伴う症状でも同じことが言えるのです。

6 痛みやだるさに湿布は有効か?

湿布

腕の痛みやだるさに対して、湿布を貼ることはどうかな?と思った方もいると思います。湿布に関しては、有効な場合とそうでない場合があります。

痛みやだるさの原因には、筋肉の場合と炎症の場合があります。湿布は消炎鎮痛剤ですから、炎症が原因で痛みやだるさが出ているなら有効。ですが、筋肉が原因なら効果は期待できません。

ですから、一度気になる部分に貼ってみることが良いです。試してみて楽になるならしばらく貼り続ける。そうでなければ、筋肉をゆるめることが必要ということですね。

7 痛みやだるさに痛み止めは有効か?

痛み止めの薬

腕のだるさや痛みに対して、飲み薬としての痛み止めはどうかなと思う方もいると思います。ただ、痛み止めに関しては、多くの場合湿布と同じと思って下さい。

痛み止めとして処方される薬の多くは消炎鎮痛剤です。ですから、湿布と同様に、炎症に対しての症状には有効。ですが、固まった筋肉が原因の場合には、筋肉をゆるめる作用がありません。

ですから、病院で処方されたのなら、医師の指示を守って飲んでみる。効果がなければ、炎症はないけれど、筋肉が固まったことで症状がでていると考えることができます。

腱鞘炎で痛み止めが効かない!ロキソニンを飲んでも痛む理由と対処法

8 筋肉が原因の痛みやだるさの対策

腱鞘炎

腱鞘炎に伴う腕の痛みやだるさの原因が、固まった筋肉にある。そんな場合は、筋肉をゆるめる必要があります。そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法。

固まって、痛みやだるさの原因になっている筋肉を施術する方法です。ですから、腱鞘炎になり腕の痛みやだるさもある場合なら施術が可能ということ。

手を使った仕事などをしていると、腕の痛みやだるさが出てくる。そんな場合は、トリガーポイント鍼療法での施術ができるということになります。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

9 腱鞘炎で腕の痛みやだるさがある方へ

腱鞘炎に伴い、腕の痛みやだるさがあると困りますよね。手なので、日常生活や仕事で使わないわけにはいかない。でも、使うと痛みやだるさが出てくる。

こんな時は、できる限り使う頻度を下げて、同時に筋肉の状態を良くしていくという方法が良いですね。

湿布や薬に関しては、病院で処方されたのなら医師の指示を守ってください。そして、その上で筋肉の状態も良くするようにしていく。

腱鞘炎が治まらないと、手術まで考えてしまうこともあるでしょう。ですが、手術にしても100%の方法ではありません。

ですから、まずは筋肉の状態を良くする。そして、そのための方法もちゃんとあるということを知っていただければと思います。

腱鞘炎になり腕の痛みやだるさでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎に伴う腕の痛み・だるさの原因は、腕の筋肉が固まってしまったことにある。そして、その筋肉は腱鞘炎の原因にもなっている
  • 筋肉が原因で腕の痛み・だるさが出ている場合は、手を使うことはできる範囲でいいので控える。特に、字を書く、荷物を持つなど腕に負担のかかることは控えるのが良い
  • 筋肉が原因で痛みやだるさが出ている場合、湿布や痛み止めは効かないことがある。なぜなら、湿布も薬も消炎鎮痛剤なので、炎症に対しては有効だが固まった筋肉をゆるめる作用はないから

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加