アキレス腱炎に伴う踵や足首の痛みの原因と対策

アキレス腱炎に伴う踵や足首の痛みを解消し動きやすい状態へ
Pocket

アキレス腱炎になると、アキレス腱や足首、踵に痛みが出るようになります。

この痛みですが、注射や痛み止めではなかなか治まらないことが多いです。また、湿布も悪くはないですが同じような状況になるかと思います。

では、こういったアキレス腱炎に伴う痛みの原因は何でしょうか?アキレス腱炎の原因や対策についてまとめました。

1 アキレス腱炎になると踵や足首が痛くなるのはなぜ?

アキレス腱炎になり、踵や足首などに痛みが出るのは、アキレス腱という腱が踵に付着していること、そしてアキレス腱やその周囲の筋肉なども同時に痛めているからです。

写真をご覧ください。

アキレス腱炎による踵の痛み

両足に矢印を付けています。

矢印の先がちょうどアキレス腱が付着している踵の骨辺りです。アキレス腱がここに付着しているため、アキレス腱炎になった場合に踵にも痛みが出るのです。

また、先ほども触れましたが、アキレス腱周囲の筋肉も固まっている可能性があります。そのため足首にも痛みが出るということですね。

2 アキレス腱炎に伴う踵などの痛みはどうすれば良いの?

アキレス腱炎やそれに伴う踵の痛みなどはどうすれば良いのかは気になるところかと思います。

こういった痛みですが、そもそもアキレス腱が固まってしまったことにより出ていることがほとんどです。日常生活や仕事で歩くことが多いとか、スポーツでアキレス腱を酷使してしまっているという場合、疲労が抜けないと固まってしまいます。

そのため痛みになって出てくるということですね。

では、こういった痛みの対策には、アキレス腱やその周囲の筋肉で固まっている所を緩めれば良いということになります。

3 固まってしまったことによるアキレス腱や踵の痛みにはトリガーポイント鍼療法

アキレス腱炎によるアキレス腱そのものや踵、足首の痛みは、アキレス腱やその周囲の筋肉が固まったことにあります。

ですから、固まった状態への対策としてトリガーポイント鍼療法という施術があります。

筋肉や腱を施術する鍼の方法で、固まった筋肉を直接施術することが出来ます。

4 アキレス腱炎で踵や足首が痛む場合は冷やすのが良い?

アキレス腱炎に伴い、アキレス腱、踵、足首が痛む場合は冷やすのが良いのか気になるかと思います。

これは、その都度判断が必要です。

例えば、たくさん歩いたりスポーツをした後で痛む、そしてやや腫れているような場合は冷やすのが良いですね。ですが、慢性的に痛みが続いている場合は温めるのが良いということになります。

少し難しいかもしれませんが、たくさん動いた後に腫れ、熱感がある場合は冷やす。

腫れや熱感、強烈な痛みはないが慢性的な痛みという場合は温めるのが良いですね。

5 アキレス腱炎で踵や足首が痛む時に注意して欲しいこと

アキレス腱炎で、アキレス腱、踵、足首などが痛む場合、とにかく動き過ぎには注意しましょう。

仕事などで仕方がない部分があるのは分かります。ですが、動けば動くほど痛みが出てくる可能性は高まります。

ですから、必要な範囲は仕方がありませんが、運動すれば良いとか、鍛えれば良いということではありませんので注意してくださいね。

まとめ

  • アキレス腱炎に伴い踵や足首が痛むのはアキレス腱やその周囲の筋肉が固まっているから
  • 踵の痛みはアキレス腱が踵の骨に付着しているためアキレス腱炎に伴って出る
  • アキレス腱炎による踵や足首の痛みにはトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。