腱鞘炎で朝のこわばりは何が原因?考えられる原因や対策など8項目

ばね指
Pocket

腱鞘炎になり、朝起きた時に手のこわばりがある。

毎朝起きた直後は、手がこわばっているため、動かしにくいし痛みもある。もしかして、リウマチかと思い、血液検査をしてもらったけれど異常なし。

リウマチではないので、湿布を貼ったり痛み止めは飲んでいる。日中も痛むのでサポーターも使っている。でも、やっぱり毎朝のこわばりは変わらない。

こんな、手のこわばりは何が原因なのでしょうか?そして、朝のこわばりはどういうことをすれば良いのでしょうか?

実は、腱鞘炎による朝のこわばり、そして、手や指の動かしにくさの原因はちゃんとあります。そして、この場合の対策もあるのです。

では、こわばりの原因は何か?そして、どうすれば良いのか?などについて解説をしています。

腱鞘炎で朝起きた時に手のこわばりがある方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎で朝手がこわばる理由

黒板

腱鞘炎になり、朝起きた時に手のこわばりがある。そんな状態になぜなってしまうのかというと、腕や手のひら、指などの腱・筋肉が固まっているからです。

腱や筋肉が疲労し、固まってしまうとこわばりや痛みの原因になります。腱鞘炎によるこわばりなども同じということ。

朝起きた時はこわばりが強く、時間とともに治まってくる。そんな状態なら腱や筋肉が原因。朝起きてから手を使うことで、腱や筋肉のこわばりが少し治まったということですね。

2 朝のこわばりは、この腱や筋肉が原因

腱鞘炎で、朝起きた時にこわばりがある。その理由は、腱や筋肉が固まっているからということを解説しました。

では、具体的にどの辺りの腱や筋肉が原因になることが多いのかを続けて解説します。写真をご覧ください。

こわばりの原因になる腱と筋肉

手首の腱、腕の筋肉がこわばりの原因になる

こわばりの原因になる筋肉

腕や手のひらの筋肉がこわばりの原因になる

2枚の写真それぞれに、赤い印とバツ印を付けています。

赤い印の部分にある腱や筋肉が固まってしまうと、バツ印の部分がこわばったり、痛みが出ることが多いです。

3 こわばりに対して湿布の効果は期待できない

湿布

腱鞘炎になり、朝起きた時に手や指がこわばっている。こういう状態に対しては、湿布の効果を期待できないことが多いです。

その理由は、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。つまり、炎症に対して湿布は有効。ですが、こわばりの原因が腱や筋肉が固まったことなら、湿布を貼っても効かないことが多いです。

湿布に関しては、一度寝る前に貼ってみるのが良いですね。そして、朝起きた時楽に感じるなら、その後も使ってみる。何も変わらなければ、湿布は止めるということで良いでしょう。

4 朝こわばる状態なら温めるのが良い?

シャワー

腱鞘炎なり、朝起きた時にこわばっている。そんな場合は、手や指先を温めることが良いですね。

固まった腱や筋肉が原因でこわばりが出ています。ですから、冷やすよりも温めることが良いということになります。

お風呂上がりは腱鞘炎の痛みが少し軽くなる。そんな状態なら、お風呂で腕や手先を温めたり、寝る時も温めるような工夫をすると良いですね。

5 腱や筋肉が原因ならストレッチはどうか?

腕のストレッチ

固まった腱や筋肉が原因で、朝手がこわばってしまう。それなら、腕の筋肉をストレッチするのはどうか?と思う方もいるのではないでしょうか。

ストレッチをすること自体は良いことです。手の甲側、手のひら側の腕の筋肉を伸ばしてみてください。

長時間、力任せに行うのは良くないです。優しく、丁寧に、少しの時間で構いません。その代わり、続けるようにしてみてくださいね。

6 朝のこわばりがある時に気をつけて欲しいこと

注意点

腱鞘炎による朝のこわばりがあり、その原因が固まった腱や筋肉にある。そんな時に気をつけて欲しいことは、必要以上に手を使わないということ。

腱や筋肉が固まった結果こわばりが出ているのは、腱や筋肉に疲労が溜りすぎたからです。その状態でさらに手を使い過ぎると、こわばりや痛みが増すことが考えられます。

手ですから、使わないわけにはいかないと思います。ですから、必要な範囲だけ使う。そして、それ以上はできる限り無理をしないことが大切です。

7 腱や筋肉が原因でこわばる場合の対策

腱鞘炎

固まってしまった腱や筋肉が原因で、朝起きた時に手や指がこわばっている。そんな状態の対策として、腱や筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、こわばりや痛みの原因になっている腱、筋肉を直接鍼で施術する方法です。そのため、朝のこわばりの原因が腱、筋肉にあるなら施術ができるということですね。

朝起きた時はこわばっていて、しばらくすると徐々にこわばりが治まってくる。そんな場合は腱や筋肉が固まったことが原因。ですから、トリガーポイント鍼療法で施術ができます。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

8 腱鞘炎で朝起きた時に手や指がこわばっている方へ

朝起きた時に、手や指がこわばっている。こういう場合、リウマチかなと心配になる方が多いと思います。

でも、検査をした結果リウマチではない。では何が原因かというと、腱鞘炎と言われて湿布を処方される。そして、湿布を貼るけれど、朝のこわばりがスッキリしない。

こういう状態だと、何が本当の原因かと不安になるかもしれません。

ですが、こういう状態こそ、腱や筋肉が固まってしまった結果です。今回解説してきたように、腱や筋肉が固まるとこわばりや痛みの原因になってしまいます。

そんな状態には、湿布も痛み止めも、さらには注射も効かないことが多いです。なぜなら、湿布や薬には、腱や筋肉をゆるめる作用が元々ないからです。

ですが、例えそういう状態でも、固まった腱や筋肉への対策はちゃんとあります。保温、ストレッチ、そしてトリガーポイント鍼療法など。

湿布や薬でこわばりが取れなくても、原因は実はちゃんとあるということ。そして、その場合の対策もあるということを知ってもらえればと思います。

腱鞘炎で朝起きた時に手や指がこわばっている方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎による朝のこわばりは、手や腕の腱、筋肉が固まってしまったことが原因。起きた直後はこわばりが強くても、しばらくすると治まってくるなら腱や筋肉が原因の証拠
  • 湿布は貼る消炎鎮痛剤。そのため、炎症には有効だが、こわばりに対しては効果が期待できない
  • こわばりの原因は、固まった腱や筋肉にある。そのため、保温や筋肉のストレッチをすることは構わない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加