腱鞘炎で手首が痛む時は動かした方がいい?その疑問にお答えします

疑問
Pocket

腱鞘炎で手首が痛む。こういう時は、動かした方がいいのか?それとも動かさない方がいいのか?

どちらが良いかで迷ったことはありませんか?

腱鞘炎で手首が痛む場合に、普段どおり手を使って動かすことはいいのか?ダメなのか?この疑問に対する答えはちゃんとあります。

そして、手首の痛みに対しては、どうすれば良いのかという対策もあります。

腱鞘炎で手首が痛む時は動かしてもいいのかどうか?そして、手首の痛みはどうすれば良いのか?などについて解説をしています。

腱鞘炎で動かして良いかどうか迷っている方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎で手首が痛む時は動かした方がいいのか?

黒板

腱鞘炎で手首が痛む場合、手を動かした方が良いのかどうか?この疑問に対する答えは、腱鞘炎の痛みの程度によるということになります。

痛みが強い時は、できるだけ安静に。また、痛みが弱い時でも、動かして痛みが増すなら必要以上に動かすのは良くないです。動かしても痛みがあまり出ない。そんな状態なら動かしてもいいです。

動かして痛むということは、傷口にたとえると、まだ良くなっていないということ。動かしてみて痛みが出るかどうかで判断するのが良いですね。

2 動かした方が楽になる時は?

考える女性

腱鞘炎で手首が痛い。そんな時に、手を使って動かしていると痛みが軽くなるということがあります。そのため、動かした方が良くなるのでは?と思ってしまいがち。

こういう場合でも、積極的に動かしすぎない方がいいですね。なぜかと言うと、動かして楽になるのは、一時的なことだからです。

腱鞘炎の痛みは、固まった腱や筋肉が原因のことが多いです。そして、手を動かしていると、その固まった状態が一時的にゆるみます。だから少し楽になるのです。

だからと言って、治すために動かせばいいということではありません。痛みがある間は、ある程度制限しながら手を使うのが良いですね。

3 腱鞘炎の痛みの原因について知って欲しいこと

腱鞘炎による手首の痛み

腱鞘炎の痛みの原因について、知って欲しいことがあります。腱鞘炎で手首が痛む時、考えられる原因は炎症と固まった腱や筋肉の2つ。

多くの場合、2つの原因が同時に起きています。ですが、割合としては固まった腱や筋肉の方が大きいです。そして、腱や筋肉が原因の痛みは、動かす時に出たり増したりするという特徴があります。

そのため、動かしたら楽になるのは、一時的にそれらがゆるんだからです。根本的に解決できたわけではありません。この点を覚えていただければと思います。

4 動かさない方がいいなら固定が良いのか?

腱鞘炎のサポーター

腱鞘炎の痛みは、固まった腱や筋肉にあることが多いです。だから、痛みがある時はあまり動かさない方がいいのです。

ということは、サポーターや装具で固定するという方法が良いのかなと思う方もいるでしょう。ただ、固定に関しては、一度試してみてから判断するのが良いですね。

固まった腱や筋肉を、固定して動かないようにするわけです。そのため、さらに固まってしまうかもしれません。ですから、装具などで楽なら固定。変わらないなら固定しないのが良いですよ。

5 腱や筋肉が原因の痛みに痛み止めは効かない

痛み止めの薬

手を動かすと腱鞘炎の痛みが出る場合、痛み止めを飲んでも効かないことが多いです。なぜなら、処方される痛み止めの多くは、炎症が原因の痛みに対しての薬だから。

先ほども触れましたが、腱鞘炎の原因の1つに炎症があります。簡単に言うと、熱を持っていることによる痛み。そういう痛みなら、痛み止めが有効。

ですが、固まった腱や筋肉が原因の痛みには、残念ながら効果は期待できません。これは、薬がダメということではなく、腱や筋肉をゆるめる作用がないからなのです。

腱鞘炎で痛み止めが効かない!ロキソニンを飲んでも痛む理由と対処法

6 痛みがある時は、動かしながら同時にケアをする

固まった腱や筋肉が原因の痛みには、痛み止めの効果は期待できない。そして、動かして楽になるからといって、積極的に動かすのは良くない。

ならばどうすればいいのかというと、必要な範囲で動かしながら、同時に腱や筋肉へのケアをしていくのが良いですね。

手ですから、使わずに生活するのは難しいです。だからと言って、積極的に使うと痛みが増すこともある。そのため、必要な時だけ使って、同時に腱や筋肉をゆるめることをしていくのが良いのです。

7 固まった腱や筋肉に対しての対策

腱鞘炎

腱鞘炎の痛みの原因が、固まってしまった腱や筋肉にある。そんな場合は、それらがゆるむ必要があります。そのための方法の1つが、トリガーポイント鍼療法という施術。

トリガーポイントというのは、腱や筋肉にできた痛みの発生源。そのトリガーポイントを鍼で刺激するのが、トリガーポイント鍼療法です。

動かすと痛むという場合は、手首や腕の腱や筋肉が縮んで固まっているためです。その部分に対して施術をしていく方法なのです。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

8 腱鞘炎で動かした方がいいのかどうか迷っている方へ

腱鞘炎で手首が痛む場合、動かした方がいいのかどうかは迷うと思います。実際に、動かすことで痛みが軽くなる場合、動かしたら治ると思ってしまうかもしれません。

ですが、今回解説したように、これはその時の状態によります。痛みを我慢してまで動かすのは当然マイナス。そして、動かして楽になる場合でも、それは一時的なこと。

だからこそ、難しいとは思いますが、必要な範囲で動かすのが良いということです。そして、同時にケアも進めていく。

動かして痛む場合は、薬も効かないことが多いです。そして、その場合は注射が効かないことも同様です。だからといって、手術をする必要もないのです。

高度な治療に進んでしまう前に、まずは腱や筋肉をゆるめるという対策があることを知って欲しいのです。

アナログかもしれませんが、腱や筋肉が固まったことによる痛みへの対策は間違いではないのですから。

腱鞘炎で動かすと手首が痛むという方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎で痛む時、動かした方がいいかどうかは、その時の痛みの程度によって判断する
  • 動かして痛むのは、固まった腱や筋肉が原因。この場合、動かすことで楽になる場合もあるが一時的なことなので注意が必要
  • 腱鞘炎で痛みがある場合、手なので使わないわけにはいかない。だからこそ、必要な範囲で動かし、同時にケアを進めていくのが現実的

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加