腱鞘炎で痛み止めが効かない!ロキソニンを飲んでも痛む理由と対処法

痛み止めの薬
Pocket

腱鞘炎で痛み止めを飲んでいるけど効かない。

手を動かしたり、荷物を持ったりすると、手首にズキンと痛みがはしる。そのため、日常のちょっとした動作でいつも困る。

病院で腱鞘炎と言われ、処方されたロキソニンを飲んでいる。でも、どうも効果を感じられない。このままずっと痛みが続くのかと思うと不安。

痛み止めのロキソニンを飲んでもずっと痛むなら、他にどういう方法があるのかとも気になってしまう。ただ、できれば、手術はしたくない。

こういう方多いですよね。腱鞘炎で痛む時に、痛み止めとしてロキソニンを飲んでも効かないことはあります。その理由はとても簡単なこと。

そして、痛み止めを飲んでもダメな場合、手術をしなければいけないのかというと、そうではありません。他にも方法はあります。

では、腱鞘炎で痛み止めが効かない理由は何か?そして、その場合には他にどういう対策があるのかについて解説をしています。

腱鞘炎で痛み止めが効かなかった方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎に痛み止めが効かない時の理由

黒板

腱鞘炎で痛み止めを飲んでも効かない。その場合の理由は、痛みの原因に対して薬の作用が合っていないからです。

痛みといっても、その発生源はいろいろ。そして、痛み止めも種類があり、作用も異なります。腱鞘炎の痛みの発生源は、腱・筋肉と炎症のことが多いです。そして、ロキソニンは炎症に対しての薬。

ですから、腱鞘炎の痛みの原因が炎症ならロキソニンが効くでしょう。しかし、腱や筋肉に原因があるなら、炎症に対しての痛み止めは効かないということなのです。

2 炎症が原因の痛みとロキソニンについて

腱鞘炎による手首の痛み

痛みの原因の1つに炎症があります。簡単に言うと、体の中で熱が出ていることによる痛み。

そういった炎症が原因の痛みには、消炎鎮痛剤としての痛み止めが良いとされます。熱があって痛みが出ている。だから、その熱を下げるための薬が良いということ。

手を使わず、安静にしているのにズキズキうずくように痛む。こんな場合は、炎症が原因のことが多いです。そして、こういう場合には、ロキソニン(消炎鎮痛剤)が処方されることが多いですね。

3 実はとても多い腱や筋肉が原因の痛み

腱鞘炎

赤い印の部分にある腱や筋肉が原因になりやすい

腱鞘炎の痛みの原因として多いのが、腱や筋肉が固まってしまったことによる痛みです。そういった、腱や筋肉が固まったことによる痛みは、筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。

腱や筋肉が疲労するとだんだん柔軟性を失います。簡単に言うと、腕の腱や筋肉が肩こりのような状態になっているということ。その状態で手を使うと痛みが出るわけですね。

荷物を持つとか、手に力を入れた時に手首が痛む。そんな場合は、先ほど解説した炎症ではなく、固まった腱や筋肉が原因と考えられます。

4 腱鞘炎の痛みの原因で多いのはこういう状態

注意点

腱鞘炎の痛みの原因で多いのは、実は炎症と固まった腱や筋肉の2つが同時に出ているパターンです。

痛みとしては同じように感じます。そのため、痛み止めで炎症の痛みが治まっても、腱や筋肉が原因の痛みが残っていると、薬は効かないとなってしまうのです。

痛み止めを飲んで多少は痛みが減った。でも、手を使うとやっぱり痛い。こういう場合は、炎症による痛みは治まったけれど、腱や筋肉が原因の痛みがまだ残っているということですね。

5 こんな状態なら腱や筋肉が原因の痛み

フィンケルシュタインテスト

腱鞘炎の痛みの原因が、固まった腱や筋肉にあるのはどういう状態の時か?いくつか具体的な例を挙げますのでご参考ください。

  • カバンなどの荷物を持つ時に手首が痛む
  • 親指を握った状態で手首を曲げると痛む
  • 手首を動かすと痛む
  • 親指をいろいろな方向に動かすと手首が痛む
  • 親指を大きく開くと手首が痛む
  • 朝起きた時が特に手首が痛む
  • テニスをする時に手首が痛む

他にも考えられますが、こういった動作に伴って痛みが出る場合は腱や筋肉に原因があると考えられます。

6 腱や筋肉が原因の痛みは固定するのが良い?

腱鞘炎のサポーター

腱鞘炎の原因が、固まった腱や筋肉にある。その場合、サポーターや装具で固定するという方法があります。

ただ、固定に関しては一概に良いとは言えません。なぜなら、固定することで手を使わないから痛まないだけだからです。つまり、サポーターや装具を外して動かすとまた痛むということ。

さらに、固まった腱や筋肉を固定するわけですから、もっと固まってしまうことも考えられます。ですから、一度固定してみて、楽になるならしばらく固定。そうでなければ、固定はおすすめしません。

7 固まった腱や筋肉への対策は?

腱鞘炎

固まった腱や筋肉が原因で手首が痛む。こういう場合に必要なことは、その固まった部分がゆるむことです。そのための方法の1つが、腱や筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。

従来の鍼の施術とは異なり、ツボではなく痛みの原因になっている腱や筋肉に対して施術をします。鍼なので、細い腱や、奥にある筋肉でも施術が可能です。

動かしたり力を入れた時に手首が痛む。そんな場合は、腱や筋肉に痛みの発生源がある筋膜性疼痛症候群。ですから、鍼で施術ができる状態ということですね。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

8 腱鞘炎でロキソニンなどの痛み止めが効かなかった方へ

腱鞘炎で、ロキソニンなどの痛み止めを飲んでも一向に効かない。こうなると、どうしたら良いのかな?と心配になりますよね。

手なので使わないわけにはいかない。でも無理して使うとまた痛む。こういう場合は、薬がダメなのではなく、痛みの原因が炎症以外にあることがほとんどです。

今回解説してきたように、腱や筋肉が固まった場合でも強い痛みが出ます。そんな状態にはロキソニンなどの痛み止めが効かないのです。

なぜなら、痛み止めには筋肉をゆるめる作用がないからです。だから、痛み止めを飲んでも効かない場合があるのです。

そんな場合でも、薬が効かないから手術と考えるのは早いです。その前に、まずは腱や筋肉への対策を考えてみて欲しいのです。

固まった腱や筋肉が原因でも痛みは出ます。そして、その場合の対策もちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

腱鞘炎で痛み止めを飲んでも痛みが治まらない方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎の痛みに対して、ロキソニンなどの痛み止めが効かない理由は、痛みの原因が炎症ではなく固まった腱や筋肉にあるから
  • 炎症が原因なら、痛み止めが有効なこともある。しかし、固まった腱や筋肉が原因の場合、薬にはそれらをゆるめる作用がないから効果がないことが多い
  • 荷物を持つ、指や手首を動かす。こういった動作に伴って痛むのは、炎症ではなく腱や筋肉に原因がある状態

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加