母指CM関節症って何?原因や症状対策のための3ポイント

女性の手のひら
Pocket

母指CM関節症という病気があります。

聞き慣れない名前かと思いますが、簡単に言うと親指の付け根が痛くなる症状のことです。

ビンの蓋やペットボトルの蓋が開けられなくなったり、物をつまむという動作が行いづらくなります。

この母指CM関節症の原因は何なのか?そして症状に対しての対策やセルフケアはどうすれば良いのか?

これらについてまとめています。

1 母指CM関節症の原因は何?

まずは原因から説明します。

母指CM関節症の原因は大きく分けると2つです。

  • 関節そのものが原因
  • 関節周囲の筋肉が原因

母指CM関節というのは親指の付け根の関節のことです。写真をご覧ください。

母指CM関節

写真の母指球に赤い丸印を付けています。この辺りが母指CM関節です。

この部分の関節もしくは周囲の筋肉が原因で痛みが出たり動かしづらいという状態になります。

先ほど挙げた原因についてそれぞれ詳しく説明していきます。

1-1 母指CM関節症で関節そのものが原因の場合

先ほど母指CM関節の位置を紹介しました。

この関節自体が痛みや親指を動かしづらい、開きにくいという症状の原因になる場合があります。

これは、手や親指を使い過ぎた結果、母指CM関節が酷使され軟骨がすり減ってしまったためと考えられています。

また、使いすぎだけではなく加齢に伴う変形性関節症や外傷に伴う骨折、亜脱臼といったことも原因になります。

関節が原因の場合をまとめておきます。

  • 親指の使い過ぎ
  • 関節が酷使されたことにより軟骨がすり減った
  • 外傷に伴う骨折
  • 亜脱臼
  • 加齢に伴う変形性関節症

1-2 母指CM関節症で関節周囲の筋肉が原因の場合

続いてもう1つの原因です。

指というのはいろいろな方向に動かすことが出来ますし、こまかな動きも可能ですね。

これは、たくさんの筋肉があるおかげで可能になっています。

その筋肉が使い過ぎた結果硬くなってしまい、痛みの原因やつまむ動作がしにくいとか親指を開きにくいという状態の原因になります。

レントゲンで変形が見られる場合でも、変形よりも筋肉が問題の場合も多々あります。

筋肉が原因の場合をまとめておきます。

  • 手や指の使い過ぎで筋肉が硬くなってしまった
  • 硬くなった筋肉が原因で痛みが出ている
  • 硬くなった筋肉が原因で動かしづらかったり、可動範囲の制限のもとになっている

親指の付け根が痛む方はこちらもご参考下さい。

親指の付け根が痛い!原因や痛みの対策3ポイント

2 母指CM関節症で見られる症状

先ほどから少し触れていますが、母指CM関節症でよく見られる症状を挙げてみます。

2-1 痛み

親指を動かすとか、瓶の蓋やペットボトルの蓋を開けるといった動作をする時に痛みが出ます。

2-2 動作の制限

細かい物をつまむ、親指を開くといった動作が困難になります。

2-3 腫れ

親指の母指球が腫れる状態です。

2-4 変形

関節の変形に伴い、変形する場合があります(スワンネック変形)。

3 母指CM関節症はどんな対策があるの?

ここからは、母指CM関節症の対策についてお伝えしていきます。

3-1 病院で行われる医療

病院で行われる医療としては、固定療法や投薬、注射などがあります。

症状の程度がひどい場合は手術が行われることもあります。

3-2 鍼灸施術

母指CM関節症の原因として、関節が原因の場合と筋肉が原因の場合があるということはすでにお伝えしました。

当院で母指CM関節症に対して施術を行うのは筋肉が原因の場合です。

筋肉が原因の母指CM関節症に対しては、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

実際の施術部位を写真で紹介します。

母指CM関節症の施術部位

写真の腕と母指球の部分に赤い丸を付けています。

主にトリガーポイント鍼療法で施術をする部分はここになります。

親指を動かす筋肉は腕と母指球の部分にあるので、施術対象の筋肉もこの部分になるということですね。

これら以外にも原因になっている部分がある場合は当然施術の対象になります。

4 最後に

母指CM関節症で変形がひどい場合や関節の状態がかなり悪く手術が必要な状態もあります。

ですが、すべての母指CM関節症が手術をしなければいけないわけではありません。

関節が原因と思われていても、実は関節より筋肉が大きく症状に影響している場合もあります。ですから、そういった場合に必要なことは固定や投薬、注射、手術ではなく単純に筋肉に対しての施術ということが言えます。

何でもかんでも関節が原因ということはありません。

関節が原因なのか、筋肉が原因なのかを見極めて必要な施術等を受けることが楽になるための近道ですね。

まとめ

  • 母指CM関節症の原因には、関節そのものが原因の場合と筋肉が原因の場合がある
  • 母指CM関節症になると、親指の付け根の痛み、変形、亜脱臼、動作制限、腫れなどの症状が見られるようになる
  • 母指CM関節症は、関節が原因の場合は固定や注射、手術などがあるが、筋肉が原因の場合はトリガーポイント鍼療法という選択肢もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加