腱鞘炎で手首が引っかかるのはなぜ?考えられる理由と対応策など8項目

手首
Pocket

腱鞘炎になり、手首を動かした時に引っかかる感じがする。

音がするほどではないけれど、手首の中で何かが引っかかって跳ねるような感覚がある。そして、同時に痛みもある。

こういう状態の理由は何でしょうか?そして、引っかかりや痛みはどうすれば良いのでしょうか?

腱鞘炎に伴い、手首を動かした時に引っかかる。そして、手首の痛みもある。こんな場合、原因はちゃんとありますし対策もあります。

では、その原因は何か?そして、引っかかりや痛みに対してはどういうことが良いのか?などについて解説をしています。

腱鞘炎で手首が引っかかる方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎で手首が引っかかる理由

黒板

腱鞘炎になり、手首が引っかかる感じがする。その理由は、手首周囲の腱や筋肉が固まっているため、それらがスムーズに動いていないからです。

手首周りには、数本の腱があります。その腱が固まってしまうと、動きが悪くなり引っかかる原因になってしまうということですね。

手首を動かした時に、関節の中で腱が跳ねるような感じがする。または、手首の関節が詰まったように感じる。こういう場合は、腱が固まって引っかかっている状態です。

2 引っかかりの原因になりやすい腱

手首の腱

腱鞘炎で手首が引っかかる感じがするのは、腱に原因があるとお伝えしました。その腱について、もう少し詳しく説明しますね。

上の写真で、手首に赤い丸を付けています。赤い丸の中に、二本のスジが見えると思います。これが腱。見た目には二本ですが、実際にはほぼ重なっているもう一本の腱があります。

そして、三本の腱のどれか、もしくは全部が固まってしまうと、動きに”遊び”がなくなります。そのため、手首を動かした時に引っかかるという状態になってしまうのです。

3 腱が固まってしまうのはなぜ?

疑問

腱鞘炎で、手首が引っかかる。その理由は、手首周りにある腱が固まってしまったことにあります。では、そもそもなぜ腱は固まってしまうのでしょうか?

この答えは、簡単に言うと使い過ぎです。特に手を使った覚えがない場合でも、疲労がたまって抜けきっていないと固まります。分かりやすくいうと、ひどい肩コリのような状態。

腱は筋肉とつながっています。そのため、手や腕を使って疲労がたまると、その腱や筋肉も肩こりのような状態になるということなのです。

4 手首が引っかかる時に湿布は有効か?

湿布

腱鞘炎で手首が引っかかる。そんな時に、引っかかる部分に湿布を貼るのはどうかと思う方もいるでしょう。ただ、湿布は引っかかりの対策にはなりません。

なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。つまり、炎症による痛みには有効。ですが、固まって引っかかりの腱に対しては、効果は期待できないということ。

引っかかりに伴い、手首がズキズキと痛む。そんな場合は、湿布を貼ることも良いでしょう。ですが、引っかかりの対策にはならないということですね。

5 引っかかりの対策としてまずできること

注意点

腱鞘炎で手首が引っかかる。そんな場合にまずできることは、必要以上に手を使わないようにするということです。

全く使うなということではなく、必要な範囲で使うということ。引っかかりは、腕の筋肉や腱が疲労して肩こりのように固まってしまった結果。そのため、まずは今以上に疲労をためないこと。

手なので、使わないわけには行かないと思います。ですから、できるだけ控えることがまず大切なのです。

6 手首が引っかかる場合の具体的な対策

腕のストレッチ

腱鞘炎で手首が引っかかる場合、まず簡単にできることとしては腕のストレッチがあります。

固まって引っかかりの原因になっている腱は、腕の筋肉とつながっています。ですから、まずは腕の筋肉の疲労を取る目的で伸ばしてみてください。

これだけで引っかかりがなくなるわけではありません。ですが、1つの対策にはなります。手の甲側、手のひら側の両方を伸ばしてみてください。

7 固まった腱や筋肉への施術

腱鞘炎

腱鞘炎で手首が引っかかる。その原因が、固まった腱や筋肉にある。そんな場合には、腱や筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みや引っかかりの原因になっている腱・筋肉へ直接刺激を与えることができる施術方法です。そのため、腱鞘炎による引っかかりも、腱・筋肉が原因なら施術ができます。

手首を動かすと引っかかるとか、詰まる感じがする。そして、動かした時に痛みもある。そういう状態なら、トリガーポイント鍼療法での施術が可能です。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

8 腱鞘炎で手首が引っかかる方へ

腱鞘炎になり、手首を動かすと引っかかる感じや詰まるような感じがする。こういう感覚が続くと、心配になってしまいますよね。

さらに痛みがあると、困ってしまうかとも思います。

こういう引っかかりですが、今回解説したように湿布では効果は期待できません。薬や注射でも同じこと。なぜなら、固まった腱や筋肉が原因だからです。

湿布などが良いとか悪いではなく、そもそも腱や筋肉をゆるめる作用がないため仕方がありません。

ですから、腱や筋肉そのものへの対策が必要ということ。そのためには、まず必要以上に使わないようにする。そして、腱や筋肉をゆるめるためのストレッチなどが良いわけですね。

ストレッチだけでは正直なところ不十分です。そのために、専門的な施術もあるということを知ってもらえればと思います。

腱鞘炎で手首の引っかかりや痛みでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎で手首が引っかかるのは、手首周りの腱が固まってしまった結果スムーズに動いていないから
  • 引っかかる腱は、腕の筋肉とつながっている。そして、腕を使い過ぎて疲労がたまると、引っかかりの原因になってしまうことがある
  • 腱鞘炎によって手首が引っかかる状態に対して、湿布を貼っても効果は期待できない。湿布は消炎鎮痛剤なので、炎症が原因の痛みには有効だが、固まった腱をゆるめる作用はない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加