手首の小指側の痛みはなぜ起きる?TFCC損傷とその原因について

手首の小指側の痛みは腱鞘炎?TFCC損傷による痛み解消法
Pocket

手首の小指側が痛む場合、腱鞘炎かな?と思う方は多いのではないでしょうか。

ドアノブを回す時、ハンドルを切る時、ゴルフで構える時などに手首の小指側が痛む。これは、腱鞘炎ではなくTFCC損傷という症状です。

では、このTFCC損傷という症状の原因は何か?そして対策はどうすれば良いのかについてまとめました。

1 TFCC損傷って何?

まずは、このTFCC損傷という症状について簡単に説明していきます。

そもそもTFCC損傷とは何か?というと、三角線維軟骨複合体損傷のことです。と言っても、専門用語なのでよく分かりませんよね。

すごく簡単に言うと、手首の小指側にある靭帯や軟骨が傷ついている状態のことです。

tfcc写真をご覧ください。

手首にバツ印をつけています。

この辺りが痛みの出やすい部分です。そして、この部分に複数の靭帯や軟骨がありそれらが損傷しているため手首を動かすと痛むという状態になっています。

2 TFCC損傷の原因と手首の小指側に痛みが出る理由は?

続いてなぜTFCC損傷になるのかという原因についてお伝えしていきます。

2-1 TFCC損傷になる原因は複数ある

TFCC損傷は、簡単にいうと手首の小指側になる靭帯や軟骨が損傷した状態ですが、なぜ損傷するのか?というと理由はいくつか考えられます。その中で主なものは次の3つです。

  • 怪我
  • 使い過ぎ
  • 加齢

怪我は例えば転倒して手首を着いた場合などですね。使い過ぎに関しては、簡単な例を挙げるとスポーツです。

テニスやゴルフといった手を使うスポーツを長年継続しているような場合、軽い負荷がずっと手首にかかり続けることになります。

その結果、靭帯や軟骨が損傷し結果として手首の小指側に痛みが出るという状態ですね。

加齢に関しては、年齢に伴い軟骨が変性してしまったためと考えられます。

2-2 実はもう1つある手首の小指側が痛くなる原因

手首の小指側が痛くなる原因であるTFCC損傷になぜなるのか?についてお伝えしてきました。

先ほど挙げた原因意外に実はもう1つ原因があります。

それは、腕の筋肉です。

写真をご覧ください。

手首の小指側の痛みの原因になる筋肉

腕に赤い楕円形で印を付けています。

この部分には肘から手首にかけて走行する筋肉があります。この筋肉は、手首を小指側に倒す時に働きます。

日常の動作では、ドアノブを回す、テニスでボールを打つ、ハンドルを回すといった時に作用する筋肉です。この筋肉が硬くなってしまうとTFCC損傷のような痛みが出ます。

3 手首の小指側が痛む場合の対処法

ここからは、手首の小指側が痛む場合の対処法についてお伝えしていきます。

手首の痛みを改善するための方法はいろいろあります。症状自体が長く続いており、何をやってもダメな場合やかなりひどい場合は手術も考えられますが、多くの場合は保存療法やその他の方法で対応できます。

3-1 保存療法

基本的には保存療法から始めます。

痛みの程度がかなり強い場合は装具やサポーターによる固定が必要な場合もあります。

3-2 湿布

夜間などにズキズキとうずくようなら湿布を貼るのも有効です。かぶれに注意しながら、やや広い範囲で貼るのがおすすめです。

3-3 腕の筋肉が原因の場合にはトリガーポイント鍼療法

先ほど、腕の筋肉が原因でもTFCC損傷のように手首の小指側が痛むことがあるということをお伝えしました。

では、筋肉が原因の場合はどうすれば良いか?というと、硬くなった筋肉が手首の痛みの原因になっているわけですから方法の1つとしてトリガーポイント鍼療法があります。

筋肉に対して鍼の施術をする療法で、硬くなり痛みの原因になっている筋肉を直接施術します。

実際に施術する部分は、先ほど紹介した写真の腕から手首にかけてということになります。

4 TFCC損傷で手首の小指側が痛む場合に注意したいこと

TFCC損傷で手首の小指側が痛む場合に、気を付けて欲しいことをいくつか挙げておきます。

  • 無理に使い過ぎないように安静を心掛ける
  • 痛みが出るような動作は控える
  • 痛みを放置しない

TFCC損傷の原因として、手の使い過ぎということがあります。

軽い負担でも長期間かかり続けてしまうと痛みになってしまいます。ですから、痛みが出るようになってしまったら無理をせず、可能な範囲で安静を心掛けてください。

また、痛みが出るような手首の動作は控えましょう。

痛みの初期は軽い痛みなので「そのうち治まるだろう」と思いがちです。

ですが、早めの治療がやはり良いですよね。ですから、数日から1週間も痛みが続くようなまずは病院を受診しましょう。

まとめ

  • TFCC損傷とは、手首の小指側にある靭帯や軟骨が損傷した状態のことを言う
  • 原因は、怪我、使い過ぎ、加齢、そして筋肉の場合などがある
  • 筋肉が原因で痛みが出ている場合はトリガーポイント鍼療法という施術もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加