ばね指は動かした方がいい?迷う場合に知って欲しい8つのポイント

考える
Pocket

ばね指は動かした方がいいのか?

指を動かすとカクンと引っかかったり、曲げると痛む。そういうばね指になってしまった場合、指を動かした方がいいのでしょうか?それとも安静が良いのでしょうか?

この答えははっきりしています。そして、その理由やばね指の対策もちゃんとあります。

では、ばね指になった場合は、動かした方が良いのでしょうか?それとも動かさずに安静にした方が良いのでしょうか?そして、どういった対策が必要なのか?

これらについて解説をしています。

ばね指で動かして良いのかどうかで迷っている方は続きをどうぞ。

1 ばね指は動かした方が良いのか?

手のひら

ばね指になり、指を動かすと引っかかったり痛みがある。この場合、その指を動かすことは可能な限り控えてください。無理に動かして良くなることはありません。

ばね指による引っかかりや痛みの原因は、腱、筋肉、靱帯にあります。簡単に言うと、それらが固まったことが原因。ですから、その状態でさらに動かすと、引っかかりや痛みが増してしまいます。

切り傷がある部分を無理に動かすことはしないと思います。ばね指もこれと同じ。引っかかる部分を無理に動かすのは、自分で傷口を広げているのと同じことなのです。

2 動かし過ぎて痛みが増した時はどうすればいい?

ばね指

ばね指になり、引っかかりや痛みのある指を動かし過ぎてしまい悪化した。この場合に、まず必要なことは安静です。過剰に動かすことを止めること。

動かし過ぎた結果、引っかかりがさらに強くなったり痛みが増してしまった。これは、傷口が広がったのと同じこと。ですからまず安静。そして、腫れがあるようなら整形外科へ。

炎症が起きて腫れていることも考えられます。無理に動かし過ぎて症状が悪化した場合は、安静と病院を受診するのが良いですね。

3 ばね指の原因になりやすい部分

ばね指の引っかかりや、痛みの原因になるのは腱や筋肉、靱帯です。では、主にどの辺りが原因になりやすいのかを解説します。

ばね指の原因

写真に赤い印と、バツ印を付けています。腕の赤い印の部分には、指を動かす筋肉や腱があります。その筋肉が固まってしまうと、ばね指の症状が出ることがあります。

もう1枚写真をご覧ください。

ばね指の手のひらの施術部位

手のひらに赤い印を付けています。ここには、指を動かす小さな筋肉があります。この筋肉も、引っかかりや痛みの原因になりやすいです。

最後にもう1枚写真をご覧ください。

ばね指の原因になる靱帯

指の付け根に赤い印を付けています。この部分には、小さな靱帯があります。この靱帯が固まってしまうと、指の引っかかりの原因になりやすいです。

4 ばね指になったらまず必要なこと

ばね指になり、指を動かしづらい、引っかかる、痛みがある。そんな場合、まず必要なことはできる範囲で良いので指を使わないようにすること。

手ですから、使わずに生活するのは確かに困難。ですが、使い過ぎると症状が悪化することも十分考えられます。ですから、必要な範囲でのみ使う。

それ以外は無理に動かそうとしないでください。また、痛みや引っかかりの出るようなことは控えることが大切です。

5 ばね指で注射をしても引っかかるのはなぜ?

痛み止めの注射

ばね指になり、引っかかりや痛みがある。その状態に対して、注射を打ってもらったけれど変わらないという方はいると思います。なぜそうなるかと言うと、注射は消炎鎮痛剤だからです。

ステロイドを使うことで炎症を抑えるのが注射の目的。ですが、ばね指の原因は炎症だけではありません。特に引っかかりの原因は、炎症ではなく腱、筋肉、靱帯にあります。

ですから、注射をして引っかかりや痛みが変わらないのは、注射が悪いのではありません。そもそもの原因が違うということですね。

5 ばね指で湿布を貼っても痛むのはなぜ?

湿布

ばね指で引っかかりや痛みがある時に、湿布を貼っても症状が治まらない。その理由は、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。

痛みの原因が炎症による場合なら、湿布を貼ることは有効。ですが、炎症による痛みでなければ湿布の効果はないでしょう。また、引っかかりの原因は炎症ではありません。

ですから、湿布を貼っても引っかかりが治まらないのは当然と言えば当然なのです。安静時にもズキズキとうずく。そんな場合は、炎症の可能性がありますから湿布を貼るのが良いですね。

6 ばね指の対策

手術

ばね指の対策として、症状がかなりひどい場合は手術という方法もあります。できれば手術はしたくないというのが、多くの方にとって本音だと思います。

ですから、あくまでも1つの対策として覚えておいてください。ただ、手術をすれば完璧ということではありません。

かなり重度の場合は、手術をした方が早い場合もあるということですね。

7 ばね指に対してはこういう方法もある

腱鞘炎

ばね指で動かすと引っかかりや痛みがある。その場合で、原因が腱、筋肉、靱帯にあるなら、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みなどの原因になっている腱や筋肉などへ鍼の施術をする方法です。ばね指でも、動かすと引っかかりや痛みがある場合、原因の多くは腱や筋肉にあります。

ですから、引っかかりや痛みがある場合は、無理に動かすのではなく、まずはこういう対策もあるということですね。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

8 ばね指で動かした方が良いかどうか迷う方へ

ばね指になった場合に、動かした方が良いのかどうか?そして、実際の対策について解説をしてきました。

大切なことは、とにかく必要以上に無理をして動かさないこと。手なので、使わなければいけないことは多いのは当然です。

しかし、引っかかりや痛みを我慢しながらでも、動かせば良くなるということではありません。ですから、まずは安静。動かし過ぎてしまった場合も同様。

無理のない範囲でのみ手を使う。そして、引っかかりや痛みに対しては、原因に応じた対策をするということ。

動かして良いか迷う方には、こういうことを知っていただければと思います。

ばね指の引っかかりや痛みでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • ばね指になり引っかかりや痛みがある時は、必要以上に動かさないことが大切
  • ばね指で無理に動かすと、症状が悪化してしまうことがある。なぜなら、原因が固まった腱や筋肉にあるため、それらに負荷がかかるから
  • ばね指の対策としては、炎症が原因なら注射や湿布、腱や筋肉が原因なら手術や鍼による施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加