背伸びをするとアキレス腱が痛い!そんな痛みの原因は何?

Pocket

背伸びをするとアキレス腱が痛い。

こういう症状困りますよね。アキレス腱や踵、そしてふくらはぎにも突っ張るような痛みが出る。こういったアキレス腱やその周囲が痛い場合の原因はちゃんとあります。

では、その原因は何か?そしてどうすれば背伸びをしてもアキレス腱が気にならなくなるのか?これらについてまとめました。

1 アキレス腱が背伸びをする時に痛む原因

アキレス腱や踵、その他周囲が背伸びをした時に痛む原因は、アキレス腱そのものやふくらはぎの筋肉が固まってしまっていることにあります。

普段からよく歩くとか、スポーツをしているなどの理由でアキレス腱に負担がかかっているとだんだん疲労が溜まり固まってしまいます。

その結果、固まった背伸びをする際にアキレス腱に力が入るわけですから当然痛みがはしるという状態。

これが、アキレス腱が背伸びをした時に痛む原因ですね。

2 固まってしまったアキレス腱の痛みの施術

固まってしまい背伸びをする際の痛みの原因になっているアキレス腱にはトリガーポイント鍼療法という施術があります。

硬くなり痛みの原因になっている筋肉やアキレス腱などに対して直接施術をする鍼の療法です。

ですから、背伸びをした際にアキレス腱が痛いという場合でも施術できます。

3 アキレス腱が痛む場合のトリガーポイント鍼療法

では、アキレス腱が痛む場合実際にどういった部分に対して施術をするのか写真で説明します。

写真をご覧ください。

アキレス腱の痛み

アキレス腱の痛みが出やすい部分

アキレス腱の施術部位

トリガーポイント鍼療法で施術を行う部分

2枚の写真に印を付けています。

1枚目はバツ印、2枚目は丸印。

1枚目はアキレス腱の痛みが出やすい部分です。そして2枚目はその症状に対してトリガーポイント鍼療法で施術をする部分です。

アキレス腱やその周囲の筋肉も含めて施術をします。

4 アキレス腱が痛む時のセルフケア

アキレス腱が痛む場合、セルフケアとしてはアキレス腱やその周囲の筋肉を緩めることが良いですね。

例えば、アキレス腱を含めふくらはぎのストレッチやマッサージなどは簡単に取り組めるのでお勧めです。また、運動後特に痛むというような場合は、ストレッチやマッサージに加えて冷湿布を貼るのも良いですね。

ストレッチやマッサージは、強引に行うのではなく、気持ちよく感じる程度に行ってください。

5 アキレス腱が痛む際の注意点

アキレス腱が痛む場合、必要以上に動きすぎないということが大事です。

アキレス腱やその周囲の筋肉の疲労が抜けきらなかった結果固まってしまったわけですから、動けば良くなるというのは間違いです。必要な範囲は仕方がありませんが、それ以上に例えば鍛えれば良くなるというのはお勧めできません。

鍛えるのは痛みが治まった後、再発予防のために行うのなら構いません。

まずは痛みを取るために必要なことをするのが大事ですね。

まとめ

  • アキレス腱が背伸びをすると痛むのはアキレス腱やその周囲の筋肉が固まってしまったことが原因
  • アキレス腱が痛む場合は硬くなった筋肉や腱を施術するトリガーポイント鍼療法がある
  • アキレス腱の痛みに対してはアキレス腱やその周囲の筋肉を緩めるためのケアが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。